美ら海・沖縄に基地はいらない!

jucon.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

転送大歓迎!! アメリカン大学の学生に応援と感謝のメッセージを送りませんか?

集約〆切を延ばします!
まだまだ受けつけています。ご連絡をお待ちします。
JUCON事務局:三石 jelf@green-justice.com
(4月1日 更新)
________________________________________

(転送歓迎)
----------------------------------------------------------------
 アメリカン大学の学生達に、応援と感謝のメッセージを送りませんか?
----------------------------------------------------------------
みなさまへ

JUCON(Japan-US Citizens for Okinawa Network)から緊急の
呼びかけです。

すでにご存知だと思いますが、今回大きな問題となった、メア前米国務省
日本部長による沖縄・日本に対する差別的な発言が公表されるきっかけ
となったのは、米国のアメリカン大学(American University)の学生た
ちが作成した講義ノートでした。

その学生たちの勇気に感謝し、その行動を応援し、これからも安心して日
本・沖縄の私たちとつながっていけるように、皆さまのメッセージをお寄せ
頂きたいのです。

私たちJUCONは、アメリカン大学の学生たちが昨年12月に訪日した際に
東京で交流し、沖縄の豊かな自然環境の事や、沖縄戦の歴史、平和を願
う気持ちなどを伝えました。

彼らは、私たちとの交流の他に、東京では外務省・防衛省の説明を聞き、
また、実際に沖縄にも足を運んで現地の方々から平和を願う気持ちや基
地に反対する声を聞く一方、米軍関係者とも交流をされたそうです。

講義録は、多様な関係者の声を直接に聞き、現地に足を運んで自らの目
で現状を見た学生たちの良心と正義感によって作成され、それは勇気に
よって公表されました。

メア氏が更迭されるに至った今、私たちは、問題が大きくなるにつれ、
学生たちがいろいろな形でいやがらせやバッシングを受ける可能性を深
く懸念しています。

彼らは今、不安な気持ちで毎日を過ごしているようです。
ツイッターでは、日本からの応援メッセージに対し『本当にありがとう。
今私は怖い。でも、一緒に頑張りましょう。 』と発言しながらも『日本
と沖縄へ、ワシントンから応援しています。 』とコメントしています。

これから、この問題がどのような形で展開していくのか分かりません。
しかし、米国政府の姿を露呈したこと、そして、今後の沖縄と米国政府
と日本政府の関係に影響を与え続けるのは確かでしょう。

その意味でも、日本の私たちからの感謝と応援のメッセージを、アメリ
カン大学の学生たちに届けられればと思います。皆さんからのメッセー
ジは、こちらでとりまとめて、学生たちに届けたいと思います。もちろ
ん日本語でOK。英語でもOKです。

メッセージを頂ける方は、以下のフォームにご記入のうえ、JUCONのア
ドレスにメールで送って下さい(jelf@green-justice.com 担当:三石)。

なお、一次集約は3月25日とさせて頂きますが、その後も継続してお
寄せ頂ければ幸いです。

また、お送り頂きましたメッセージは、日本の市民からもたくさんの応
援が寄せられている!と広く示すためにも、JUCONのブログに掲載
させて頂きたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。


【メッセージをお寄せいただく際は、以下のフォームに沿ってメールを
お送りいただけると幸いです。】

メッセージ送信フォーム
メールの件名は「AU大学生メッセージ」としてください。
送信先:jelf@green-justice.com(担当:三石)

◆ あなたのメッセージ(字数はご自由に)

◆ お名前
◆ 匿名を希望しますか?  はい/いいえ/イニシャルなら可
◆ メッセージの公表(JUCONブログ)  可/不可
◆ (可能であれば)肩書きもしくは所属
◆ ご連絡先

***************************************************************
「美ら海・沖縄に基地はいらない!」キャンペーン
JUCON (Japan-US Citizens for Okinawa Network) 事務局 三石

愛知県名古屋市中村区椿町15-19-2F (453-0015)
TEL:052-459-1753  /  FAX:052-459-1751
mail : jelf@green-justice.com / HP : http://jucon.exblog.jp/
 Twitter : http://twitter.com/juconet
***************************************************************
[PR]
by juconetwork | 2011-03-11 14:19 | お知らせ

【報道】メア発言録は「正確」と強調 アメリカン大学生ら 4人が作成、教授も証言

発言録「正確」と強調 
 アメリカン大学生ら
  4人が作成、教授も証言 

 米国務省のメア日本部長が昨年12月3日に行った講義を聞いた米アメリカン大の教授や学生は9日、共同通信に「発言録の内容はメア氏の発言を正確に反映している」とあらためて証言した。「講義の場ではオフレコ(公開しないこと)という説明は一切なかった」ことも明らかにした。
 証言によると、講義を聞いたのは、デービッド・バイン同大准教授と博士課程のジェシカ・トーレスさん(25)、沖縄に親族を持つ日系4世のトーリ・ミヤギさん(20)ら学生13人の計14人。国務省側出席者はメア部長を含む3人。
 バイン准教授は「偏見に満ちた発言に大変驚いた」と話す。「とにかくショックを受けた」(トーレスさん)「米政府の地位ある人の発言とは思えなかった」(ミヤギさん)など講義が終わった直後から学生の間にも波紋が広がった。「人種差別発言だ」との声も出た。
 14人は沖縄の在日米軍基地について問題意識を持ち、12月15日から27日まで東京と沖縄へ研修旅行に旅立つ準備中だった。講義は、国務省の見解も聞いておきたいとして大学側から要請、国務省内の会議室で行われた。
 学生たちによると、レコーダーなど電子機器の持ち込みは禁止されたが、講義の内容を公開しないという要請はなく、メモを取ることは認められた。
 その後、来日した14人は東京で民主党の川内博史衆院議員(沖縄等米軍基地問題議員懇談会会長)、自民党の小池百合子元防衛相らと懇談。18日から沖縄入りし、ひめゆり平和祈念資料館、米軍普天間飛行場などを見学した。この間、大田昌秀元沖縄県知事と懇談の席上などでメア氏の発言を紹介、「あまりにもひどかった」と伝えた。
 沖縄の実情を見聞して帰国した学生たちの一部は、あらためてメア氏の発言は「問題だ」との意識を強め、今年2月にメア氏の「発言録」をA4版3ページにまとめた。
 作成にかかわったのはミヤギさんら計4人。講義の際に取ったメモをそれぞれが提供するなどし、作成には2週間以上かけた。4人以外で、講義を聞いた他の学生にも発言録を見せたが、誤りなどの指摘はなかった。
 9日訪日した米国務省のキャンベル次官補(東アジア・太平洋担当)はメア部長の発言に関し「深く陳謝したい」と述べたが、出発前のワシントンでは「報道は正確でない」とも述べている。
 しかし、ミヤギさんは「発言録作成には正確さを期し、不明確な部分などは加えていない」と証言。バイン准教授も「発言録の内容はメア氏が話した通りで間違いない」と確認している。(共同通信編集委員 石山永一郎)


______________________
[PR]
by juconetwork | 2011-03-10 09:59 | 報道関係

ケビン・メア発言 海外の報道などについて

ケビン・メア米国務省日本部長の発言について、英語の記事やコメントです。
 講義ノート:http://jucon.exblog.jp/15627711/
 日本語訳:http://jucon.exblog.jp/15634082/

AFP通信
US official's 'mockery' of Okinawa angers Japan
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5jgmtoADZ7mHRW5eQ8k1Ofx4GqQLQ?docId=CNG.6a3f0a68a603df735060c8e17b063a0f.91

Wall Street Journal 紙
Maher Backlash Mounts in Okinawa
http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2011/03/08/maher-backlash-mounts-in-okinawa/?mod=WSJBlog&mod=WSJ_Japan_JapanRealTime

The Japan Times
U.S. diplomat accused of disparaging Okinawans Islanders 'masters of manipulation and extortion' on Futenma issue
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20110307a2.html

Japan Focus誌編集委員、コーネル大学東アジア研究所主任研究員のマーク・セルダン氏が琉球新報にコメントされました。コメントの英語原文はこちらのサイトから確認できます。
Mark Selden on Maher: Arrogance, Expressed Crudely
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/03/mark-selden-on-maher-arrogance.html

琉球新報はWEB版に英語で配信された記事の一覧が、以下のURLに掲載されています。
http://ryukyushimpo.jp/news/storytopic-231.html

____________________________
[PR]
by juconetwork | 2011-03-09 16:09 | 報道関係

メア発言に関する英語で配信されたニュースです(3/8)

Written account of lecture by U.S. diplomat about Okinawa

TOKYO, March 8 Kyodo - The following is a written account of an off-the-record lecture Kevin Maher, who heads the Office of Japan Affairs at the U.S. State Department, gave to a group of students in December at the request of American University before their trip to Okinawa. The written account was compiled by some students, and Kyodo News obtained a copy of the written account from students who attended the lecture.
-- I was the consul general in Okinawa until 2009. It is said that half the U.S. bases in Japan are located in Okinawa, but the statistic only includes bases used exclusively by the U.S. military. If all bases, U.S. bases and bases jointly used by the U.S. and Japanese Self-Defense Forces, are considered, the percentage of bases in Okinawa is much lower.
-- The controversial bases in Okinawa were originally in the middle of rice fields, but are now in the middle of towns because Okinawans allowed urbanization and population growth to surround United States facilities.
-- The U.S. bases in Okinawa exist for regional security. The Japanese obligation under the U.S.-Japan security treaty is to provide land for bases. The relationship between Japan and the U.S. under the security treaty is asymmetric and benefits the Japanese to the detriment of the U.S. Japan is not obligated to defend the United States if U.S. forces are attacked, but the United States must defend and protect Japan's people and property.
-- Collective security is not a constitutional issue, but a policy issue.
-- Eighteen thousand (18,000) U.S. Marines and an air wing are stationed in Okinawa. The United States needs bases in Okinawa for two reasons: bases are already there and Okinawa is an important geographical location.
-- (While showing a map of East Asia) U.S. Forces Japan is headquartered in Tokyo and is the location of a logistics hub that would coordinate supplies and troops in the event of a crisis. Misawa, an important base in the Cold War, is the closest U.S. base to Russia and the base at Iwakuni is only 30 minutes from Korea, yet Okinawa's geographic location is important to regional security.
-- Okinawa was an independent kingdom paying tribute to China, although it has never been a part of China. The U.S. occupied Okinawa until 1972.
-- The Okinawan people's anger and frustration is directed at Japan rather than the United States. The DPJ government does not understand Okinawa. The Japanese government does not have a ''pipeline'' of communication to Okinawa. When I offer to contact people in Okinawa, DPJ officials say ''Yes! Yes, please!'' The LDP communicated with Okinawa and understood Okinawan concerns better than the current DPJ government.
-- One-third of people believe the world would be more peaceful without a military. It is impossible to talk with such people.
-- The 2009 election brought the DPJ to power, which was the first change in the government of Japan. Hatoyama was a leftist politician. Despite the DPJ and Prime Minister Hatoyama, the U.S. and Japan managed to issue the 2 plus 2 statement in May.

(Mr. Maher left the room and two of his colleagues gave a lecture about the U.S.-Japan economic relationship. Mr. Maher returned to resume his lecture and the two officials left the room.)

-- The U.S. will relocate 8,000 Marines from Futenma to Guam in order to reduce the U.S. military footprint on Okinawa. The plan will allow the U.S. to maintain a military presence in the region to provide regional security and deterrence capability.
-- Under the road map, Japan will provide money for the relocation and it is a sign of a tangible effort from Japan. The DPJ government has delayed implementation, but I am confident that the government will implement the existing plan. Tokyo needs to tell the Okinawan governor, ''If you want money, sign it (agree to the relocation plan).''
-- There is nowhere else to base U.S. Marines. The DPJ suggested a replacement facility in mainland Japan, but there is no place in mainland Japan for the U.S. military.
-- Japanese culture is a culture of ''Wa'' (harmony) that is based on consensus. Consensus building is important in Japanese culture. While the Japanese would call this ''consensus,'' they mean ''extortion'' and use this culture of consensus as a means of ''extortion.'' By pretending to seek consensus, people try to get as much money as possible. Okinawans are masters of ''manipulation'' and ''extortion'' of Tokyo.
-- Okinawa's main industry is tourism. While there is an agricultural industry, the main industry is tourism. Although Okinawans grow goya, other prefectures grow more than Okinawa. Okinawans are too lazy to grow goya.
-- Okinawa has the highest divorce rate, birthrate (especially out of wedlock) and drunk-driving rate due to Okinawa's culture of drinking liquor with high alcohol content.
-- You should be careful about ''tatemae and honne'' while in Japan. Tatemae and honne is the ''idea that words and actual intentions are different.'' While in Okinawa, I said MCAS Futenma ''is not especially dangerous.'' My statements caused Okinawans to protest in front of my office. Although Okinawans claim MCAS Futenma is the most dangerous base in the world, they know it is not true. Fukuoka Airport and Osaka Itami Airport are just as dangerous.
-- Japanese politicians do tatemae and honne all the time. Okinawan politicians will agree to a negotiation in Tokyo but return to Okinawa and claim they did not. The U.S. ambassador and other representatives to Japan are constantly criticized for speaking the truth because the Japanese culture is too focused on tatemae and honne.
-- The U.S. military and JSDF have different mentalities. The U.S. military trains to prepare for possible deployment, but the JSDF train without actually preparing for deployment.
-- Local people oppose night training by the U.S. military but it is necessary because modern warfare is often fought at night. Night training is essential to maintain deterrence capability.
-- I don't think Article Nine of the Japanese Constitution should change. I doubt it will ever be changed. It would be bad for the United States if the Japanese Constitution was changed because Japan would not need the United States military. If the Japanese Constitution was changed, the United States would not be able to use Japanese land to advance U.S. interests. The high host nation support the Japanese government currently pays is beneficial to the U.S. We've got a very good deal in Japan.
____________________________

2011/03/08

Japan voices regret over U.S. official's alleged 'extortion' comments

Japan on Tuesday expressed regret over alleged comments by a senior U.S. diplomat disparaging the people of Okinawa, and asked the United States to deal with the matter appropriately.
Chief Cabinet Secretary Yukio Edano said in a news conference that he told U.S. Ambassador John Roos over the phone that the alleged comments by Kevin Maher to American University students before their trip to Okinawa, if true, were ''very inappropriate'' for someone in his capacity regardless of whether they were on or off the record, and conveyed his regret that a report of this kind had surfaced.
The anger in Japan's southern island prefecture, which hosts the bulk of U.S. forces in Japan, stems from remarks reportedly made by Maher, director of the Office of Japan Affairs at the U.S. State Department, who described local residents as ''masters of manipulation and extortion'' in reference to their negotiations with the central government.
At the press conference, Edano said he had told Roos the comments had hurt the feelings of the people of Okinawa and Japan believed they were ''hardly acceptable.''
Their 15-minute telephone talks came after the Okinawa prefectural and Naha city assemblies unanimously adopted resolutions seeking a retraction and apology. Other municipalities that host bases in Okinawa are expected to follow suit.
Prime Minister Naoto Kan told reporters that the comments, if true, were ''regrettable.''
Edano, who is temporarily doubling as foreign minister following the resignation of Seiji Maehara on Sunday, also said he had asked the U.S. envoy to implement measures ''taking into account the sentiments of Okinawa.''
Roos told Edano he regrets that the reported remarks greatly hurt the sentiments of the people of Okinawa, while stressing they were not reflective of the U.S. government's position.
Roos, who initiated the telephone talks, was also quoted by Edano as saying he will work in good faith to overcome the situation that has arisen as a result of the reported comments.
There was no discussion regarding the veracity of the reported comments, Edano said, adding that he believes appropriate steps will be taken by Roos and the State Department.
Apparently due to the furor over the alleged comments, Maher's planned visit to Tokyo for high-level bilateral talks on Thursday to discuss deepening Japan-U.S. ties has been cancelled, government sources said. It is rare for Maher to be absent during bilateral negotiations.
According to a written account of the lecture given by Maher, compiled by some of the students who attended, he said, ''Consensus building is important in Japanese culture. While the Japanese would call this 'consensus,' they mean 'extortion' and use this culture of consensus as a means of extortion.''
Maher, former consul general in Okinawa, is also said to have commented on his experience of negotiating with Japan over the controversial issue of relocating the U.S. Marine Corps' Futenma Air Station within the prefecture, which is fiercely opposed by local people. Maher is known to advocate the current relocation plan.
Maher has told Kyodo News that his briefing was an off-the-record event and the account made available to Kyodo News was ''neither accurate nor complete.'' He spoke in Washington on Dec. 3 at the request of American University to a group of 14 students.
Zenshin Takamine, chairman of the prefectural assembly, and other assembly representatives are expected to visit the U.S. Embassy in Tokyo, possibly this week, to submit a letter of protest.

___________________
[PR]
by juconetwork | 2011-03-09 15:51 | 報道関係

ケビン・メア発言に関する新聞報道など

2011年03月08日

在日米軍は利益もたらす 安保と憲法にも言及 

 米国務省のメア日本部長の発言録には、日本や沖縄に対する差別的発言とともに、日米安全保障条約、日本国憲法9条についての言及もある。
 メア氏は安保条約について、米国が攻撃されても日本は米国を守る責務はないことを挙げ、「非対称で、日本は米国の犠牲によって利益を得る」と述べている。その上で戦争放棄、戦力不保持を定めた憲法9条は「米軍を必要としなくなってしまう」から変えるべきではないとし、米軍が日本の国土を利用できること、「思いやり予算」など米側が得る「利益」にも触れている。
 鹿児島大学の木村朗(きむら・あきら)教授(平和学)は、「いわゆる『安保ただ乗り論』を米側はしばしば持ち出すが、実は在日米軍の存在は彼らにとっても利益が大きいという本音がうかがえる」と分析している。
(共同)
_______________________

2011年03月08日
「表層深層」メア日本部長発言
過小評価で対応後手 
 普天間問題は一層混迷 

 メア米国務省日本部長から飛び出した沖縄の人に対する「ごまかしとゆすりの名人」発言は、支持率低迷で弱体化する菅政権を直撃した。当初、発言の影響を過小評価した観のある日本政府は、地元で広がる強い反発に、あわてて対応を修正。外相辞任の余波もあり後手に回った印象だ。沖縄県議会は8日、発言の撤回と謝罪要求を決議。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の一層の混迷は必至だ。
▽1日で強硬路線
 「沖縄県民の心情を大きく害するものだ」。8日午後の記者会見で、枝野幸男官房長官はメア氏の発言を厳しく批判。これに先だって実施したルース駐日米大使との電話会談で「沖縄の人々の心情を踏まえて、しかるべき対応をお願いしたい」と申し入れた。
 7日午前の時点で、枝野氏は「報道のみをもって一つ一つの発言を米側に確認する必要はない」と断言し、重大視しない考えを示していた。
 ところが7日午後、沖縄県内の地方議会で抗議決議に向けた動きが相次ぎ本格化。「このままでは官邸と沖縄に決定的な溝ができかねない」との懸念が急速に強まり、わずか1日で“強硬路線”に転じた。
 「報道だけで政府に公式の対応を求められても、なかなか困難だ。日本人の多くが発言を事実と受け止め、沖縄県議会が抗議決議をした事実を踏まえて、しっかり対応するべきだと思った」
 枝野氏は、6日にメア氏発言が報道されながら、ルース氏との協議が8日午後になった理由をこう釈明した。
 ▽機能停止
 前原誠司前外相の辞任直後というタイミングの悪さも重なった。対米関係を重んじる外務省は及び腰で事務方が当初、幹部の報道機関対応用に作成した応答要領は「政府として実際にどのような発言があったか承知していない」との内容。沖縄県側の感情に配慮する文言はゼロだった。
 外務省幹部は記者団の問い掛けに「外相不在の今、自分の判断でメア氏の発言を論評することなんてできない」と自嘲気味に語った。
 米政府内では、基地問題に精通し、対日外交の窓口であるメア氏の“暴言”に困惑が広がった。
 メア氏は普天間移設問題では現行計画推進を強く求める言動でも知られる。沖縄県側の反対で、県内移設が進まない日本側の事情への不満があるのは間違いない。
 メア氏は6月ごろ在イラク米大使館のナッパー参事官(政治担当)と交代する方向だったが、日米外交筋は「交代が早まるのでは」と指摘した。
 ▽「情けない」
 「こちらは一歩でも前進させようと努力しているのに、あまりに軽率な発言だ」。防衛省幹部は苦り切った表情を浮かべた。
 メア氏の総領事時代を知る別の幹部は「当時は沖縄の人たちに『現実』を伝えようと、意識的に強めの発言をしていた印象があった。しかし今回は内容もタイミングも悪すぎる」。
 仲井真弘多沖縄県知事は8日、県庁で記者団を前に「沖縄に何年もいた外交官があんな認識かと思うと情けない」と嘆いた。
 地元にとっては、鳩山由紀夫前首相が在沖縄米海兵隊の「抑止力」を「方便」とした発言の記憶も生々しく残る。
 「日米両政府は沖縄の基地問題をどう考えるのか。解決への戦略を示してほしいのに、県内に混乱を起こしてばかりいる」(知事周辺)。両政府への不信感拡大を止めるのは容易ではない。
_______________________

2011年03月08日
県民感情逆なで―谷垣氏 
 ゆすり発言受け 

 自民党の谷垣禎一総裁は8日夜、沖縄の人を「ごまかしとゆすりの名人」などとしたメア米国務省日本部長の発言について「事実だとすれば、駐留米軍基地負担の大半を引き受ける沖縄県民の感情を逆なでするもので、看過できない」と非難するコメントを発表した。
 同時に「このような発言が出ること自体、民主党政権下で日米関係が脆弱(ぜいじゃく)化したことの表れだ」と指摘。米軍普天間飛行場移設問題の行き詰まりなど民主党政権の対米政策を批判した。

枝野長官が米側に抗議 
 メア氏、訪日中止  沖縄はゆすり発言 

 枝野幸男官房長官は8日午後、ルース駐日米大使と電話会談し、沖縄の人を「ごまかしとゆすりの名人」などとしたメア米国務省日本部長の発言について「万が一、事実なら極めて不適切で、沖縄県民や日本人の心情を著しく傷つける。容認しがたい」と抗議した。
 政府筋は、日米両政府が10日に都内で開く同盟深化に関する局長級協議に、メア氏が出席を取りやめたことを明らかにした。日米協議に同氏が欠席するのは異例。沖縄県側の反発を踏まえたとみられる。
 菅直人首相は8日、官邸で記者団に「そういう発言があったとすれば、大変遺憾だ」と述べた。沖縄県選出の下地幹郎国民新党幹事長は会見で「あの発言が本当にそのままであれば、許しがたい。日米外交の窓口として不適格というのは誰しもが認めるところではないか」と不快感を表明した。
 一方、沖縄県議会は全会一致で、発言の撤回と謝罪を求め抗議することを決議した。
 枝野氏との電話会談でルース氏は「沖縄県民の心情を深く傷つける深刻な事態になり、極めて遺憾だ。報道された発言内容は米政府の公式な立場を反映したものではない」と強調。「この状況を克服すべく、誠心誠意努力したい」と伝えた。会談はルース氏の申し入れで行われた。
 枝野氏は会談後の記者会見で、メア氏が日本部長の職にとどまるかどうかに関し「米政府が任命しているので、一義的には米政府が考えることだ」と指摘。「米側はしっかり対応すると言っている。具体的にはルース大使や国務省が適切に対応すると思う」との見方を示した。
_______________________

2011年03月08日 

宜野湾、名護も抗議決議へ 
 メア氏発言、不信に拍車 

 米国務省のメア日本部長が沖縄の人を「ごまかしとゆすりの名人」などと発言した問題で、宜野湾、名護両市議会は8日、週内にもメア氏に発言の撤回や謝罪を求める抗議文を決議する方針を決めた。両市議会以外にも県内の議会では、抗議文を決議する動きが急速に広がっている。
 メア氏の発言をめぐっては8日に沖縄県議会と那覇、浦添両市議会が同様の抗議文を決議。沖縄県民の米政府に対する不信感と反発に拍車が掛かっており、日米両政府が合意した米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題への影響は必至だ。
 この日、宜野湾市議会は10日の本会議で抗議文を決議する方向で調整を進めた。また、普天間飛行場の移設先とされる名護市では、同市議会が早ければ9日の本会議で決議することを決めた。
 名護市の仲村善幸(なかむら・ぜんこう)市議は「メア氏に移設を進める資格はない。占領意識で沖縄を動かせると思ったら大間違いだということを決議で示したい」と話した。
 沖縄県内ではこのほか、米軍基地を抱える嘉手納町、読谷村、北谷町などの議会も週内の決議を検討している。

________________________
[PR]
by juconetwork | 2011-03-09 15:41 | 報道関係

2010.12.3 米国務省日本部長ケビン・メア発言議事録(日本語訳)

メア日本部長の講義録オリジナルは学生の許可をもらって
こちら(↓)にアップしていますが、日本語訳も掲載します。
http://jucon.exblog.jp/15627711/

2011年03月08日
メア日本部長発言録全文 

 アメリカン大の学生らが作成したメア日本部長発言録 全文は次の通り。
   ×   ×   
 私は2009年まで駐沖縄総領事だった。在日米軍基地の半分が沖縄にあるといわれているが、この統計は米軍専用基地だけ勘定している。もし、米軍基地と米軍と自衛隊の共用基地のすべてを考慮に入れれば、沖縄の基地の割合はもっと小さくなる。沖縄で問題になっている基地はもともと水田地帯にあったが、沖縄が米施設を囲むように都市化と人口増を許したために今は市街地の中にある。
 沖縄の米軍基地は地域の安全保障のために存在する。基地のために土地を提供するのが日米安保条約に基づく日本の責務だ。日米安全保障条約に基づく日米関係は非対称で、日本は米国の犠牲によって利益を得る。米国が攻撃されても日本は米国を守る責務はないが、米国は日本を守らなければならず、日本の人々と 財産を保護する。
 集団的自衛権は憲法問題ではなく、政治問題だ。
 1万8千人の米海兵隊と航空部隊が沖縄に駐留している。米国が沖縄に基地を必要とする理由は二つある。既にそこに基地があることと、沖縄は地理的に重要な位置にあることだ。(東アジアの地図を見せながら)、在日米軍の本部は東京にあり、そこは危機において、補給と部隊を調整する兵たん上の中心に位置する。冷戦時に重要な基地だった三沢はロシアに最も近い米軍基地であり、岩国基地は朝鮮半島からわずか30分だ。さらに、沖縄の地理的位置は地域の安全保障にとって重要だ。
 沖縄は中国に朝貢していたが、独立した王国だった。中国の一部になったことはない。米国は1972年まで沖縄を占領した。
 沖縄の人々の怒りや失望は米国でなく日本に向けられている。日本の民主党政権は沖縄を理解していない。日本政府は沖縄とのコミュニケーションのパイプを持っていない。私が沖縄の人と接触しようと提案すると、民主党の関係者は「はい!はい、お願いします」という。自民党の方が現在の民主党政権よりも、沖縄と通じ合い、沖縄の関心を理解している。
 3分の1の人は軍隊がない方が世界はもっと平和になると思っているが、そんな人たちと話し合うのは不可能だ。
 09年の選挙が民主党に政権をもたらした。これは日本では初の政権交代だ。鳩山首相は左派の政治家だ。民主党政権下で、しかも鳩山首相だったにもかかわらず、米国と日本は2+2(外務、防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会)の声明を(昨年)5月に発表することができた。
 〈メア氏は部屋を退出し、彼の2人の同僚が日米の経済関係について講義。メア氏が戻ってきて講義を再開すると、2人の同僚は部屋を出た〉
 米国は普天間飛行場から海兵隊8千人をグアムに移し、米軍の 存在感を減らすが、軍事的プレゼンス(存在)は維持し、地域の安全を保障、抑止力を提供する。
 (米軍再編の)ロードマップのもとで日本は移転費を払う。これは日本による実体的な努力のしるしだ。日本の民主党政権は実施を遅らせているが、私は現行案が実施されると確信している。日本政府は沖縄の知事に対して「もしお金が欲しいならサインしろ」と言う必要がある。ほかに海兵隊を持っていく場所はない。日本の民主党は日本本土への施設移設も言ってきているが、日本本土には米軍のための場所はない。
 日本の文化は合意に基づく和の文化だ。合意形成は日本文化において重要だ。
 しかし、彼らは合意と言うが、ここで言う合意とはゆすりで、日本人は合意文化をゆすりの手段に使う。合意を追い求めるふりをし、できるだけ多くの金を得ようとする。沖縄の人は日本政府に対するごまかしとゆすりの名人だ。
 沖縄の主産業は観光だ。農業もあるが、主産業は観光だ。沖縄ではゴーヤー(ニガウリ)も栽培しているが、他県の栽培量の方が多い。沖縄の人は怠惰で栽培できないからだ。
 沖縄は離婚率、出生率、特に婚外子の出生率、飲酒運転率が最も高い。飲酒運転はアルコール度の高い酒を飲む文化に由来する。
 日本に行ったら本音と建前について気を付けるように。言葉と本当の考えが違うということだ。私が沖縄にいたとき、「普天間飛行場は特別に危険ではない」と言ったところ、沖縄の人は私のオフィスの前で抗議をした。
 沖縄の人はいつも普天間飛行場は世界で最も危険な基地だと言うが、彼らは、それが本当でないと知っている。(住宅地に近い)福岡空港や伊丹空港だって同じように危険だ。
 日本の政治家はいつも本音と建前を使う。沖縄の政治家は日本政府との交渉では合意しても沖縄に帰ると合意していないと言う。日本文化はあまりにも本音と建前を重視するので、駐日米国大使や担当者は真実を言うことによって批判され続けている。
 米軍と日本の自衛隊は違った考え方を持っている。米軍はありうる実戦展開に備えて訓練しているが、自衛隊は実際の展開に備えることなく訓練をしている。
 日本人は米軍による夜間訓練に反対しているが、現代の戦争はしばしば夜間に行われるので夜間訓練は必要だ。夜間訓練は抑止力維持に欠くことができない。
 私は日本国憲法9条を変える必要はないと思っている。憲法9条が変わるとは思えない。日本の憲法が変わると日本は米軍を必要としなくなってしまうので、米国にとってはよくない。もし日本の憲法が変わると、米国は国益を増進するために日本の土地を使うことができなくなってしまう。日本政府が現在払っている高額の米軍駐留経費負担(おもいやり予算)は米国に利益をもたらしている。米国は日本で非常にうまくやっている。


_________________________
[PR]
by juconetwork | 2011-03-09 15:35 | その他

2010.12.3 米国務省日本部長ケビン・メア発言議事録

ケビン・メアアメリカ国務省日本部長が、アメリカの学生を相手に行われた講義録のノートです。
学生たちの許可をもらったのでアップします。
f0220068_9522413.jpg
f0220068_9524145.jpg
f0220068_9525120.jpg

[PR]
by juconetwork | 2011-03-08 09:53 | その他

ケビン・メア発言 英語の記事

2011/03/07
Okinawans angered by U.S. official's reported remarks
NAHA, Japan, March 7 Kyodo - Okinawan politicians expressed anger Monday over alleged remarks by a former U.S. consul general in Japan's southern island prefecture
in which he reportedly described local residents as ''masters of manipulation and extortion.''

Okinawa Gov. Hirokazu Nakaima expressed dismay at the remarks attributed to former Consul General Kevin Maher, currently in charge of Japanese affairs at the U.S. State Department, saying, ''(The comments) make me question what the U.S. consular office (in Okinawa) exists for.''

''I wonder what he learned in Okinawa (when he was here),'' Nakaima told reporters.

The Okinawa prefectural assembly is also expected to unanimously adopt a resolution on Tuesday describing the comments attributed to Maher as unacceptable and seeking a retraction and apology, assembly members said.

The Naha city assembly is expected to pass a similar resolution on Tuesday.

The former consul general is also said to have commented on his experience of negotiating with Japan over the relocation of the U.S. Marine Corps' Futenma Air Station within the prefecture, which is fiercely opposed by local people.

According to a written account of the lecture Maher gave in Washington in December, he said, ''Consensus building is important in Japanese culture. While the Japanese would call this 'consensus,' they mean 'extortion' and use this culture of consensus as a means of extortion.''

''By pretending to seek consensus, people try to get as much money as possible,'' he was quoted as saying.

He also allegedly described people in Okinawa as ''masters of manipulation and extortion'' in their relations with the central government, according to the account.

Maher has told Kyodo News, ''I am not in a position to comment on the record at this time,'' saying his briefing was an off-the-record event. He said the account made available to Kyodo News was ''neither accurate nor complete.''

The U.S. Embassy in Tokyo issued a statement on Monday saying the official's alleged statements ''in no way reflect'' the views of the U.S. government.

''The U.S. government has the deepest respect for Okinawa and its people. The United States and Okinawa enjoy a deep, long and broad relationship,'' the embassy said.

In Tokyo, Chief Cabinet Secretary Yukio Edano told a news conference, ''I do not think it is necessary to verify every remark (made by a U.S. official) based solely on news reports,'' noting the two countries regularly discuss and share mutual understanding on a wide range of bilateral issues.

Edano made his remarks when asked if the government would make inquiries with the United States about the matter.

At the same time, he said it is ''natural for the people of Okinawa to be angry,'' based on the news coverage.

Edano added he believes the U.S. government will ''deal appropriately'' with the situation, if necessary.



U.S. diplomat said to have likened Japanese idea of harmony to extortion
TOKYO, March 6 Kyodo - A U.S. official in charge of Japanese affairs at the State Department is said to have likened the Japanese culture of maintaining social harmony to a means of ''extortion'' and described the people on the southern island of Okinawa as ''lazy'' in a speech given in Washington late last year.

According to a written account compiled by some students who attended the lecture at the department, Kevin Maher, who heads its Japanese affairs office and served as consul general in Okinawa Prefecture, also described people in Okinawa as ''masters of manipulation and extortion'' in their relations with the central government.

Maher told Kyodo News, ''I am not in a position to comment on the record at this time,'' saying his briefing was an off-the-record event. He said the account made available to Kyodo News is ''neither accurate nor complete.''

Maher has been involved in bilateral negotiations with Japan over the controversial issue of relocating the U.S. Marine Corps' Futenma Air Station and is known to advocate a plan to relocate the base to another location within the prefecture, an idea widely opposed by local residents.

The remarks attributed to Maher are being seen as provocative in Japan. They are ''racially discriminating against Okinawa,'' said Teruo Hiyane, a scholar on postwar Okinawan history. Ukeru Magosaki, a former Japanese diplomat, said Maher's reported views on Japan were ''biased and completely distorted.''

Maher spoke on Dec. 3 at the request of American University to a group of 14 students just before their roughly two-week study tour to Tokyo and Okinawa.

In the speech, Maher was quoted as saying, ''Consensus building is important in Japanese culture. While the Japanese would call this 'consensus,' they mean 'extortion' and use this culture of consensus as a means of extortion.''

''By pretending to seek consensus, people try to get as much money as possible,'' he said.

Maher also criticized people in Okinawa as ''too lazy to grow 'goya' (bitter gourd),'' a traditional summer vegetable in the southern prefecture, saying other prefectures in Japan grow more than Okinawa, according to the account.

On the Futenma base, located in a crowded residential area of Ginowan, Maher allegedly said while Okinawans claim the base is the most dangerous in the world, they know that is it not true.

Civilian airports in Fukuoka and Osaka are ''just as dangerous,'' he reportedly said.

Maher was quoted as saying that the Japanese government ''needs to tell the Okinawan governor, 'if you want money, sign it,'' in reference to the Futenma relocation plan.

Students who produced notes of Maher's speech said he definitely made the remarks, with at least one saying it was surprising to hear statements full of bias from a person with a position in the U.S. government.

Maher, 56, served as consul general in Okinawa from 2006 and 2009 after joining the State Department in 1981 and being posted to Tokyo and Fukuoka.

Maher said of the account provided to Kyodo that he ''cannot control how individual students themselves might interpret remarks'' and ''it would therefore not be appropriate'' to attribute any specific remarks to him ''based upon secondhand information coming from students or others.''

In the summer of 2008, while he was posted in Okinawa, Maher sparked controversy after questioning why the local authorities were allowing the construction of homes in the residential area around the Futenma base. Plaintiffs seeking damages over noise from the U.S. base presented him with a written demand calling on him to immediately leave Okinawa.

Hiroshi Ashitomi, who leads a local group in Nago opposed to the relocation of the base to a coastal area of the city, said of Maher's alleged statements, ''They indicate that he views Japan and Okinawa as a (U.S.) colony. If the U.S. government is crafting its policies on Japan and Okinawa based on such views, we will have to ask the U.S. military to get out entirely.''

Magosaki, former head of the international intelligence office at the Foreign Ministry, said he had the impression that ''U.S. officials in charge of recent U.S.-Japan negotiations shared ideas like those of Mr. Maher,'' adding ''in that sense, his remarks were not especially distorted.''

Hiyane, professor emeritus of the University of the Ryukyus, said he ''cannot overlook'' remarks describing Okinawans as ''lazy'' and ''masters of manipulation and extortion,'' adding Maher's remarks represent ''a blatant mentality of occupation.''

''The U.S. military has for over 60 years after the war occupied land best fit for agriculture in Okinawa,'' he said. ''Were it not for (U.S.) bases, the (local) economy including agriculture would have been different.''
[PR]
by juconetwork | 2011-03-08 09:40 | 報道関係

ケビン・メア発言 関連報道

2011年03月06日
和の文化「ゆすりの手段」 
沖縄は「ごまかしの名人」
  メア米日本部長が発言 

 米国務省のメア日本部長(前駐沖縄総領事)が昨年末、米大学生らに国務省内で行った講義で、日本人は合意重視の和の文化を「ゆすりの手段に使う」 「沖縄はごまかしの名人で怠惰」などと発言していたことが6日までに分かった。
 メア氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題など日米交渉に実務者として深く関与、移設先を同県名護市の辺野古崎地区とした現行案決着を米側で強く主張してきた人物の一人。発言は差別的で、日本と沖縄への基本認識が問われる内容だ。
 講義を聞いた複数の学生がメモを基に作成した「発言録」(A4判3ページ)によると、メア氏は「日本の和
の文化とは常に合意を追い求める」と説明したうえで「日本人は合意文化をゆすりの手段に使う。合意を追い求めるふりをしながら、できるだけ多くの金を得ようとする」と述べた。
 沖縄については、日本政府に対する「ごまかしとゆすりの名人」「怠惰でゴーヤーも栽培できない」などと発
言。普天間飛行場は「(住宅地に近い)福岡空港や伊丹空港と同じ」で特別に危険でないとし、日本政府は仲井真弘多(なかいま・ひろかず)・沖縄県知事に「お金が欲しいならサインしろ」と言うべきだと述べている。
 メア氏は共同通信の取材に、講義は「オフレコ(公開しないこと)で行った」とし、発言録は「正確でも完全
でもない」としている。
 講義は米首都ワシントンのアメリカン大の学生ら14人に対し、彼らが東京と沖縄へ約2週間の研修旅行に出発する直前の昨年12月3日、大学側の要請で行われた。
 講義録を作成した学生たちは「メア氏は間違いなくこのように言った」と証言。「米政府の地位ある人物の偏
見に満ちた言葉にとても驚いた」「人種差別的発言と感じた」などと話している。
(共同通信編集委員 石山永一郎)

2011年03月06日
メア日本部長の発言要旨 

 米国務省のメア日本部長の発言要旨は次の通り。
 海兵隊8千人をグアムに移すが、軍事的プレゼンス(存在)は維持し、地域の安全を保障、抑止力を提供する。
 (米軍再編の)ロードマップのもとで日本は移転費を払う。日本の民主党政権は実施を遅らせているが、私は現行案が実施されると確信している。日本政府は沖縄の知事に対して「もしお金が欲しいならサインしろ」と言う必要がある。ほかに海兵隊を持っていく場所はない。
 日本の文化は合意に基づく和の文化だ。合意形成は日本文化において重要だ。
 しかし、彼らは合意と言うが、ここで言う合意とはゆすりで、日本人は合意文化をゆすりの手段に使う。合意
を追い求めるふりをし、できるだけ多くの金を得ようとする。沖縄の人は日本政府に対するごまかしとゆすりの
名人だ。
 沖縄の主産業は観光だ。農業もあり、ゴーヤー(ニガウリ)も栽培しているが、他県の栽培量の方が多い。沖縄の人は怠惰で栽培できないからだ。
 日本に行ったら本音と建前について気を付けるように。言葉と本当の考えが違うということだ。私が沖縄にい
たとき、「普天間飛行場は特別に危険ではない」と言ったところ、沖縄の人は私のオフィスの前で抗議をした。
 沖縄の人はいつも普天間飛行場は世界で最も危険な基地だと言うが、彼らは、それが本当でないと知っている。(住宅地に近い)福岡空港や伊丹空港だって同じように危険だ。
 日本の政治家はいつも本音と建前を使う。沖縄の政治家は日本政府との交渉では合意しても沖縄に帰ると合意していないと言う。日本文化はあまりにも本音と建前を重視するので、駐日米国大使や担当者は真実を言うことによって批判され続けている。
 (共同)

発言録は正確でない 

 ケビン・メア米国務省日本部長の話 学生たちにはオフレコ(公にしないこと)で講義を行った。彼らが私の
発言をどのように解釈し、ノートにとったかまでは関知し得ないが、学生からの2次的な情報をもとに、特定の
発言を私の発言とするのは不適切だ。発言録は正確でも完全でもない。(共同)


ゆがんだ対日観を共有か

 孫崎享(まごさき・うける)・元外務省国際情報局長の話
 偏見であり、あまりにもゆがんだ日本観だ。日米安保条約に基づく日米関係では日本は基地を提供、米国
は安全を保障するという対等かつ相互が利益を得る関係のはず。日本は他国と比べても多額の「思いやり予算」を払っており、「ゆすり」などとんでもない。普天間飛行場の危険を軽視している点も日米が危険を認識したうえで進めている移設計画の大前提を否定しているかのようだ。
 ただ、メア氏のような考えを最近の日米交渉にたずさわる米側担当者が共有している雰囲気はあった。その意味では発言が突出してゆがんでいるとは思えない面もある。

看過できない差別発言 

 比屋根照夫(ひやね・てるお)・琉球大学名誉教授(沖縄戦後史)の話
 メア氏の発言は赤裸々な「占領意識」そのものであり、沖縄に対する人種差別発言だ。米軍は沖縄の最も農業に適した土地を戦後60年余りも占拠し続けている。基地がなければ農業を含めた経済のあり方も変わってくる。その現状を無視して、沖縄の人間を「怠惰」「ごまかしとゆすりの名人」などという発言は看過できない。米軍統治下でさえこれほどの侮蔑的な沖縄観は表明されなかった。辺野古への基地移設案が動か
ない現状へのいら立ちが、図らずもメア氏の心底にある沖縄蔑視を露呈させたのではないか。一方、それを記録し、告発した米学生らの意識の高さに感銘を覚える。

ケビン・メア氏略歴 

 ケビン・メア氏 1954年生まれ。81年、米国務省入省。在日米大使館安全保障部長、駐福岡米領事など
を経て2006年~09年まで駐沖縄米総領事。
 総領事時代の08年夏、普天間飛行場周辺に住宅地が密集する状況について「なぜ市が建設を許しているのか疑問がある」と発言、普天間爆音訴訟の原告らから「即刻、沖縄から退島するよう」求める決議書を手渡された。09年4月には総領事館近くのコーヒー店で男に突然コーヒーをかけられる被害を受け、沖縄県警が男を逮捕している。
 帰米後も国務省日本部長として日米の実務者協議などの際にたびたび来日している。東大客員研究員の経験もあり、日本語が堪能。



______________________
[PR]
by juconetwork | 2011-03-08 09:38 | 報道関係

【3/6@名古屋】高江・報告会と、街頭宣伝のお知らせ

今週末も、各地で、高江のことや沖縄のことを考えるイベントが行われます。
名古屋の企画のご案内です。

転送、転載、大歓迎です!

・・・・・・・・・ここから

あいち沖縄会議のメンバーが、高江の行動に
参加してきました。
その報告会を以下のように行ないます。
3月からノグチゲラの繁殖期で工事は自粛するとなっていますが、
沖縄防衛局は中止を明言していないという情報もあります。
引き続き、状況を注視していく必要があります。

ぜひ、多くの方の参加をお願いいたします。
尚、特にチラシなどを作りませんので、このメールを転送していただき
友人知人にお知らせください。


◇◇◇高江報告会◇◇◇

●日時:3月6日(日) 午後2時~3時半
●場所:名古屋YWCA


報告会終了後、街頭情宣も行ないます。
こちらにもぜひご参加ください。

◇日時:3月6日(日) 午後4時~5時
◇場所:栄 バスターミナル前 (噴水南側)
◇マイクやチラシ、抗議ハガキなどを用意します。
  みなさん、創意工夫して参加をお願いします。

  
 ■ 呼びかけ  
  あいち沖縄会議 
  *不戦へのネットワーク・東海民衆センター・命どう宝の会
    日本聖公会中部教区沖縄プロジェクト    
    名古屋YWCA
    JUCON(基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク)

  連絡先・052-731-7517
[PR]
by juconetwork | 2011-03-04 10:58
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite