「ほっ」と。キャンペーン
サンゴ写真の撮影者:牧志治
ヒトデ写真の撮影者:日本自然保護協会 ブログトップ

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

CBD-COP10に関して、開催国日本の開発行為に関するNGO共同宣言 について

CBD-COP10でのJUCONの取組が新聞に載りました!

今日から、閣僚級会合という大きな山場に入った、生物多様性条約COP10。
日本は、これから次の2012年まで、生物多様性条約に関する様々な国際的な取組を、議長国として取りまとめます。

それなのにも関わらず、COP10会議中のこの2週間の間に、山口県・上関では原発建設工事が始まり、開催地・名古屋市でも、平針「トトロの森」という里山の宅地開発工事の伐採が始まるというニュースが流れています。

辺野古・大浦湾には、ジュゴンが生きていて、サンゴや海草、貝など豊かな生態系があります。
鳩山前総理は、「辺野古の海を埋め立てるのは、自然への冒涜」といいながら、日米共同合意を進めました。

JUCONの呼びかけに共感した各地の沢山の皆さんが、COP10の場で宣言し、アピールしました。
f0220068_16391598.jpg

2010年10月26日 朝日新聞
f0220068_16392598.jpg

2010年10月26日 中日新聞

宣言を読み上げる際のCOP10会場の雰囲気はこんな感じ(↓)ででした。
http://indigenousnet.blog75.fc2.com/blog-entry-78.html
お話しされているのは、奥間川流域保護基金の伊波さんです。
やんばるの森を守るため、沖縄の自然を守るため、長年活動をされています。

この集会で、JUCONの宣言を知り、新たに賛同したい。と言う方がいらっしゃいました。
COP10が終わるまで、宣言への賛同を募り、COP10が終わった後、次のCOPまでの2年間、議長国たる日本政府・環境大臣に、提出する予定です。
[PR]
by juconetwork | 2010-10-27 17:02 | 報道関係

10/24@東京 イベント「沖縄-グアムから米軍基地を問う」

☆ 拡散希望:  沖縄イベントやります! 
「沖縄-グアムから米軍基地を問う」
詳細はこちら → http://democracynow.jp/content/OkinawaEvent101024

菅首相続投は、マスコミとアメリカと官僚の勝利。でも名護では市民が勝利しま
した。11月沖縄県知事選を前に、沖縄基地問題を、沖縄とヤマトの私たちみんな
の問題として、アジア太平洋の平和にかかわる問題として、ご一緒に考えましょう♪

とき:2010日10月24日(日)13:00~16:30
ところ:日本キリスト教会館4F会議室
内容:
1)ビデオ上映(26分)デモクラシー・ナウ!「沖縄か らグアム、ハワイへ 太
平洋米軍基地の拡大に反対する国際的連帯」

2)講演 秋林こずえさん(立命館大学)
  「米軍基地に対抗する市民ネットワーク:アジア太平洋から」

3)講演 前泊博盛さん(琉球新報論説委員長)
「普天間移設とグアム移転の狙いは何か~日米同盟の舞台裏」

資料代:1000円 
主催:「沖縄-グアムから米軍基地を問う」実行委員会
[PR]
by juconetwork | 2010-10-18 16:24 | お知らせ

CBD-COP10開催地・日本の開発行為に関するNGO共同宣言を呼びかけています

JUCON(Japan US Citizens for Okinawa Network)では、
沖縄県の普天間基地移設候補地となっている辺野古の海を守るため、
キャンペーンを行うなどの活動をしています。

JUCONでは、10月18日~29日まで名古屋市で開催されている生物
多様性条約(CBD)第10回締約国会議(COP10)に関連して、CBD-COP
10の議長国でもある日本政府に対し、全国各地の、生物多様性がまさに
失われようとしている各地の皆様と共同で、COP10参加国や参加NGOに
実情を伝え、また政府に、当該事業を見直して、COP10に掲げた戦略目
標を達成するよう求める趣旨の宣言を提案したいと考えています。

そこで、宣言を添付いたしますので、多くの団体の皆様からのご賛同を
頂きたく、ご連絡しています。
宣言案に賛同頂けます方は、JUCON事務局まで、団体名と連絡先(担
当)をご連絡下さいますよう、お願い致します。

また、この宣言には、辺野古のみならず、全国各地で生じている自然破
壊の事例も添付して伝えたいと思っています。
各地で皆様が直面されている事例についてのご報告を下さいましたら、
幸甚です。
報告に当たっての書式は、事務局まで問い合わせて頂けましたら助かります。

とりいそぎ、時間がなくて恐縮ですが、10月22日(金)を〆切とさせて
頂きたく考えています。

なお大変申し訳ありませんが、メールでの賛同については、団体のみと
させて頂きたく、COP10会期中には、ブース等で、個人の皆様からの賛
同も呼びかけていけたら、と考えています。

いろいろと勝手を申しますが、どうぞよろしくお願い致します。
***************************************************************
「美ら海・沖縄に基地はいらない!」キャンペーン http://jucon.exblog.jp/
JUCON (Japan-US Citizens for Okinawa Network) 事務局

日本環境法律家連盟(JELF)事務局  三石 
愛知県名古屋市中村区椿町15-19-2F (453-0015)
TEL:052-459-1753  /  FAX:052-459-1751
mail : jelf@green-justice.com / HP : http://www.jelf-justice.org
***************************************************************
「CBD-COP10開催国日本の開発行為に関するNGO共同宣言」(案)

生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の議長国である日本政府
は、「ポスト2010年目標(新戦略計画)の原案」パンフレットを下記サイトで
公開している。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/seibutsu_tayosei/pdfs/post2010.pdf

この原案(2010年9月26日現在)には、次の五つの戦略目標が掲げられ
ている。

 戦略目標A・生物多様性の損失の根本原因に対処する
 戦略目標B・生物多様性への直接的な圧力を減少させる
 戦略目標C・生物多様性の状況を改善する
 戦略目標D・生物多様性の恩恵を強化する
 戦略目標E・能力構築などを通じて条約の実施を強化する

 その上で、《全ての人々が生物多様性の価値を認識する、生物多様性の
価値を政府の計画に組み込む、生物多様性に有害な措置を廃止する》など
20項目の目標をあげている。

 また「ミッション(短期目標(2020年))」として、次の2案を掲げている。
  案1 生物多様性の損失を止めるための効果的かつ緊急な行動を実施する
  案2 効果的かつ緊急な行動を実施することにより、2020年までに生物多
様性の損失を止める


さらに「ビジョン(中長期目標(2050年))」として、《この戦略計画のビジョンは、
「自然と共生する」世界であり、すなわち「2050年までに、生物多様性[自然資
本]が評価され、保全され、回復され、そして賢明に利用され、それによって健全
な地球が維持され、全ての人々に不可欠な恩恵が与えられる」世界である。》と
記している。

このための取り組みを「里山イニシアティブSatoyama Initiative」と名づけて、
COP10議長国である日本が地球規模で今後の条約の関連活動に盛り込もうと
している。

 しかし、日本政府は国内でその立場や戦略目標と矛盾した数多くの政策を行
っている。生物多様性のホットスポットである沖縄本島北部東海岸の大浦湾を
埋め立て米軍海兵隊飛行場とする事に代表されるように、生物多様性を次々と
破壊してやまない。また、外国における政府開発援助(ODA)などで、この戦略
目標に反する様々な事業を行っている。
 日本発の取り組みとして「里山イニシアティブ」など、あたりさわりのない政策に
収支し、貴重な生態系の破壊を放置して生物多様性破壊事業を止めない事は
問題である。

 次頁以降にこれらの生物多様性破壊事業を具体的に列記し、COP10参加国
や参加NGOに知らしめるとともに、直ちに当該事業を見直し、COP10に掲げた
戦略目標を達成するよう日本政府に求める。(また、当該事業の中止を求める
ことに賛同するNGO団体の署名も添付する。)

2010年10月  
賛同団体一同(呼びかけ中)

問い合わせ先
JUCON事務局(「自然の権利」基金/JELF気付))
TEL: 052-459-1753 / FAX:052-459-1751
E-mail: jelf@green-justice.com ブログ:http://jucon.exblog.jp/
[PR]
by juconetwork | 2010-10-13 17:33 | キャンペーン案内

「10月ピースウィーク2010」の共同の呼びかけを転載致します。

少し長くなりますが、JUCONは、他のいくつかのネットワークと一緒に、10月ピースウィーク2010を呼びかけています。
下記の案内にありますように、全国各地の皆さんと共に、平和を考える取組を行います。
多くのみなさまのご参加をお待ちしています。

-----------------------------------
「10月ピースウィーク2010」の共同の呼びかけ
 
今年は、2001年10月7日の米国によるアフガン攻撃開始から9年目になります。
米国のUNITED for PEACE and JUSTICE (UFPJ)などの平和運動ネットワ
ークが今年10月に国際統一行動を起こすことを呼びかけています。
 米国のアフガン戦争はいっそう泥沼化しつつあり、米国の協力要請にたいして
永田町の一部からはまたも自衛隊による給油活動の再開を要求する声まで上が
りつつあります。
イラクやアフガンへは従来から米海兵隊が沖縄・普天間基地などから出撃してき
ました。沖縄では普天間基地の撤去・県内移設反対が大多数の民意となっている
にもかかわらず、日米両国政府は沖縄の辺野古に新たな基地をつくろうとしてい
ます。沖縄では11月に普天間基地撤去を最大の焦点とした県知事選挙がありま
す。この期間に本土において、できるだけ多くの市民が沖縄に普天間基地撤去、
辺野古新基地建設反対の声を上げることが大変重要だと思います。
 私たちは米国の市民の呼びかけに応える国際共同行動の一環として、沖縄に
連帯して、今年10月に以下のような全国的な共同アクションを提案いたします。
全国各地の皆さまの呼応した企画と、相互の連携をお願い致します。

1)「武力で平和はつくれない――もう一つの日米関係へ、やめさせようアフガン
戦争、なくそう普天間基地、つくらせない辺野古新基地」をスローガンとし、「イラク
からの外国軍の撤退、パレスチナに正義と平和を」などの課題も含めた1週間規
模のピースウィーク・アクションを行う。

2)東京では、10月17日(日)午後、芝公園23号地で集会を開き、その後、
米大使館に向けたパレードを行う。

3)10月上旬に想定される米国での平和集会に、沖縄の代表を含む日本の市民
運動代表を派遣し、沖縄の基地問題のアピールなどを行う可能性を追求する。

4)10月9日(土)~17日(日)を「ピースウィーク」とし、全国各地で自主的な行動
を起こし、相互に連携しながら、集会、パレード、街頭アピールをこの期間に1日
でも行い、沖縄の普天間基地撤去の運動に呼応する。
この「ピースウィーク」はとりあえず、東京実行委員会が呼びかけますが、各地で
自主的に実行委員会ないしそれに準じたものをつくって取り組んで頂けるようにする。
とりわけ具体的な行動としては、全国各地で共同して普天間問題での街頭シール
投票を行う。
(街頭シール投票選択肢案:①即時無条件撤去、②沖縄県内に移設、③本土へ
の移設、④米国への移転、⑤わからない、の5択で各地の取り組みの結果を集
約して公表すると同時に全国会議員に届ける。シール投票に取り組む期間は各
地の諸条件を考慮に入れて10月2日から17日までの2週間とする)。なお、シ
ール投票については、この取り組みに「協賛」している「どうする?新米軍基地 
全国投票」のサイトに「シール投票実施要領」がUPされており、大変参考になり
ます。これを上記5択に応用して、取り組んで頂ければ幸いです。

5)このためのサイトを設け、全国の連携を具体化する。記者会見なども設定し、
積極的にメディア対策にもとりくむ。

6)上記の企画に賛同され、何らかのアクションを企画する予定のグループはご
連絡をお願いします。
                         以上                                    

10月「ピースウィーク」2010・東京実行委員会
実行委員会参加団体:
 JUCON  http://jucon.exblog.jp/i4/
 ノーベース全国アクション  http://www.nobase.org/
 WORLD PEACE NOW http://www.worldpeacenow.jp/
協賛:沖縄一坪反戦地主会関東ブロックhttp://www.jca.apc.org/HHK/
 日本国際ボランティアセンター(JVC) http://www.ngo-jvc.net/
 どうする?新米軍基地 全国投票 http://sinbk.exblog.jp/

連絡先:
■ピースボート:
〒169-0075東京都新宿区高田馬場3-13-1-B1
TEL: 03-3363-7561 FAX: 03-3363-7562 

■市民連絡会:
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-21-6-301 
TEL:03-3221-4668 FAX03-3221-2558
http://www.annie.ne.jp/~kenpou/
___________________________________

ピースウィークの各地の行動(集会やシール投票など)予定(10月4日現在)

●「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
9月12日(日)午後3時~5時 上野公園 
主催:ピースウィーク2010実行委員会
琉球新報の報道です。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-167591-storytopic-1.html
辺野古移設8割「反対」 市民団体、上野でシール投票2010年9月14日


●「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
9月19日(日)午後3時~4時 福岡市天神コア前
映画「チビチリガマから日本国を問う!」上映&トークの集いの街頭情宣を兼ねる。
9/19(日曜日)の午後3時~4時までの福岡市天神コア前のシール投票の報告。

実施参加者:6名

初めて街頭でのシール投票をしましたので、最初、ぎごちなくとまどいながら始
めましたが終わり頃、なれてきて、楽しく出来て、あと一時間ほどやってみたいと
思うほどでした。
結果、下記のシール投票に参加してくれた市民は84人もいました。
普天間基地の名護市辺野古移設に・・
賛成: 2人
反対:60人
わからない:22人

●「今、アフガニスタンに生きる」 JVCアフガニスタン人スタッフ報告(来日中)
9月24日(金)19:00~21:00/JICA地球ひろばセミナールーム301(地
下鉄日比谷線 広尾駅下車3番出口徒歩1分) \500・定員60名
主催:JVC 申込み9月21日まで、担当・長谷部(03-3834-2388)

●福岡市/9月25日「沖縄県東村高江からの報告集会」
日時:9月25日(土)18:30~21:00
会場:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)研修室(地下鉄「中洲川
端」駅下車)
参加費:大人500円 学生300円
講師:伊佐真次さん(木工職人)/森岡浩二さん(有機農家)/比嘉真人さん(映
像制作者・「ヘリパッドいらない住民の会」事務局)
主催:「沖縄に基地はいらない!高江からの報告」実行委員会
呼びかけ・連絡先:沖縄とむすぶ市民行動・福岡 TEL 090-1364-2261(木下)

●「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
日時:9月26日(日)午後3時~4時 福岡市天神コア前
映画「チビチリガマから日本国を問う!」上映&トークの集いの街頭情宣を兼ねる。

9月26日(日曜日)の午後3時~4時までの福岡市天神コア前のシール投票の
報告。
シール投票の結果
9月26日のみでは、①賛成2、 ②反対72,③わからない19でした。
実施者:16名

●「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
日時10月2日(土) 11:00~13:00 巣鴨の通称「おばあちゃんの
原宿」(地蔵通り入り口)
主催:豊島実行委員会090-4722-8700(中尾)
本日はピースウィーク2010関連の初日の行動で、天候にも恵まれた東京でシー
ル投票が2カ所で行われました。
①午前11時から午後1時まで、巣鴨地蔵通りと巣鴨駅前(前半と後半)で行った
シール投票は、ピースウィーク2010豊島実行委員会の主催で、スタッフが16人、
普天間基地の名護市辺野古「移設」に「賛成」が26票、「反対」が159票、「わか
らない」が26票でした
②午後2時からは原宿でした。スタッフ13人、辺野古移設に「賛成」が78
人、「反対」が200人、「わからない」が50人でした。

●「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
日時:10月2日(土) 14:00~16:00 原宿駅前 主催:ピース
ウィーク実行委員会

●「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
日時:10月3日(日)午後1時集合 
東京都下「井の頭公園」/池の橋のある手前のひろば左側のあたり。

10月3日(日)13:00~15:00まで、東京の吉祥寺でシール投票がありました。
すでに700回以上のデモを続けている「アンポをつぶせ!ちょうちんデモ」の有志の
人々を中心に、スタッフ8名で取り組みました。
車いすに乗った100歳のおばあちゃんが自分でしっかりと「反対」のシールを
はったり、若者が「沖縄以外でも反対です」と言って貼ったり、公園が近いこと
もあって、お子さん連れのお母さんが比較的多く貼ってくれました。予想に反し
て日照りだったので、大変暑かったのですが、みな気持ちよく、「楽しい」行動
になりました。「これはやみつきになるね」とはあるスタッフの感想でした。

●「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
日時:10月5日(火)17:30~18:30に高田馬場駅前ロータリー(BIG 
BOX前)で行います。
主催:ピースボート

●開戦9周年に考える~アフガニスタンの今と日本の私たち~
とき:10月7日(木)18:30~20:30
会場:東京・港勤労福祉会館 (JR田町駅、都営三田駅から徒歩5分)
資料代:500円
■現地からの最新報告
長谷部 貴俊さん(日本国際ボランティアセンター・アフガニスタン現地代表)
■自衛隊海外派兵の拡大ねらう民主党政権-新安保懇報告をよむ≫
内藤 功さん(日本平和委員会代表理事・弁護士)
【主催】日本平和委員会・日本平和大会東京実行委員会
TEL 03-3451-6377 E-mail info@j-peace.org  

●ピースウィーク協賛:国際宇宙平和週間(10月2日~9日)企画
民主党政権下の軍事計画を読む~「新安保懇」報告書と概算要求を手がかりに
日時:10月8日(金)午後6時30分から 資料代500円
会場:ピープルズ・プラン研究所(有楽町線江戸川橋駅5分 TEL03-
6424-5748)
呼びかけ団体:新しい反安保行動を作る実行委員会/ピープルズプラン研究所/
核とミサイル防衛にNO!キャンペーン

●沖縄・自衛隊基地の強化を許さない10・9集会
≪次から次へ強化する、沖縄の自衛隊≫
◆混成団から旅団への格上げ ◆実弾射撃訓練 ◆米軍基地での実践訓練
◆与那国、宮古、石垣で自衛隊基地の強化と新たな配備へ ◆陸自の海兵隊化
◆辺野古新基地を自衛隊常駐による日米共同使用に
<日 時>10月9日(土)午後6時30分開始
<会 場>文京シビックホール 会議室1+2
東京都文京区春日1-16-21電話03-5803-1100
丸ノ内線・南北線「後楽園」駅、都営三田線・大江戸線「春日」駅3分
http://www.b-academy.jp/b-civichall/access/access.html
<参加費>500円
<主 催>沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
http://www.jca.apc.org/HHK/
<連絡先>090-3910-4140

「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
日時 2010年 10月 9日(土)13:00-17:00
場所:中野区役所1Fロビー(JR側)JR・東京メトロ中野駅北口徒歩約5分
 第35回中野まつりの「反核・平和のひろば」の一角です。核・平和についての
様々な展示・ビデオ上映・報告会・別会場での音楽、平和の書籍の販売等もお楽
しみに。
シール投票主催:平和憲法とともに歩む中野の会(htakepeace@hotmail.com)

●「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? シール投票」
日時: 2010年 10月 9日(土)12:00-13:00
場所: 山口県山口市米屋町どうもんアーケード
主催: やっぱりピースじゃなくっちゃね実行委員会

「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
日時:10月10日(日)13:30~115:30
場所:大田区、JR蒲田駅西口
主催:大田区民有志

「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
日時:2010年10月 10日(日)10:00-16:00
場所:中野区役所1Fロビー(JR側)JR・東京メトロ中野駅北口徒歩約5分
 第35回中野まつりの「反核・平和のひろば」の一角です。核・平和についての
様々な展示・ビデオ上映・報告会・別会場での音楽、平和の書籍の販売等もお楽
しみに。
シール投票主催:平和憲法とともに歩む中野の会(htakepeace@hotmail.com)

●「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
 三重県伊勢/「いせ九条の会」も10月10日(日)に三重県伊勢市の「伊勢
市駅前」で実施する予定

●福岡市:10月10日◆「チビチリガマから日本国を問う!」上映会とトークの集い
映画「チビチリガマから日本国を問う!」上映&トークの集い
     金城実(彫刻家)/知花昌一(沖縄元読谷村議会議員)/西山正啓
(記録映画作家)
◎日 時 10月10日(日)開場:13:30 開始:14:00~18:00
◎会 場 本願寺福岡教堂 礼拝堂(福岡市中央区黒門3-2 TEL:092-771-9081)
◎参加費:1.000円
◎共 催:浄土真宗本願寺派福岡教区仏教青年連盟
 主 催:映画「チビチリガマから日本国を問う!」上映&トーク実行委員会
◎連絡先:092-771-9081(浄土真宗本願寺派福岡教区教務所) 080-6420-6211
(青柳行信)y-aoyagi@r8.dion.ne.jp

●「米軍だけじゃない、自衛隊も沖縄を踏みにじるな! 新宿ど真ん中デモ」
10月10日(日)13時半:トーク&アピール 15時:デモ出発 ともに新宿東口アル
タ前広場にて
デモコース:アルタ前広場出発~紀伊国屋前~東口商店街~アルタ前~新宿西口
大ガード下
~西口商店街~西口大ガード下~歌舞伎町前~アルタ前広場ゴール(予定。詳細
はブログで)
★トーク&アピールでは、様々なゲストやグループを予定しています。
主催:沖縄を踏みにじるな!緊急アクション実行委員会
ブログ:http://d.hatena.ne.jp/hansentoteikounofesta09/
twitter:http://twitter.com/domannakademo
連絡先:no.base.okinawa@gmail.com 090-5344-8373
賛同:沖縄一坪反戦地主会関東ブロック http://www.jca.apc.org/HHK/index.html

●「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
日時:10月11日(月)13時から15時
場所:京王線高幡不動駅前(東京都日野市)
主催:うちなんちゅの怒りと共に、三多摩市民の会(古荘)042-592-
3836

●広島/呉平10月11日(月・祝)に呉で、平和船団を出すことになりました。例
年通り、呉を出撃拠点にするな、呉からのインド洋派遣をさせないように声を上
げ、呉海自の総監部にも要請行動をします。

●「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
日時:10月11日(月・休)15:00 広島市(場所未定) 
主催:ピースリンク・広島・呉・岩国

●イラク帰還兵士の証言を聞くつどい~イラク帰還兵士が語る戦場の真実~
とき:10月11日(月・休日)13:30~16:30
ところ:千葉大学法経学部105講義室(JR西千葉駅)
かいひ:700円(学生500円)
証言者:ホセ・バスクエズさん(反戦イラク帰還兵士の会事務局長)
    ジェフリー・ミラードさん(反戦イラク帰還兵士の会会長)
主催:「イラク帰還兵士の証言を聞くつどい」in千葉・九条の会実行委員会
問い合わせ先:043-256-7101(舘)他

●「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
実施団体・・平和の白いリボン・神奈川
実施日・・10月11日(祝日) 1時~2時半
場所・・横浜駅西口 高島屋前 (予定) 又は相鉄ジョイナス側

●「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
日時:11日14時30分から16時、
主催:ピースアクション板橋
場所:高島平団地内
(都営三田線高島平駅から団地へ向かって東武ストアの横を抜けたところの広場)

●「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
日時:10月11日(祝) 13時から、シール投票をする予定です
場所:大通り公園4丁目
主催:ほっかいどうピースネット(予定)、ピースウィーク協賛 シール投票実
行委員会(予定)

●10月16日 平和フォーラム主催集会「日米安保と東アジアの平和を問うシ
ンポジウム」(社会文化会館)午後1時~4時30分。社会文化会館ホール/
イ・ジョンウォンさんほか

●「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
日時:10月16日(土)13:30~15:30頃
場所:相模大野駅北口周辺(小田急線相模大野駅)
主催:ピース・ニュース

●10月16日 18:30~主催:許すな!憲法改悪・市民連絡会 市民憲法
講座/長谷部貴俊さん(JVC)(文京区民センター3C会議室)800円

●「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票10月17日
(日〕   3時~5時  藤枝駅南口「どうする?新米軍基地 全国投票」
(シール投票)
主催「10月ピースウイーク2010」藤枝実行委員会
事務局   426-0045 藤枝市泉町14-17 塚本 清一

「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
場所:東京・日比谷公園「土と平和の祭典」
主催:日本消費者連盟

●福岡市/10月17日◆2010国際反戦デー《国際共同行動》の集会とピース
ウォーク・デモ
集会:10月17日(日)午後2時~
場所:福岡市中央区警固公園  地図:http://tinyurl.com/2dbqqxx
ピースウォーク・デモ:福岡市天神一周 午後3時~

●東京/集会&ピースパレード/武力で平和はつくれない/やめさせようアフガ
ン戦争
なくそう普天間基地/つくらせない辺野古新基地
イラクからの外国軍の撤退/パレスチナに正義と平和を
日時:2010年10月17日(日)集合13:00 パレード出発14:30(雨天決行)
場所:芝公園23号地(JR「浜松町」徒歩12分、地下鉄三田線「御成門」徒歩3
分、地
下鉄大江戸線「赤羽橋」徒歩3分)
■パレードコース(予定):芝公園23号地→米国大使館→麻布・三河台公園(解散
地点)

「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
10月17日(日) 14時~15時
岡山駅ビックカメラ前

●「普天間基地の辺野古移設 賛成?反対? 市民投票」シール投票
&岩国・祝島・広島ツアー報告、キャンプ座間ゴルフボール飛び出し等のビデオ上映
日時:10月30日(土)10:00~15:00
主催:ピース・ニュース
場所:大和駅東側プロムナード(ピース・フェスティバル2010大和・綾瀬会場にて)
小田急線・相鉄線大和駅東側改札出たところ
※ピース・フェスティバル(主催:同実行委員会)の会場で企画の一環として行
います。

●11月3日(水・休)13:30~11・3憲法集会「沖縄から問う憲法と日
米安保」講演:新垣勉(普天間基地爆音訴訟弁護団長)、音楽:ベトナムからの
贈り物(民族楽器トルンの演奏・ホー・ティー・ランさん)韓国YMCAスペー
スホール(JR水道橋駅)参加費700円、学生500円、高校生以下無料。主
催:11・3憲法集会実行委員会(03-3221-4668)

●他、シール投票など、各地で、実施検討中。
[PR]
by juconetwork | 2010-10-05 15:10 | キャンペーン案内

10/10@福岡 2010国際反戦デー《国際共同行動》映画&トークの集い

10月10日、福岡では、国際反戦デー≪国際共同行動≫PEACE WEEK!!の一環として映画「チビチリガマから日本国を問う!」の上映会とトークの集いが行われます。
是非、ご参加ください。

======以下転載・転送歓迎==================-

◆映画「チビチリガマから日本国を問う!」
 上映&トークの集い

● 映画「チビチリガマから日本国を問う!」
 ― 公約を果たせ!沖縄への屈辱的、政治的差別に抗議するため
    日本国総理官邸前に座り込んだ人々の記録。―
   (2010年・104分 西山正啓 製作・監督)

● トークの集い
    金城 実(沖縄彫刻家)
    知花昌一(沖縄元読谷村議会議員)
    西山正啓(記録映画作家)

◎日 時 20101年10月10日(日)
開場:13:30 開始:14:00~18:00

◎会 場 本願寺福岡教堂 礼拝堂
(福岡市中央区黒門3-2 TEL:092-771-9081)
   ※地下鉄唐人町駅6番出口より徒歩5分
   ※西鉄バス唐人町バス停、黒門バス停より徒歩5分
       地図:http://tinyurl.com/2429zb8 
◎参加費:1.000円

◎主 催:映画「チビチリガマから日本国を問う!」上映&ト
ーク実行委員会
 共 催:浄土真宗本願寺派福岡教区仏教青年連盟
後 援 :琉球新報 
◎連絡先:
092-771-9081(浄土真宗本願寺派福岡教区教務所)
080-6420-6211(青柳行信)y-aoyagi@r8.dion.ne.jp

◎主催個人・団体
西山正啓・藤岡正明・青柳行信・木村公一・羽柴禎・濱生正直
・大山英明・田口敬三・小林栄子・石丸初美・原豊典・川野紀子
・牧野眞澄・福澤利子・日高三郎・藤永香織・左近明子・村上陽三
・武田正勝

ふくおか自由学校運営委員会・念仏者九条の会・沖縄とむすぶ
市民行動・福岡NGO人権・正義と平和連帯フォーラム・福岡・
プサーマル裁判広報委員会・アフガン・イラク戦争を阻止する会・
南区九条の会 (10月2日現在) 

◎協賛団体
  日本基督教教団九州教区福岡地区社会部
  日本基督教団九州教区伝道センター平和・人権部門
  非戦の会・フクオカ
  平和の琉歌をきく会   
  ネットワーク・コスモポリタン77の会
  核・ウラン兵器廃絶キャンへペーン福岡
  福岡市原爆被害者の会 
  みらい実行委員会
  株式会社スロー風土
  福岡地方バプテスト連合社会委員会
  We Iove 9条市民ネットワーク
  カトリック福岡地区正義と平和協議会
  Love&Peace 
  非核の政府を求める福岡県の会
          (10月 2日現在) 

●西山監督からのメッセージ
1987年「チビチリガマ(強制集団死)世代を結ぶ平和の像」を
協働で製作した彫刻家・ 金城実さんと知花昌一さんが沖縄の
主権回復と主権在民を声高に唱えて日本国総理官邸前に座り込
んだ。チビチリガマの悲劇は行動する二人の原点なのだ。数人
の行動が社会を大きく動かすことがある。ぜひ多くの人たちに
観て欲しいドキュメントである。

●金城 実(きんじょう みのる)さんのプロフィール
彫刻家。1939年沖縄県浜比嘉島生まれ。
京都外国語大学を卒業後、西宮市立西宮西高校、近大附属高校
で英語を教えながら彫刻活動を始める。1971年「戦争と人
間」全国キャラバン、1986年から沖縄読谷村の人々と協働
で製作活動を開始。代表作「残波大獅子」「長崎平和の母子像
」「チビチリガマ世代を結ぶ平和の像」「戦争と人間100M
レリーフ」。他に「土の笑い」(筑摩書房)、「沖縄を彫る」
(現代書館)、「民衆を彫る」(解放出版社)など著書多数。
「沖縄靖国訴訟」原告団共同代表、「琉球親鸞塾」代表、金城
実アトリエ主宰。

●知花 昌一(ちばな しょういち)さんのプロフィール
 1948年沖縄読谷村生まれ。1986年、金城実さんの指
導による「チビ
チリガマ(集団自決)世代を結ぶ平和の像」建立委員会事務局
長として尽力。翌年秋、沖縄海邦国体ソフトボール競技開始式
で「日の丸」を焼却。95年楚辺通信所、通称(象のオリ)内
にある軍用地の再契約を拒否。全国的な支援を受け基地奪還闘
争の先頭に立った。以来10年に及ぶ粘り強い闘いを経て、施
設撤去・全面返還をかちとる。98年読谷村議会議員に当選。
以来3期務める。著書に「焼きすてられた日の丸」(新泉社)
「燃える沖縄・揺らぐ安保」(社会批評社)がある。

●西山 正啓(にしや まさひろ)監督のプロフィール
1948年山口県生まれ。86年から沖縄読谷村に滞在して「チビチ
リガマ世代を結ぶ平和の像」製作、強制集団死遺族の証言、読
谷高校の卒業式で繰り広げられた「日の丸」強制 に抵抗する
高校生達の行動を映画「ゆんたんざ沖縄」に記録。2000年には
「未来世を生きる~沖縄戦とチビチリガマ」を発表。代表作に
「しがらきから吹いてくる風」「梅香里」「ぬちどぅ魂の声」
「朋の時間~母たちの季節」「米軍再編・岩国の選択」「消え
た鎮守の森」「貧者の一灯」(岩国シリーズ)三部作など。現
在、「ゆんたんざ未来世~恨を解いて、浄土を生きる」シリー
ズを製作中。
[PR]
by juconetwork | 2010-10-04 15:38 | お知らせ

12月、アメリカに住むアメリカ人大学生達が、日本の米軍基地問題を学びに来日します。

JUCONと、私達のアメリカ側のパートナーのNO(Network for Okinawa)では、常に、沖縄の基地の事、普天間・辺野古の事をアメリカ国内のできる限り多くの人たちに伝え、一緒にこの活動に取り組むことで、沖縄の人々の声を無視することは、日米両国の民主主義の問題であり、また、在日米軍の問題は、日本の問題であると同時にアメリカの問題でもあることや、沖縄の美しい自然を壊すことは誰のものでもない大切な地球環境をこわし、長い歴史と沖縄の風土の中で育まれてきた文化を壊すことでもある、とアピールしていこうと考えて、一緒に活動しています。

国境を越えて多くの仲間達とこの問題に取り組むことが、美しい地球を守り、平和な社会を目指していくための信頼関係を築く大切なステップとなる、と思っているからです。

アメリカ・ワシントンDCにあるアメリカン大学では、15名前後の学生グループが12月に東京と沖縄を訪問します。NOのメンバーから連絡をもらい、JUCONメンバーも、東京でアメリカ人の学生達と交流し、この問題にかける私達の思いをお伝えすることになりました。
この取組にも協力することで、私達JUCONや、沖縄の地元の方達と、アメリカに住むアメリカ市民との新たな信頼関係をまたひとつ、築いていくつもりです。

というわけで、少し先のことですが、企画の案内を転載します。
また、交流レポートなどは、随時ご報告していきます。

<チラシ表>
f0220068_1649633.jpg

<チラシ裏>
f0220068_16492385.jpg

[PR]
by juconetwork | 2010-10-01 16:52
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line