サンゴ写真の撮影者:牧志治
ヒトデ写真の撮影者:日本自然保護協会 ブログトップ

12/4@東京 工事を止めろ!沖縄・泡瀬干潟とサンゴの海が消えていく

辺野古、高江、泡瀬。
それぞれに貴重な生態系があって、豊かな自然とともに生きる人々の姿があります。

今、3ヶ所で、同時に環境破壊を止めて欲しいと座り込みが行われている沖縄。
本当に異常な事態です。

泡瀬干潟も、豊かな沖縄の海も、山も、人々の生活も、一緒に守りぬきましょう。

---転載歓迎---

工事を止めろ!沖縄・泡瀬干潟とサンゴの海が消えていく
~判決無視・公約違反の埋め立て工事再開に、生き物たちの悲鳴が聞こえる~

 沖縄本島東海岸に位置する泡瀬干潟とその浅海域は、多様な環境を有し、
生物量も多く、絶滅危惧種や固有種が多数生息するなど国際的にも大切な
生物多様性の宝庫です。
 そんな生き物の楽園が、今また土砂で埋め立てられようとしています。
 2009年10月、福岡高裁那覇支部はこの埋め立て事業には経済的合理性が
ないとして、公金の支出を認めませんでした。判決は確定し、埋め立て工事は
止まったかに見えました。「コンクリートから人へ」を公約にした民主党新政権の
誕生で、干潟は守られたはずでした。
 ところが2010年8月、新政権は沖縄市が示した新たな計画案にいとも簡単に
同意し、2011年10月には埋め立て工事が再開されてしまいました。
 司法判断をないがしろにして暴走する行政と、国民との公約を捨て去り環境
破壊の無駄な公共事業に突き進む政治。東日本大震災の被害と福島原発事故の
問題で困難を極めている中、防災上も問題が大きい埋め立て計画に血税が
注がれています。
 もはや法治国家とは思えない社会を変えるために、今こそ私たち国民が声を
上げていかなければならないのではないでしょうか。

日 時:2011年12月4日(日)14:00~17:00
会 場:雑司が谷地域文化創造館 第2会議室
     東京都豊島区雑司が谷3-1-7 千登世橋教育文化センター内
     東京メトロ副都心線 「雑司が谷駅」2番出口上
     JR山手線目白駅下車 徒歩約10分
     〔地図〕http://www.toshima-mirai.jp/center/e_zoshigaya/     
資料代:一般1000円/学生500円
主 催:泡瀬干潟を守る連絡会 http://www.awase.net/
    ラムサール・ネットワーク日本(ラムネットJ)
後 援:日本自然保護協会、日本野鳥の会、WWFジャパン


【主な内容】
●泡瀬干潟の埋め立てとは~埋め立て計画の概要と経過報告
  陣内隆之(ラムサール・ネットワーク日本)
●今、泡瀬干潟で起きていること~ホットな現場の話題と問題点の解説
  前川盛治(泡瀬干潟を守る連絡会)
●消えていく干潟とサンゴの海~環境調査の結果から
  安部真理子(日本自然保護協会)
●暴走する行政と政治を止めるために
  堀 良一(ラムサール・ネットワーク日本)
●ディスカッション


【問い合わせ】
ラムサール・ネットワーク日本
TEL:090-8179-2123(担当:陣内)
メール:bi5t-jnni☆asahi-net.or.jp(☆印は@に置換)

チラシは↓からダウンロードできます。
http://www.ramnet-j.org/2011/11/information/1075.html

___
[PR]
by juconetwork | 2011-12-01 14:05 | お知らせ
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line