美ら海・沖縄に基地はいらない!

jucon.exblog.jp ブログトップ

2017年3月15日、米国のジュゴン訴訟の控訴審期日が開かれます。

米国でジュゴン訴訟をおこなっているジュゴン弁護団は、3月8日(水)に沖縄で、控訴審の期日再開に関する記者会見を行いました。


控訴審は、3月15日(水)にサンフランシスコ連邦高等裁判所で開かれます。

以下、弁護団のプレスリリースを転載します。日本語訳は英文の後に記載しています。


ぜひ、応援して下さい!!

_______


NEWS RELEASE: March 8, 2017


CONTACT:

Japan Environmental Lawyers Federation (JELF)

+81 52 459 1753 jelf@green-justice.com

Peter Galvin, Center for Biological Diversity,

Sarah Burt, Earthjustice,


Conservation Groups and Okinawan Citizens Go To Court to Compel U.S. Military to Consider Impacts of New Military Base on Endangered Okinawan Dugong


SAN FRANCISCO — American and Japanese conservation groups and Okinawan citizens are asking a U.S. appellate court to allow them to continue a lawsuit to compel the U.S. military to fully consider the impacts of a new U.S. military base in Okinawa, Japan. The base would pave over some of the last remaining habitat for endangered Okinawa dugongs, ancient cultural icons for the Okinawan people. The lawsuit, being argued on March 15, 2017 before the U.S. Court of Appeals for the Ninth Circuit in San Francisco, is the latest in a long-running controversy over the expansion of a U.S. Marine air base at Okinawa’s Henoko Bay. Preliminary construction on the base began earlier this year.


 Dugongs are gentle marine mammals related to manatees that have long been revered by native Okinawans, even celebrated as “sirens” that bring friendly warnings of tsunamis. The dugong is listed as an object of national cultural significance under Japan’s Law for the Protection of Cultural Properties. Under the U.S. National Historic Protection Act and international law, the United States must take into account the effect of its actions and avoid or mitigate any harm to places or things of cultural significance to another country.


 "Our folktales tell us that gods from Niraikanai[afar] comet to our islands riding on the backs of dugongs and the dugongs ensure the abundance of food from the sea," said Takuma Higashionna, an Okinawan scuba-diving guide who is a plaintiff in the lawsuit.

"Today, leaving their feeding trails in the construction site, I believe, our dugongs are warning us that this sea will no longer provide us with such abundance if the base is constructed. The U.S. government must realize that the Okinawa dugong is a treasure

for Okinawa and for the world."


 In 1997 it was estimated that there may have been as few as 50 Okinawa dugongs left in the world; more recent surveys have only been able to conclude that at least three dugongs remain in Okinawa. Although the Defense Department acknowledges that this information is “not sufficient,” and despite the precariously low dugong population even under the most conservative estimates, the Defense Department has authorized construction of the new base.


 “Okinawa dugongs can only live in shallow waters and are at high risk of going extinct. These gentle animals are adored by both locals and tourists. Paving over some of the last places they survive will not only likely be a death sentence for them, it will be a deep cultural loss for the Okinawan people,” said Peter Galvin, director of programs at the Center for Biological Diversity.


 Lawyers for the conservation groups and Okinawan community members will argue at the March 15 hearing that the trial court has the authority and obligation to determine whether the U.S. government consulted with the relevant stakeholders and adequately considered all possible effects of the new base on the dugong as required by law.


  “It is essential that our courts hold the government to account when it fails to comply with the law,” said Earthjustice attorney Sarah Burt. “The law requires the Defense Department to make every effort to understand and minimize the effects of this project on the dugong. The plaintiffs are entitled to their day in court to make their case that the Defense Department has failed to do this.”


 For years many locals have protested and opposed the base-expansion plan for Okinawa, where 20 percent of the island is already occupied by U.S. military. This lawsuit was originally filed in 2003 by Earthjustice on behalf of the U.S. organizations Center for Biological Diversity and Turtle Island Restoration Network; the Japanese organizations Japan Environmental Lawyers Federation and the Save the Dugong Foundation; and three Japanese individuals.



【和訳】


 サンフランシスコ‐この裁判は、米国と日本の保護団体ならびに個人が、米国の控訴裁判所に対し、米軍に米軍基地建設による影響を最大限考慮させるための裁判の継続を求めているものである。辺野古に建設される新基地は、沖縄における古代からの文化的アイコンであって、絶滅に瀕している沖縄ジュゴンの数少ない最後の生息地を埋め立てようとしている。長期にわたり続く、沖縄・辺野古湾における米海軍基地の拡張に関する議論の最新の動きとして、2017年3月15日にサンフランシスコの第9巡回控訴裁判所にて口頭弁論が開かれることになっている。辺野古では、埋め立ての準備段階の工事作業が今年初めに開始している。


  ジュゴンは、マナティーに似た、穏やかな性格の海洋哺乳類であり、沖縄の人々の崇拝の対象とされてきた。人々に津波を警告する”海の精”とも位置付けられている。ジュゴンは日本の文化財保護法において、天然記念物の指定を受けている。米国の国家歴史保存法及び国際法により、米国は、国家行為による影響を考慮し、かつ他国の文化財に対する悪影響を軽減する法的義務を負っている。


  「沖縄の神話では、神々はジュゴンの背に乗って遥かなるニライカナイから島々にやってくると言われています。そしてジュゴンは海の恵みを私たちにもたらすのです。」スキューバダイビングのガイドで、原告でもある東恩納琢磨氏は言う。「今日、ジュゴンは、建設予定地に食み跡を残して、このまま基地建設が進めば、海はもはやかつてのような恵みを与えてくれなくなると、私たちに警告しているのだと思います。米国政府は、ジュゴンが、沖縄だけでなく世界の人々にとって宝であることを認識すべきです。」


  1997年の推定では、沖縄ジュゴンの生息数は僅か50頭であろうとみられていた。近年の調査は、3頭しか生息していないと結論付けている。国防総省はこの情報を”十分ではない”と認識しているが、最も控えめな推定における危険なほどに低い生息数にもかかわらず、国防総省は新基地建設を承認したのである。


  「沖縄ジュゴンは、浅い海でしか生きられず、絶滅に瀕している。穏やかなジュゴンは、住民だけではく観光客からもこの上なく愛されている。ジュゴンの最後の生息地を埋め立てることは、ジュゴンにとって死刑宣告であり、沖縄の人々にとって救いようのない文化的価値の損失になる。」原告でもあるCenter for Biological Diversityのピーター・ギャルビン氏は言う。


 原告代理人は、2017年3月15日の口頭弁論において、第一審裁判所には 米国政府が法の要請に基づき適切な利害関係と協議をしたかどうか、基地建設による影響の全てを十分に考慮したかどうかについて判断する権限及び義務があること主張していくことになる。


  「政府が法を遵守しないのであれば、裁判所が政府にその責任を問うことが必要不可欠です」原告代理人で、環境法律事務所アースジャスティスの弁護士であるサラ・バート氏は言う。「法は、国防総省に対し、基地建設のジュゴンへの影響を最大限認識し、軽減することを要請しています。原告には、国防総省が義務を怠っていることを裁判で主張する権利があります」


  沖縄では、長年にわたり、基地拡張に対する反対抗議運動が続けられてきた。沖縄では、その土地の20%が米軍基地に占領されている。この裁判は、2003年、アースジャスティスを訴訟代理人として、米国の環境保護団体であるCenter for Biological DiversityとTurtle Island Restoration Network、日本の環境保護団体である日本環境法律家連盟とジュゴン保護基金、そして3名の日本人によって提訴されたものである。


[PR]
by juconetwork | 2017-03-09 17:07
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite