美ら海・沖縄に基地はいらない!

jucon.exblog.jp ブログトップ

【報告】2/23(水) 高江ヘリパッド問題防衛省への申し入れ

2/23(水)は、高江ヘリパッド問題に関して、院内集会を行った後、防衛省への申し入れも行いました。
そちらについての報告も掲載します。
読んで頂けたら、うれしく思います!


2011年2月23日の高江ヘリパッド問題に関する防衛省交渉

 私たちは、東村高江の米軍ヘリパッド建設工事強行について、2月23日午後2時
30分から約70分、市ヶ谷の防衛省D棟1階の会議室において、防衛省(経理装備局
施設技術官付はじめ4名)に対し抗議と要請を行いました。参加者は、環境団
体・平和団体(WWFジャパン、日本自然保護協会、JUCON、US for OKINAWA、
ゆんたく高江、憲法を生かす会、沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)と国会議員
(山内徳信参議院議員、赤嶺政賢衆議院議員、服部良一衆議院議員)、全部で12
人です。

 私たちの主張は、次の3点です。
①住民の反対を無視し、自然を破壊するヘリパッド工事の強行に強く抗議する。
②現在行われている工事を即時中止することを要求する。
③米軍ヘリパッド建設計画自体を廃止するように要請する。
 また、3月から6月まで、ノグチゲラ、ヤンバルクイナ等繁殖期の工事を中止
することを強く求めました。
これに対する防衛省側の回答は以下のようなものでした。
①ヘリパッド工事は続けたい。
②北部訓練場の過半の返還のためで、沖縄県の負担軽減になる。
③SACO合意にもとづいている。

 交渉参加者および国会議員からは、住民の暮らしを危険にさらし自然を破壊す
るヘリパッド工事の中止要求が何度も発せられましたが、防衛省担当官の返事は
上記の内容を、言葉を換えて繰り返すのみです。
 3月-6月の工事中止についても追求しましたが、「騒音の大きい重機での工
事は差し控える」ということの繰り返しです。「重機とは何か、パワーショベル、
ブルドーザー、ダンプカーなどか」という問には「それらが重機」と答えていましたが、
「伐採用のチェーンソーは使うのか」などの追求には、「3月からの工事については、
(内容を)つめていない」と逃げ回っていました。
 国会議員からの「アセス図書で生物には配慮するとしながら、最大の被害者で
ある地域住民には何の配慮もしないのか」、「住民たちは、工事の強行ではな
く、話し合いを求めているのだ、なぜそれに答えないのか」、「15年前のSACO
合意は古びてしまったのだから見直すべき」などという強い追求には下を向くだ
けでした。
 今日の環境・平和団体、国会議員の要請について、防衛大臣や総理に伝えて欲
しいという要請にも、通常の報告を上司にあげると言うのみでした。担当官は、
自分たちで意志決定できないポストであり、交渉した私たちには徒労感が残りま
した。
 しかし、繰り返し、何度も、抗議し要求していくことが、工事中止に近づくこ
とであり、地域住民の皆さんとの連帯につながることなので、これからも集会や
要請行動を続けていきたいと考えています。

(は)



f0220068_18172854.jpg

 申し入れをした私達と、国会議員の皆さん
f0220068_181754100.jpg

 アメリカ人のローズ・ウェルシュさんが、防衛省の職員の方に話しかけています。
f0220068_18181916.jpg

 対応をしてくださった防衛省の皆さんです
f0220068_18183931.jpg


f0220068_18185531.jpg

 院内集会でもアピールした3つの声明文を手渡しました。
f0220068_18191045.jpg

 記者の質問に答えている花輪さんです
[PR]
by juconetwork | 2011-02-25 18:22 | キャンペーン案内
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite