サンゴ写真の撮影者:牧志治
ヒトデ写真の撮影者:日本自然保護協会 ブログトップ

8/27(金) 沖縄に基地はいらない!日米安保もいらない!新宿ど真ん中デモのお知らせです。

8月27日(金) 新宿ど真ん中デモのお知らせを転載いたします。

★★沖縄に基地はいらない!日米安保もいらない!新宿ど真ん中デモ★★

8月27日(金)18時:街頭宣伝 19時半:デモ出発 
ともに新宿東口アルタ前広場にて
(デモコースはブログに掲載します)

18時からのアピール:
The Happening、辺野古への基地建設に反対する実行委員会、Pinprick
Punishment、「NO BASE! MORE MUSIC!! 沖縄~東京 ピース・カーニバル2010
実行委員 会」ほか続々登場予定!

主催:沖縄を踏みにじるな!緊急アクション実行委員会
ブログ:http://bit.ly/6x6N6Y
twitter:http://twitter.com/domannakademo
連絡先:no.base.okinawa@gmail.com  090-5344-8373
協力:辺野古への基地建設を許さない実行委員会

5月までは連日トップニュースだった沖縄・普天間の基地問題。
「基地はいらない」という沖縄の大きな声。

でも今は、まるで「過去の問題」扱いだ。選挙の争点にもならない。
「どうして?おかしいのでは?」 そう思った人も多かったはず。
「最低でも沖縄県外」の公約は踏みにじられた。
辺野古基地の新設が、人々の声を無視して「合意」された。
沖縄の人々の怒りはますます高まっている。

「米軍の抑止力が必要だから仕方ない」。私たちはそう思っていないだろうか。
でもどこかで気付いているはずだ。
米軍海兵隊の正体は、イラクやアフガニスタンで侵略戦争をする部隊であることを。
自衛隊と米軍は「合同演習」を強化し、中国や北朝鮮を軍事威嚇していることを。

だから、次のことをはっきりと受け止めよう。  

こうした米日の軍事連携による威嚇や侵略は、「日米安保」の名のもとに、ずっと昔から進められてきたことを。
それによって「本土」の私たちが繁栄を享受する影で、「本土」が受け入れたがらない米軍施設を、沖縄だけが一方的に押し付けられてきたことを。

いま私たちがやめさせなければいけないのは、沖縄への基地押し付けと、他国へ銃口を向けることだ。

誰でも一緒に歩こう、表現しよう。「新宿ど真ん中デモ」へ!
[PR]
by juconetwork | 2010-08-19 10:39 | お知らせ
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line