美ら海・沖縄に基地はいらない!

jucon.exblog.jp ブログトップ

勇気をもってメア発言を公表したアメリカン大学の学生さんに送る皆さんからのメッセージ その1

メア米国国務省前日本部長の差別発言に関して、勇気ある告発をされたアメリカン大学の学生さん達に、皆さんからお送り頂いたメッセージの中で、公表をOKしていただいたものを転載します。
メッセージをお送り頂きました皆様、ありがとうございました。
彼らには、お送り頂いたメッセージは全て渡しています。

3月31日、土壇場で駆け込み成立した在日米軍への思いやり予算は、年間約1900億円×5年間。
これだけのお金があれば、どれだけ、被災地への復興支援ができるのでしょうか・・・・。

このような時だからこそ、日米が、本当の意味で「オトモダチ」であるために、私たちが大切にすべき関係とは、アメリカン大の学生さん達のような、勇気を抱いて真実に近づく姿勢なのかな、と思います。
彼らも、ワシントンから、日本のために祈ってくれています。(み)
_______________________________

真実を理解し、そこに基づいた意味ある連帯のネットワークがこのように広がることを望みます。皆様の勇気に感動し、感謝します。

弘田しずえ(カトリックシスター JPIC)
=========================

アメリカン大学の学生のみなさんと大学の皆さんに感謝します。

私は、広島市で約38年間にわたって反核・平和運動に関わっています。
沖縄祖国復帰運動にも参画してきました。
今回の、メイ日本部長の講義録を公開していただき、感謝をしています。
米国の「軍産複合体制」に関わるみなさんの本音を確認させてもらいました。
沖縄は、今もって、日本政府と米国の軍事植民地として存在していることが明らかです。
日本本土の人達も口では同情的意見を出しても、心の中では他人事にしています(沖縄への差別意識が根強く残っています)。
米国の軍事基地が沖縄・日本に存在し続けることが、アジアの緊張を高め日本を不安定にしています。
日本も米国も市民が事実を知って自らのこととして考えることが大切だと考えます。
私は、「日米安保条約」を「日米平和友好条約」に切替えることを提案して運動しています。

みなさんに感謝し様々な圧力があるかと思いますが、頑張ってください。可能な限り応援します。

2011年3月11日
広島市  横原 由紀夫(東北アジア情報センター)
=========================

メア発言を公表したあなたたちの行動は正しいです。勇気ある行動に、わたしは感動しました。その行動は、平和と日米外交の正常化に繋がると思います。ありがとうございました。
(木村厚子)
=========================

あなた方の勇気と誠実に感謝します。
真の外交を担うのはあなた方のような人々です。
   SUGIYAMA YURIKO
=========================

勇気ある行為に感謝します。そして共に心無い発言に怒りを覚えるとともに、皆さんのこれからのためにお祈りしています。
 F.K (修道女)
=========================

勇気ある行動に心より感謝いたします。
市民と市民がつながり、戦争を許す環境ををなくしていきましょう。
あなたを支援しています。
阿部幸恵(ヤ~ルーの会 / 生きさせろ!にいがた / 9とよさかピースの会)
=========================

みなさまの勇気ある行動により、アメリカの日本および沖縄に対する本音をしっかり見ることができました。
それに基づいて、アメリカ大統領への抗議文を作成しました。
当会は「普天間のお母さんの願いを私たちの願いに」という署名活動をしており、昨年10月アメリカの未臨界核実験に対する抗議文とともに、2760筆の署名をオバマオバマ大統領に送りましたが、今回もこの抗議文を添えて、2000余筆の署名を送ろうと考えています。
行動を共にしているコードピンク ジャパンの尾川さんもアメリカの関連団体にメールを送り、皆様の支援を訴えますので、どうぞ心強く思ってください。いっしょに頑張りましょう。そして沖縄を苦しめている日米政府の思惑と、無法なアメリカの世界戦略に歯止めをかけ、軍事費の重さに苦しんでいるアメリカ国民の重荷を少しでも取り除いて行きましょう。
とりあえず深い感謝の意をおつたえしたいと思います。

芳沢あきこ(基地のない平和で豊かな沖縄をめざす会 大阪 共同代表)
=========================

 私は、大学で法律を教えておりますが、このたびのみなさん方の勇気ある行動に深
く感動しました。正しいことを実現するためには勇気が必要ですが、私たちも、みな
さんの勇気ある行動に励まされて、米軍基地の撤去を求める沖縄の人びとの本当の気
持ちを実現するために努力します。
I'm law professor at a university, and much moved by your courageous act.
It is natural to say that justice needs courage as its counterpart. It is
true. We, Japanese people, won't fail to devote ourselves to realize what
really Okinawan people want to remove from their soil any US military bases.
We can do, because we are empowered by your courageous deed.

新倉 修(青山学院大学教授・弁護士・日本国際法律家協会会長(President, Japan Lawyers
International Solidarity Association)
=========================

アメリカン大学 の みなさんへ

はじめまして。 わたし の なまえ は "あやこ・しちり" です。
いま にいがた prefecture  で くらしています。
おきなわ で うまれました。
ぎのわん City の Camp Futenma から とても ちかい ところ で、 子どもの ときから 20ねん いじょう くらしました。
辺野古 と 高江 の ちかくに Original Family が いま くらしています。
みなさんの ゆうきある こうどうに こころから かんしゃしています。
わたしも おきなわのために じぶんが できることを すこしずつ ですが しています。
おきなわ で くらして いる ときから
おきなわ の もんだいは 
not just only U.S. , mainland of Japan, and Okinawa but also this world ,
だと おもっています。
みなさん の こうどう は せかい を つなげて くれました。
ほんとうに ほんとうに ありがとう!

みなさん の ますます の ごけんこう と ごかつやく を おいのりします。
”いっぺー にふぇー でーびる!” 
↑ これは おきなわ の ことばで ”ほんとうに ありがとう” です。
=========================
[PR]
by juconetwork | 2011-04-01 16:34 | お知らせ
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite