サンゴ写真の撮影者:牧志治
ヒトデ写真の撮影者:日本自然保護協会 ブログトップ

10/9(土)@名護市 日本自然保護協会による辺野古緊急調査報告会のご案内

昨日(9/29)のニュースで、日本自然保護協会(Nacs-J)が、辺野古緊急合同調査レポートを発表されたと報道されました。

日本自然保護協会(Nacs-J)では、10/9(土)に、名護市で緊急調査の報告会を開催されます。
以下、案内を転載致しますので、是非、足をおはこびください。

辺野古緊急合同調査レポート(速報)を発表!
http://www.nacsj.or.jp/katsudo/henoko/2010/09/post-11.html
『辺野古緊急合同調査レポート(速報) ~生物多様性豊かな辺野古の海』はこちら(PDF/2.5MB)
http://www.nacsj.or.jp/katsudo/henoko/pdf/0928henoko_report.pdf

<関連ニュース>
“辺野古には多様な生き物”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100929/k10014261321000.html
沖縄・辺野古:海、やはり豊か 「生物多様性、破壊しないで」 「葉上性貝類」初調査
http://mainichi.jp/life/ecology/news/20100929ddm012040126000c.html
豊かな海壊す、辺野古新基地 日本自然保護協会が警告
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-09-29/2010092901_05_1.html

======以下・転送==========================

NACS-J 辺野古緊急調査報告会のご案内
  
国際生物多様性年の今年2010年5月28日、日米安全保障協議委
員会の共同声明で、「辺野古海域への普天間基地移設」が明文化さ
れました。日本自然保護協会(NACS-J)は、住民と環境に最大限の
配慮をするとした日本政府に「生態系への最大限の配慮は、辺野古
を埋め立てないこと」と生物多様性を尊重する社会の選択を求めま
した。

日本自然保護協会は、7月24日-25日にのべ39名のボランティア
にご協力いただき、辺野古キャンプシュワブ沖の浅瀬にて緊急調査
を実施しました。この調査により辺野古にすむ生き物たちの様子の
いったんがまた新しくわかりました。調査結果を地元のみなさまに
お伝えしたく以下の要領で報告会を行います。多くの方のご来場を
お待ちしています。なお会場にて緊急調査速報報告書を配布いたし
ます。

また本調査実施に際して多くの方々のご寄付をいただきましたことを
お礼申し上げます。

日時 :10月9日(土) 15:00-17:00(予定)
場所 :名護市 大西公民館 
   (名護市大西3丁目8-12、0980-52-4630)
参加費:無料

プログラム:
鹿谷麻夕(しかたに自然案内) 『海草(ジャングサウォッチ)結果』
鹿谷法一(しかたに自然案内) 『底生生物調査結果』
細川太郎(北限のジュゴンを見守る会「チーム・ザン」)『マンタ法調査結果報告』 
安部真理子(日本自然保護協会)『まとめ、日本自然保護協会より』

主催:日本自然保護協会 担当:安部
協力:しかたに自然案内、北限のジュゴンを見守る会「チーム・ザン」

連絡先:abe@nacsj.or.jp,03-3553-4103  
[PR]
by juconetwork | 2010-09-30 11:03 | お知らせ
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line