サンゴ写真の撮影者:牧志治
ヒトデ写真の撮影者:日本自然保護協会 ブログトップ

1/23~1/26@ワシントンDC アメリカへ米軍基地に苦しむ沖縄の声を届ける会

VOICE of OKINAWA

明日(1/21)に、那覇空港を出発される、「アメリカヘ米軍基地に苦しむ沖縄の声を届ける会」訪米団 の皆さんが、ワシントンDCで参加されるイベントについて、ワシントンDCの日本メディアにご案内しました。

取材のご依頼の連絡ですが、このブログにも、転載しますね。
どうか、アメリカで頑張ってくる皆さんを応援して下さい!!


1.訪米行動の目的
 
 米国連邦議会の米国財政赤字削減計画における10年間1兆ドル国防費削減計画の課題に沖縄米軍基地群(34施設)の閉鎖・再編を加えさせ、67年前の沖縄戦で沖縄住民の集落・田畑・墓地を接収して建設し、今なお、住宅密集地で日米両国の安全基準を無視して運用されている世界一危険な米海兵隊普天間飛行場への新たなオスプレイ配備に反対して閉鎖・返還を求めるとともに、名護市辺野古へのジュゴンの棲む美しい珊瑚の海を埋め立てる新たな米海兵隊航空基地建設計画を撤回させることを目的とする。
 併せて、2万2千人の原告団で飛行差止め訴訟が行われている嘉手納空軍基地の大幅な騒音負担軽減を求め、同基地への新たな海兵航空部隊統合案に反対する。
 さらに、世界自然遺産にも匹敵する”山原(ヤンバル)”の沖縄北部自然林での新たな6箇所ものヘリパット建設計画による自然破壊、高江地区住民の生活破壊を訴えて建設中止を求める。
 最後に、毎週のように起こる米軍関係者による危険運転による死亡事故、住宅侵入、タクシー強盗、性暴力、等について、2011年1月に被害者となった故与儀功貴君の遺族関係者が同行して、公正な裁判を阻害し米兵の犯罪を助長する地位協定の改訂を求める。
 
2.主な要請先
 政府機関・・・国務省、国防総省
 連邦議会:ダニエル・イノウエ上院議員、バーニー・フランク下院議員、ジム・マクダーモット下院議員、ボルダーロ下院議員、スーザン・デイビス下院議員、トーマス・ペトリ下院議員、他 多数
 シンクタンク等:戦略国際問題研究所・Institute for Policy Studies、New American Foundation、他 多数

3.ワシントン行動・・・2012年1月23日(月)~26日(木)


■Event 1:カフェ「バス・ボーイズ・アンド・ポエト」における講演会
WHO:
 Partial delegation
  Ms. Keiko Itokazu, Member of Japanese National Diet
  Mr. Osamu Makishi, Citizens’ Network for Okinawan Biodiversity
  Mr. Toshio Ikemiyagi, Leading attorney of the lawsuit for the Kadena Air Base’s noise pollution
  Mr. John feffer, Institute for Policy Studies
  Prefectural legislators, peace and environmental activists, and students from Okinawa, Japan
WHAT:
 Panel discussion on environmental and civic rights impacts of US military bases in Okinawa
WHEN: 2012年1月23日(月)6:30 pm~ 8:30 pm (ワシントン現地時間)
WHERE: Langston Room, Busboys and Poets, 14th & V NW, Washington D.C.
WHY:  
 U.S. military bases in Okinawa have been the source of dramatic controversy in Japan and the US for decades. Many in Okinawa have criticized US bases for the dangers they pose, including military accidents, environmental and health damage, and crimes committed by US military personnel--most infamously, the 1995 rape of a 12-year-old girl.
PHOTO: Japanese members of parliament, prefectural assembly members, activists


■Event 2: ワシントン占拠活動(Occupy DC)との対話・意見交換会

WHO: Partial delegation
WHAT: Occupy DC Tour, Information Exchange, Teach-In
WHEN: 2012年1月25日(水)3:30 pm - 5:30 pm (ワシントン現地時間)
  (time tentative, contact Benjamin King at 202-286-8856 on the day of the event for details)
WHERE: McPherson Square
WHY:
 In Okinawa, protesters have been conducting vigils and sit-ins at proposed base relocation sites for over 7 years. Occupy Wall Street and Occupy DC have pursued similar tactics. Members of the delegation will present background information about their struggle to close U.S. military bases. This is an opportunity for dialogue and information exchange between the Okinawan delegation and Occupy protesters. Great photo opportunities.
PHOTO: delegation members, Japanese activists, Occupy DC and Occupy Washington DC protesters


■Event 3: 記者会見
WHO: Full delegation
  Mr. Tokushin Yamauchi, Member of Japanese Parliament
  Ms. Ms. Keiko Itokazu, Member of Japanese Parliament
  Lawyers, prefectural legislators, peace and environmental activists, and students from Okinawa, Japan
WHAT: Press Conference
WHEN: 2012年1月26日(木)5:30 pm (ワシントン現地時間)
WHERE: National Press Club (room # 1093) 529 14th Street N.W. D.C.,20045
WHY:  Members of the delegation will issue a statement to the press re: their visit to DC.
PHOTO: Japanese members of parliament, prefectural assembly members, activists


◆訪 米 団 参議院議員および沖縄県議、市町村議員、市民団体代表など24名
  団  長 山内徳信(参議院議員)
  副 団 長 糸数慶子(参議院議員)、高里鈴代(団体代表)、安次富浩(団体代表)
  団事務長 玉那覇哲(沖縄県高教組委員長)
  沖縄県議 比嘉京子、照屋大河、山内末子 (3人)
  市議町議 桃原功(宜野湾市)、東恩納琢磨(名護市)、照屋正治(北谷町)、
       平良識子(那覇市)、桑江直哉(沖縄市) (5人)
  弁 護 士 池宮城紀夫(嘉手納基地爆音訴訟弁護団長)
  参加団体 沖縄平和市民連絡会、ヘリ基地反対協議会、嘉手納爆音訴訟団、普天間爆音訴訟団、高江ヘリパットいらない住民の会、基地軍隊を許さない行動する女たちの会、沖縄・生物多様性市民ネットワーク、与儀功貴君の遺族を支える会、合意していないプロジェクト、沖縄県高教組、宜野湾市職労
[PR]
by juconetwork | 2012-01-20 19:48 | お知らせ
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line