「ほっ」と。キャンペーン
サンゴ写真の撮影者:牧志治
ヒトデ写真の撮影者:日本自然保護協会 ブログトップ

今晩(9/24)8:00~ 沖縄から「オスプレイ配備 脅威の背景」という番組がネット放送で流れます。

沖縄オルタナティブメディアからのお知らせです。
今晩(9/24)8:00~ 日本政府が公言を始めたオスプレイの配備について、インターネット放送されます。
JUCON世話人・真喜志好一さんの緻密な調査に基づく報告です。

沖縄の方は是非、中継会場に足を運んで下さいね。
全国各地のみなさん、是非、UST中継をご覧下さい!!

----以下、転載します----

【ご案内】オスプレイ配備 脅威の背景

みなさま

9月1日にスタートした沖縄オルタナティブメディア(OAM)代表の西脇尚人です。
OAMのメインコンテンツである動画生中継番組「週一スタジオ配信」その4回目と
して、真喜志好一さんをゲストにお招きし、オスプレイ配備を公言し出した日米政
府の謀略を暴き出します。さらに今回は中継を公開して、フロア&ツイッター参加
者とのコミュニケーション有りの参加型とします。真喜志親方初のUST版「電脳紙
芝居」 @カフェチェロへぜひご来場さい!

「週一スタジオ配信」第4回 

タイトル:オスプレイ配備 脅威の背景
トーク:真喜志好一さん(建築家)
日時:9月24日(金)20時~21時
場所:カフェチェロ(那覇市泉崎) 地図 http://p.tl/L9Z4
*参加費無料ですがお店へワンオーダー下さい
お問い合わせ:090-1943-3984(西脇)

ざっとこんなかんじ:
《岡田克也外相は9日の参院外交防衛委員会で、米軍普天間飛行場の代替施設
での垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ配備について「可能性があり、それを念
頭にきちんと議論を行うべきだ」と述べた。外相がオスプレイ配備があり得ると直接
言及するのは初めて。》(沖縄タイムス9月9日付)

これまで頑なにシラを切りとおしてきた日本政府が、オスプレイ配備について初めて
認めた瞬間だ。いったいこれは何を意味するのか?事故多発の「未亡人製造機」が
辺野古新基地へ配備されることをいち早く指摘してきた真喜志好一さんに話を伺う。
オスプレイは「容認派」上空も飛ぶ。

トークの柱:
・普天間「移設」ではなく辺野古新基地建設が真相
・日本政府が隠すオスプレイの脅威
・オスプレイ配備は高江ヘリパッドにも

真喜志好一さん:
建築家。その綿密なデータ分析に裏打ちされた理論闘争は、沖縄の平和・環境運動の
中で特異な位置を占める。

---
沖縄オルタナティブメディア
代表:西脇尚人
URL:http://oam0.blog75.fc2.com/
E-mail:24wacky@okinawa-am.net
携帯:090-1943-3984

---(ここまで)---
[PR]
by juconetwork | 2010-09-24 12:34 | お知らせ
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line