美ら海・沖縄に基地はいらない!

jucon.exblog.jp ブログトップ

名護市 稲嶺進市長より、メッセージが届きました。

JUCO(日米市民)ネットワーク「美ら海・沖縄に基地はいらない!キャンペーン」市長メッセージ

こんにちは。名護市長の稲嶺進です。
普天間基地の閉鎖・撤去、沖縄県内における代替基地建設の阻止を目的に結成されましたJUCOネットワークの皆様に沖縄からメッセージを送ります。
私は去った1月の市長選挙で、「辺野古・大浦湾の美しい海に新たな基地は造らせない」という公約で選挙に臨み、当選することができました。これは、市民投票以来13年間の思いが今回の市長選挙で、民意としてひとつにまとまり、明確な判断が示されたものであると理解しております。
平成16年8月13日の沖縄国際大学米軍ヘリ墜落事故のようなことが二度と起こらないよう、米軍普天間飛行場の危険性は早急に取り除かなくてはなりません。しかしながら、移設問題という重たい課題を、これ以上名護市民が抱えていくことは、「名護のまちづくり」に大きく暗い影を落とすことになります。米軍普天間飛行場移設問題に翻弄され続ける限り、名護市民が真に幸せに生き、暮らすことのできる本来あるべきまちづくりのビジョンは決して描くことはできないものと思うのであります。「辺野古の海はもとより陸上にも新たな基地は造らせない」との信念のもと、公約実現に向け、市民とともにまい進してまいります。
日米両政府にはっきり「ノー」と意思表示していくとともに、多くの方々に沖縄の抱える過重な基地負担へのご認識、ご理解が広がりますことを願いまして、メッセージといたします。

平成22年3月
名護市長 稲 嶺  進
[PR]
by juconetwork | 2010-03-15 18:38 | お知らせ
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite