サンゴ写真の撮影者:牧志治
ヒトデ写真の撮影者:日本自然保護協会 ブログトップ

【高江】ヘリパッド建設強行に抗議して建設中止を求める声明

高江で連日続いている米軍ヘリパッド建設工事の強行に抗議して建設計画の中止を求める声明です。

この声明は、2/23(水)12:00~13:00 @国会、参議院会館にて行う高江ヘリパッド工事強行に関する院内集会と記者会見 で報告した後、防衛省に持参して、申し入れを行います。
_____________________________

2011年2月23日

防衛省による米軍ヘリパッド建設工事の強行に強く抗議し建設計画の中止を求める声明

JUCON (Japan and US Citizens for Okinawa Network )
Us for Okinawa
「沖縄に基地はいらない!」全国同時アクション
WORLD PEACE NOW
沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
ゆんたく高江

私たちは、防衛省沖縄防衛局による東村高江での在沖米国海兵隊のヘリパッド建設工事強行に強く抗議します。さらに私たちは、日本政府およびアメリカ政府に対し、高江での米軍ヘリパッド建設計画を、早急に中止することを強く要請します。防衛省は、建設に反対する住民・支援者を力づくで排除してはなりません。
沖縄防衛局は、東村高江において、建設中止を訴える地域住民を無視し、100人から200人の職員・作業員を動員して住民を威圧しながら、米軍ヘリパッド建設工事を強行しています。建設現場において、ダンプカーにより大量の土嚢が運び込まれ、ユンボーが稼働し、樹木が伐採され、抗議を続ける住民の頭越しに砂利の入った土嚢を投げこむなど危険な作業が続けられています。住民のなかには転倒により怪我を負う人々も出ていると伝えられています。
米軍ヘリパッドは、無障害物帯を含めて直径75メートルの巨大なもので、高江の集落を取り囲むように6か所に建設される計画です。さらに、そこで行われる米国海兵隊の軍事演習には、大型の垂直離着陸機オスプレイを使用すると伝えられています。巨大ヘリパッドの建設とオスプレイによる海兵隊の軍事演習は、耐え難い爆音と墜落の恐怖をもたらし、地域住民の生活に大きな危険と不安をもたらします。さらに、ノグチゲラ、ヤンバルクイナなど多くの固有種が生息し、生物多様性に富む「やんばるの森」の環境も大きく悪化させることになります。
 米軍ヘリパッドの建設工事が強行されている東村高江は、人口が約160人で、そのうち中学生以下が約20人の小さな集落である。住民を軍用機の爆音や墜落の危険にさらすことは、基本的人権を無視し、平和で健康な生活を保障する日本国憲法に背くことです。
日本政府は、地域住民の安全で安心な生活を保障するために、また、生物多様性の保全と持続可能な利用を重視し、環境・人権・平和を優先して、高江の米軍ヘリパッド建設を中止するべきです。

この件に関する問い合わせ先
Japan and US Citizens for Okinawa Network (JUCON)
  http://jucon.exblog.jp/
  TEL:052-459-1753, FAX:052-459-1751
Us for Okinawa
  http://us-for-okinawa.blogspot.com/
「沖縄に基地はいらない!」全国同時アクション
  http://nobase.org/
WORLD PEACE NOW
  http://www.worldpeacenow.jp/
沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
  http://www.jca.apc.org/HHK/
ゆんたく高江
  http://helipad-verybad.org/


___
[PR]
by juconetwork | 2011-02-23 11:14 | お知らせ
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line