サンゴ写真の撮影者:牧志治
ヒトデ写真の撮影者:日本自然保護協会 ブログトップ

オスプレイが空を飛ぶということ

6月23日、私達は、東京で、沖縄にもどこにもオスプレイはいらない、と訴えるための企画を行いました。
54年前、沖縄県うるま市の宮森小学校には、嘉手納基地を飛び立った米軍機が墜落し、多くの犠牲者を出しました。

そもそも、米軍機が頭上を飛び、騒音や低周波に苦しめられている人々が沢山いるというのに、今だに、何の解決もされていないどころか、事故を繰り返し、安全性が確認されていないにも関わらず、政府の人たちだけが「安全です」と言っているオスプレイまでも配備されるということには、どうしたって怒りを禁じられません。
米軍基地が近くにない私達にはなかなか想像しにくい日常ですが、人々の圧迫感、恐怖感を少しでも想像するための助けになれば、と、大きな模型を作成しました。

企画では、54年前に宮森小学校で起きた悲劇を演劇で語り継いでいらっしゃる宜野座瑛子さんもお呼びし、貴重なお話を伺いました。

会場の写真をアップします。周りの方たちともシェアしていただければ、幸いです。
f0220068_1774484.jpg

f0220068_1782133.jpg
f0220068_1785671.jpg
f0220068_179538.jpg
f0220068_1791848.jpg
f0220068_1793357.jpg
f0220068_1794217.jpg
f0220068_1795153.jpg

[PR]
by juconetwork | 2012-06-26 17:10 | お知らせ
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line