「ほっ」と。キャンペーン
サンゴ写真の撮影者:牧志治
ヒトデ写真の撮影者:日本自然保護協会 ブログトップ

<   2010年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

下地琉球大名誉教授の投稿が、日本の新聞でも記事になっていました。

タイムズ紙に反論投稿 下地琉大名誉教授 (琉球新報)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-162832-storytopic-3.html

【米ワシントン29日=与那嶺路代本紙特派員】米軍普天間飛行場が辺野古移設となったことを「オバマ政権の勝利」と書いた米ニューヨーク・タイムズ紙に対し、下地良男琉球大名誉教授は「米国の民主主義の原則に反した勝利は自滅的だ」との反論を投書した。同紙の28日付読者欄に掲載された。
 下地氏は編集者あてに「確かに、2006年合意にこだわるオバマ政権の圧力に、鳩山政権は負けた。だがオバマ政権は、その勝利が自滅的であることに気付くべきだ。非民主主義の国々に対してワシントンが主張する民主主義の原則に、矛盾している」と指摘。「大多数の沖縄県民は沖縄に基地を置くことに反対している。よくもオバマ氏は、同胞である鳩山氏の意思を無視することができますね」と痛烈に批判した。下地氏は名護市辺野古の海を写真に収め、写真集を出版するなどして、県内移設に反対している。
[PR]
by juconetwork | 2010-05-31 18:00 | 報道関係

琉球大学の下地良男名誉教授の投書がニューヨークタイムズに掲載されています。

The U.S. Air Base on Okinawa
Published: May 28, 2010
http://www.nytimes.com/2010/05/29/opinion/lweb29japan.html?emc=tnt&tntemail1=y

“Japan Relents on U.S. Base on Okinawa, Reneging on a Campaign Promise” (news article, May 24) characterizes Prime Minister Yukio Hatoyama’s announcement that the United States Marine Air Station Futenma would be moved to northern Okinawa - as originally agreed to - as “a victory for the Obama administration and a humiliating setback for Mr. Hatoyama.”

Obviously, in this squabbling, the Hatoyama administration succumbed to the Obama administration’s all-out pressure to stick to a 2006 bilateral agreement. Mr. atoyama had raised Okinawans’ expectations during the last election campaign by saying that Futenma’s functions must be moved away from Okinawa.

The Obama administration should remember, however, that its victory is self-defeating as well because it contradicts the principle of democracy that Washington advocates in dealing with “undemocratic” and “unenlightened” nations.

The overwhelming majority of Okinawans are opposed to any plan to keep the base on Okinawa, as Washington is fully aware. How dare Mr. Obama ask Mr. Hatoyama o act without regard to the wishes of his compatriots?

Yoshio Shimoji
Naha, Okinawa, May 24, 2010
[PR]
by juconetwork | 2010-05-31 17:57 | 報道関係

与党(!)の議員、180人もの方たち今回の決定に疑問を呈しています

野党ではなく、政権与党の国会議員の方たちまでも、やはり、「辺野古」と決めた政府方針に疑問を呈しています。
180名もの、こんなに沢山の与党の議員の方たちが、総理に署名を提出されました。

議員の皆さんが、総理に提出された署名はここ(↓)から見ることができます。
http://www.hatatomoko.org/SCN_00016.pdf


総理、もう一度、考え直してください。
これほど沢山の人が、今回の政府方針に疑問を抱いています。

「将来の国外・県外移設」を明記してください。
将来、国外・県外に移設できるなら、ずっと使える新しい基地の建設は、沖縄県内にも必要ない。

辺野古に、沖縄に新しい基地は必要ない。

日本中で現政権を応援している市民の声です。
だから、勇気をふりしぼって、考え直してください。がんばってください。
_______________________________________

与党180議員の署名提出 将来の国外・県外移設明記の政府方針求め
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100528/plc1005280124005-n1.htm

 民主党の川内博史衆院国土交通委員長ら有志議員は27日夜、首相官邸で松野頼久官房副長官と会い、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の将来的な県外、国外移設を求める鳩山由紀夫首相あての緊急声明文と、これに賛同した議員180人分の署名を提出した。

 賛同したのは民主党の小林千代美衆院議員、神本美恵子、那谷屋正義両参院議員らのほか、社民党や無所属の衆参国会議員ら。
 声明文は、普天間飛行場について「将来の国外・県外移設を実現する連立与党・政府の基本方針を策定することを求める」と主張し、新たに政府方針を策定するよう求めた。
 また、移設候補地として、米領・北マリアナ諸島のテニアン島を挙げ、「北マリアナ諸島連邦の知事や議会も望んでいる。これにより、辺野古周辺に新しい基地を建設する必要もなくなる」と主張した。
 政府は28日午後の臨時閣議で普天間問題の政府方針を決める予定。川内氏は松野氏に、「(県外移設の)旗を降ろさないということを首相自身の言葉として語ってほしい」と申し入れ、松野氏は「首相と相談する」と述べたという。
[PR]
by juconetwork | 2010-05-29 11:18 | 報道関係

日本自然保護協会(Nacs-J)が、緊急声明を発表しています。

日本自然保護協会(Nacs-J)が、緊急声明を発表していますので転載します。
http://www.nacsj.or.jp/katsudo/henoko/pdf/20100528kinkyuseimei.pdf
_______________________________

普天間飛行場移設事業 「日米安全保障協議委員会共同声明」への緊急声明
~「環境への最大の配慮」は辺野古・大浦湾に飛行場施設をつくらないこと~

2010年5月28日
(財)日本自然保護協会

 本日、普天間飛行場移設事業について、「日米安全保障協議委員会共同声明」が発表された。「キャンプシュワブ辺野古崎地区と隣接する水域」への移設を明記し、現行案と変わらぬ内容を日米両政府で合意したことは、日本の生物多様性保全を政府自らが後退させるものとして、到底受け入れられるものではない。
 日本政府は、生物多様性条約締約国会議(CBD・COP10)に向け、海域や海草藻場の積極的な保全を提案しており、「2020年までにサンゴ礁を含む脆弱な沿岸生態系への悪影響を最小化する」という新戦略目標が10月の締約国会議で採択される予定である。その一方で、生物多様性の豊かな海域の破壊につながる辺野古の飛行場建設は、矛盾をはらんだ二面的姿勢である。議長国として、自国の海域、特に生物多様性の重要地域である沖縄の海を確実に保全する真摯な姿勢を国際的に示すことが求められる。
 辺野古・大浦湾海域は、干潟・藻場・泥場・マングローブ・サンゴ礁と多様な生態系を有し、生物多様性が極めて高い豊かな海域である。劣化の進んでいる沖縄のサンゴ礁において、大浦湾チリビシのアオサンゴ群集に象徴されるように、唯一無二の価値をもち、手つかずのまま保全することが、沖縄ひいては日本のサンゴ礁を保全する上で不可欠である。そのうえ、絶滅危惧種である「沖縄のジュゴン個体群」にとって重要な生息地であり、この海域の海草藻場を積極的に保全しなければ近い将来絶滅を免れない状況にある。これらの評価と課題は、当協会をはじめとする多くの専門家、自然保護NGO、市民が繰り返し指摘してきたことであるが、今回の合意は何ら踏まえていない。
 この間、報道されてきた修正案(桟橋方式やヘドロによる埋め立て方式など)による環境の影響軽減策も、現地のサンゴ礁生態系の特性を何ら考慮しておらず、科学的合理性に乏しい。それだけに、首相の「住民と環境に最大限の配慮をする」という言葉に、現実的な期待は何もできない。辺野古・大浦湾に新たな基地施設をつくらないことこそが「環境への最大の配慮」であり、生物多様性を尊重した社会の選択であることを日米両政府は認識すべきである。

以上
[PR]
by juconetwork | 2010-05-29 10:08 | お知らせ

普天間問題:「ジュゴン絶滅する」…自然保護団体が反対

普天間問題:「ジュゴン絶滅する」…自然保護団体が反対(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100529k0000m040092000c.html

 米軍普天間飛行場の移設が計画されている名護市辺野古周辺の海域では、絶滅危惧(きぐ)種のジュゴンが目撃され、餌場の海草藻場が広がる。自然保護団体からは「基地建設に伴い、海草藻場が破壊されると近い将来ジュゴンの絶滅は免れない」と反対する声が相次いだ。
 「ジュゴン保護キャンペーンセンター」(東京都)は28日、ジュゴンを種の保存法の国内希少野生動植物種に指定し、保護区の設定を求める3万524人分の署名を鳩山由紀夫首相あてに提出した。
 また、「日本自然保護協会」(同)は「日本の生物多様性保全を政府自らが後退させるもの」との緊急声明を発表。「首相の『住民と環境に最大限の配慮をする』という言葉に、現実的な期待は何もできない」と批判した。【足立旬子】
[PR]
by juconetwork | 2010-05-29 10:04 | 報道関係

Asia Times で普天間「移設」問題について報道されています。

JUCONのアメリカのパートナーNetwork for Okinawa(NO)のJohn Fefferさんがインタビューに答えていますので紹介します。

下記記事にもあるように、アメリカの国内にも、辺野古に新基地を移設することに疑問を持っている人がいます。外国のメディアでは、そうした声がいくつも報じられています。

鳩山さん、日米市民と一緒になって、本当に私達がめざすべき平和な地球についてじっくり考えましょう。
ゆっくりでいいんですよ。
_____________________________________________

US base reversal draws ire on Okinawa
By Eli Clifton

WASHINGTON - Japanese Prime Minister Yukio Hatoyama announced on Monday that he would renege on his campaign promise to renegotiate the move of a controversial US airbase off the island of Okinawa.

Hatoyama's announcement was greeted with outrage on Okinawa, as residents met his arrival on the island on Sunday with angry protests and signs denouncing the decision to go through with the rebasing plan, which he had promised to renegotiate.

Prior to taking office in September 2009, Hatoyama's election platform included a call for re-examining Japan's ties with the US, with a particular focus on the 50,000 US military personnel based in Japan.

After taking office, Hatoyama was faced with the difficult task of negotiating a mutually agreeable basing arrangement with Washington while maintaining the support of a constituency who threw their backing behind his promises to renegotiate the relocation of the Marine base.

"I want to commend Prime Minister Hatoyama for making the difficult, but nevertheless correct, decision to relocate the Futenma facility inside Okinawa. We are working with the Japanese government to ensure that our agreement adopts Japanese proposals that will lighten the impact on the people of Okinawa," Secretary of State Hillary Clinton told reporters in Beijing on Monday.

"We are confident that the relocation plan that Japan and the United States are working to conclude will help establish the basis for future alliance cooperation," she continued.

The disagreement over where or how to move the Marine Corps Air Station at Futenma to a less populated area had become a major point of disagreement between the Barack Obama White House and Hatoyama's Democratic Party of Japan (DPJ) government.

With Monday's announcement, Hatoyama brought a steady stream of criticism from members of his own governing coalition and an angry reception in Okinawa as residents heard reports that Hatoyama was likely to concede on the rebasing negotiations.

"[The announcement is] pretty distressing. It seems as though [Hatoyama's] own personal feelings about the matter, reflected by the campaign pledge and after being elected, have given way to pressure from both within Japan and outside of Japan," John Feffer, co-director of Foreign Policy in Focus at the Institute for Policy Studies, told IPS.

"He clearly felt the need to come to a decision by the end of the month with elections coming up. The Okinawans represent almost 1% of the Japanese population. Political calculations would suggest that they're dispensable," Feffer said.

The negotiations over Futenma had become the sticking point in relations with the Obama administration as Hatoyama sought to form a "more equal" relationship with the US while the White House pushed Hatoyama to honor the rebasing agreement from 2006.

The plan will move the existing helicopter base from the center of Ginowan city in the south to the Henoko area in the north.

Okinawa residents have raised concerns over the environmental impact of the rebasing and the size of the US military's footprint on the island.

The US military presence on Okinawa holds a strategic interest for Washington since the island's southern location offers easy access to the Taiwan Strait.

Recent security concerns in Northeast Asia after the sinking of the Cheonan - a South Korean warship which appears to have been sunk by a North Korean torpedo - have put new pressures on the Hatoyama government to reaffirm the Japan-US alliance.

"I decided that it is of utmost importance that we place the Japan-US relationship on a solid relationship of mutual trust, considering the current situation in the Korean peninsula and in Asia," Hatoyama told reporters on Monday.

Hatoyama was quick to point to the sinking of the Cheonan as a reason for patching up relations with Washington but some experts have argued that the relatively small size of the base at Futenma - it hosts 4,000 Marines out of the nearly 50,000 US military personnel based on Okinawa - should make the rebasing negotiation a less important component of the US-Japan alliance.

"I would say [concerns over stability on the Korean peninsula] are real in the sense that the Japanese government and the US government believe that the Cheonan incident suggests that the neighborhood of Northeast Asia is dangerous and requires military vigilance," said Feffer.

"The perception is real, however I think it's unconnected to Futenma in that such a small number of Marines aren't going to do much in a war between North and South Korea," Feffer continued.

Hatoyama's political future in Japan remains uncertain after his decision to concede the basing issue - one of, if not the most important, components of his foreign policy platform during last year's election.

With Upper House elections scheduled for July 11, some observers have speculated that Hatoyama may have no choice but to step down if the DPJ performs poorly on election day.

Hatoyama's political career may be in question but local politicians on Okinawa have vowed to prevent the construction of the new base.

"My guess is that we may see a different sort of alignment of forces after the Japanese election so this issue is far from settled. It took 15 years for [US and Japanese officials] to plan the closure of Futenma. I don't think we're going to see base construction any time soon," said Feffer.

(Inter Press Service)
[PR]
by juconetwork | 2010-05-27 12:11 | 報道関係

辺野古移設にレッドカード あす那覇で抗議集会

辺野古移設にレッドカード あす那覇で抗議集会 (沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-05-27_6805/

 米軍普天間飛行場移設問題をめぐり、28日に那覇市の県民広場で開かれる抗議集会の主催団体の関係者が26日、県庁記者クラブで会見し「県民の意向を無視して取り交わされるいかなる日米合意も無効であることを宣言する」と決意を示した。集会は午後6時半開始。赤地に黄色い文字で「怒」と記した紙を掲げ、名護市辺野古での代替施設建設を柱にした日米合意に「レッドカード」を突きつける。集会後は県民広場から牧志公園までの国際通りをデモ行進する。

 会見には「基地の県内移設に反対する県民会議」の新垣繁信共同代表らが出席。新垣代表は「日米両政府が(辺野古移設を)断念するまで、断固として闘うという出発点にしたい」と語り、多くの参加を呼び掛けた。同日は名護市役所でも抗議集会があり、連帯して怒りの声を上げる。


宮古集会は29日
「赤」持参呼び掛け

 【宮古島】米軍普天間飛行場の辺野古移設に抗議する「普天間基地の辺野古への移設に抗議する緊急宮古市民集会」~イエローカードからレッドカードに!~(5・29集会実行委員会主催)が29日午後6時から、宮古島市平良のカママ嶺公園で開かれる。

 4・25宮古地区大会の共同代表も務めた星野勉実行委員長は26日、「民意に反した政府の姿勢に大きな怒りを覚える。宮古からも抗議の意思を示したい」と話した。

 実行委は、抗議の意思を示すため、赤色の物を持参するよう呼び掛けている。
[PR]
by juconetwork | 2010-05-27 10:52 | 報道関係

ジュゴン保護3万人超 SDCC、署名をあす国に提出

ジュゴン保護3万人超 SDCC、署名をあす国に提出(琉球新報)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-162679-storytopic-1.html

名護市辺野古と大浦湾沿岸に計画されている普天間飛行場の代替施設建設に反対し、同海域を生息地とする国の天然記念物ジュゴンの保護区設定を求めているジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)=海勢頭豊代表=が、県内外から集めた署名が3万524筆に達していることが26日分かった。28日に名護市で開かれる緊急市民集会と連動して同日に外務省と環境省に提出する予定。
 署名は10月に名古屋で開かれる生物多様性条約締約国会議(COP10)に向けた取り組みの一環として、昨年10月から東京と大阪にある同センターのスタッフを中心に、街頭で署名を集めた。4・25県民大会の会場でも約2千人の署名が集まった。今回提出するのは中間集計分で、COP10開催までに署名の数はさらに増える見込みだ。
 同センターの蜷川義章事務局長は「毎日報道される普天間と辺野古の問題と結び付き、ジュゴンの認知度も高まっている。街頭での反応も日に日に良くなっており、環境問題のレベルから政治への働き掛けにつなげていきたい」と話した。
 署名は国に対し、(1)2008年にバルセロナで開かれた国際自然保護連合(IUCN)の世界自然保護会議で採択された「2010年国連国際生物多様性年におけるジュゴン保護の推進」決議の履行(2)沖縄のジュゴンを種の保存法の国内希少野生動植物種に選定すること―を求めている。(慶田城七瀬)
[PR]
by juconetwork | 2010-05-27 10:45 | キャンペーン案内

5/28 「IUCN決議の履行とジュゴンを種の保存法の指定種に」署名提出します

ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)の蜷川さんより、ご連絡がありました。
以下、転載です。
_________________________________

ジュゴン保護キャンペーンセンターでは、5月28日(金)午後に環境省、外務省に署名を提出します。

2008年IUCN(国際自然保護連合)総会で決議に賛同した93カ国1749人と、鳩山内閣宛てに緊急に集めた「IUCN決議の履行とジュゴンを種の保存法の指定種に」の3万524人の署名(第1次分)です。

また、10月に開催されるジュゴン保護国際会議(4~6日アブダビ)への参加などについての追加質問をだしてあります。

IUCN決議3には、「日本政府に対して、環境保全と野生動物保護を考慮し、学者、研究者、NGOとの協議をふまえて、沖縄ジュゴンの生息地への米国海兵隊施設の建設にかかわる環境アセスメントを、すべての選択肢(ゼロオプション)を含めて実施する努力を求め」と明記しています。

基地建設のために、環境アセスの対象外にすることを、環境省が認めることは許しません。
[PR]
by juconetwork | 2010-05-26 11:30 | キャンペーン案内

5/28 沖縄では2箇所で緊急の市民集会が行われます。

沖縄でも、2つの緊急集会が行われます。
那覇、名護でどちらも28日金曜日18時半。
集まりましょう。
________________________

■名護市「辺野古合意」を認めない緊急市民集会。
 場所:名護市役所中庭
 実行委員長:稲嶺進
 主催:「辺野古合意」を認めない緊急市民集会実行委員会

■那覇『日米合意を糾弾し、辺野古新基地建設を許さない5・28県民集会』。
 場所:県庁前広場
 主催:基地の県内移設に反対する県民会議

政府は28日にも米国との共同声明を発表する方針で、鳩山の辺野古移設回帰とともに72年の515にも匹敵する屈辱的な日なので改めて「日米による沖縄の軍事的植民地支配を許さない」を訴えていきます。
[PR]
by juconetwork | 2010-05-26 11:22 | キャンペーン案内
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line