サンゴ写真の撮影者:牧志治
ヒトデ写真の撮影者:日本自然保護協会 ブログトップ

8/26@東京、8/27@大阪 由井晶子著『沖縄 アリは象に挑む』出版記念イベントのお知らせ

*******(以下、転送歓迎)*******
 由井晶子・著『沖縄 アリは象に挑む』
   出版記念イベントのご案内です。

●2011年 8月 26日(金)・・・・東京
●2011年 8月 27日(土)・・・・大阪

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【@東京】
 由井晶子・著『沖縄 アリは象に挑む』
   出版記念トーク&レセプションのご案内
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●日時・・・・2011年 8月 26日(金)午後6時~9時
●会場・・・・文京区民センター 3A
(地下鉄春日駅・後楽園駅・JR水道橋駅)
●会費・・・・4,000円

●第一部 トーク
 由井 晶子さん(著者/沖縄タイムス元編集局長・論説委員)
    ……「象に挑んだアリ」を語る。
 真喜志 好一さん(建築家)
    ……こんな本が欲しかった&沖縄の現状と今後を語る。
 辛 淑玉さん(人材育成コンサルタント)
    ……「希望の叛日本史。沖縄の人々の強さ」を語る。 

●第二部 出版記念レセプション

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 元沖縄タイムスの編集局長・論説委員を歴任された由井晶子さんが、『沖縄 
アリは象に挑む』を七つ森書館から出版されました。この本は14年半 にわたる
『労働情報』の連載から、運動に寄り添い全体を見廻し論考する立場で、沖縄・
辺野古と高江の新基地問題を中心に抽出し、整理・加筆したも のです。

 3・11東日本大震災に続く福島第一原発事故直後から、「最も貧しいところ
に、危険で最も嫌われているものを押し付ける構造は、基地も原発も同 じ」と
由井さんは描きました。そしていま、沖縄ではオスプレイ配備に対し、県議会決
議をはじめ、沖縄の民意として反対の意思表明が拡がっていま す。

 この今だからこそ、出版の意義と沖縄の展望を語るトークと共に、著者・由井
晶子さんを囲むお祝いの集いを企画しました。沖縄に思いを寄せる方々 だけで
なく、「沖縄」を全く知らない方、詳しくなりたい方、皆さん大いに集い、語り
合いましょう。

 また、この出版記念を成功させるため、賛同カンパを募集していますので、ご
協力ください。

 なお、大阪では8月27日に出版記念講演会が開催されます。
(沖縄での出版記念イベントの詳細は未定です)。

●主催・・・・協同センター・労働情報

●問い合わせ電話・・・・03-6675-9095(協同センター・労働情報)
●当日連絡先 携帯・・・・090-4955-8557(浅井)
●申し込み先・・・・ e-mail: rodojoho@med.email.ne.jp 
●申し込み先・・・・ fax 03-6675-9097
※ 準備の都合上、8月22日(月)までに出欠をお知らせ下さい。(当日参加大歓迎)
※ 『沖縄 アリは象に挑む』は、当日会場でも販売します。1,800円(消費税
サービス)



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【@大阪】
「沖縄 アリは像に挑む」出版記念講演会
「沖縄が希望であるために、わたしたちに求められていること」
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
●大阪 8月27日(土) 18時
●エルおおさか(地下鉄天満橋駅、06-6942-0001)

●由井 晶子(『沖縄 アリは象に挑む』著者・ジャーナリスト)
   「象に挑んだアリ」を語る。
●真喜志 好一(建築家/沖縄環境ネットワーク世話人)
   この出版を提案した訳&沖縄の現状と今後を語る。

●参加費 800円

●主催:戦争あかん!基地いらん!2011関西のつどい実行委員会

●連絡先 tel: 06-6364-0123(中北法律事務所)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/

★沖縄は日時など未定です。


■□■□■『沖縄 アリは象に挑む』(由井晶子・著)好評発売中■□■□■

【著者・由井晶子 プロフィール】
http://www.rodojoho.org/okinawa/oki_profile.html
【詳細な目次】
http://www.rodojoho.org/okinawa/oki_contents.html
【プロローグ】
http://www.rodojoho.org/okinawa/oki_prologue.html
【あとがき】(浅井真由美)
http://www.rodojoho.org/okinawa/oki_afterword.html
【ご注文・詳細】
http://www.rodojoho.org/okinawa/oki_order.html

【 辛淑玉さん推薦 】
 希望の叛日本史。
 沖縄の人々の強さは、国家に対して「正しい被害者」になったことだ。
 国家と共に、加害を隠蔽することを拒んだ歴史が、いま、ここに継続してある。
 そこに、日本のこの社会の希望がある。
[PR]
by juconetwork | 2011-08-11 14:17 | お知らせ
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line