サンゴ写真の撮影者:牧志治
ヒトデ写真の撮影者:日本自然保護協会 ブログトップ

<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

7/31@高江 高江ヘリパッド(オスプレイ離発着訓練場)建設反対7.31集会

高江からのお知らせ。転載です。
ぜひ、足を運んで下さい。


*****転送・転載大歓迎*****

県民の皆さま

 ヘリパッド建設工事を7月から再開すると公言していた沖縄防衛局が、湧き上がる“オスプレイ配備反対”“ヘリパッド建設反対”の県民世論に立ち往生し、7月22日現在着工に踏み出すことができていません。

 高江現地では6月15日から、各支援団体・支援者と協力した24時間体制の座り込み行動を続けています。県民世論と呼応して、恐怖の欠陥機オスプレイの離発着訓練場となるヘリパッド建設を必ず止めたいと決意を新たにしています。

 つきましては下記の通り、記者会見を含めた報告集会を開催いたします。多くの県民の皆さま、私達の取り組みを支えて頂いている諸団体の皆さまのご参加を心からお願いいたします。

高江ヘリパッド(オスプレイ離発着訓練場)建設反対7.31集会
日時:7月31日(日) 14:00から
会場:東村高江区公民館
内容:①集会(各団体からの挨拶を予定しています)
   ②記者会見
主催:ヘリパッドいらない住民の会

こちらからチラシがダウンロードできます。
http://nohelipadtakae.org/takaebreau/0731.pdf
呼びかけ拡散にご協力お願いいたします。

連絡先
ヘリパッドいらない住民の会
〒905-1201
沖縄県国頭郡東村高江85-12
Tel&Fax 0980-51-2688
Email info@nohelipadtakae.org
[PR]
by juconetwork | 2011-07-27 10:56 | お知らせ

7/29@東京 「米軍基地問題をグローバルに考える ヴァインさんのお話を聞く会」のお知らせ

7月29日(金)には、昨年末のメア氏の差別発言の証人でもあり、アメリカの外交政策や人権問題を専門にする、デビッド・ヴァインさん(アメリカン大助教授)が、来日されます。

そこで東京で、「米軍基地問題をグローバルに考える」というヴァインさんのお話を聞く会が開かれます。
昨年末、アメリカン大の学生さんと一緒に来日されたヴァインさんにお会いした私達JUCONも、このお話会の開催を賛同し、応援しています。

米軍基地問題を、日本や沖縄からだけでなく、アメリカ人の視点からも一緒に考えていくための大切な機会です。

通訳もあります。
ぜひ、ご参加くださいね。

___________________


***************************************************************
米軍基地問題をグローバルに考える~ディエゴガルシアから沖縄まで~    
  ヴァインさんの話を聞く会にぜひ、ご参加ください  
***************************************************************

沖縄をはじめ世界各地にある米軍基地の現状を報告し、基地のあり方を
考える国際会議「占領下における対話」が、8月4日~8日の4日間、沖縄で
開催されます。この会議は、過去にシカゴやエルサレムなどで開かれ、ア
ジア圏での開催は初めてです。

私たちは、この会議に参加するために来日する米国ワシントンのアメリカ
ン大学准教授、デビッド・ヴァインさん(36歳。研究分野は米国の外交政
策、人権)の話をうかがい、米軍基地問題をグローバルな視点から考える
機会をつくりたいと思います。

ヴァインさんは、アフガン・イラクへの出撃拠点となっているディエゴガルシ
ア米軍基地の問題に詳しい方です。当基地建設のために追われた先住民
族が起こした訴訟に寄り添いながら、米国での人権運動、軍事費削減運
動を通じて基地問題の解決のために活動しています。沖縄も何度か訪れ
ており、昨年アメリカの学生などを連れて訪れた際、学生たちが「メア発言
(*)」に関して証言をし、沖縄の反基地運動に大きく貢献しました。

皆さま、ぜひご参加ください。

*「メア発言」:ケビン・メア前米国務省日本部長が昨年12月、アメリカン大
学で日米同盟に関して講演した際、「沖縄はゆすりの名人で怠惰」と差別
発言をした

日 時 2011年7月29日(金)午後6時30分から
会 場 毎日ホール(東京・竹橋 毎日新聞社内)
*東京メトロ竹橋駅下車。パレスサイドビルの地下一階にあります

資料代 500円

お 話 デビッド・ヴァイン
インタビュアー 北村肇(『週刊金曜日』発行人)
通 訳 古山葉子(PARC自由学校講師)
     メリ・ジョイス(ピースボート国際部)

主 催 ヴァインさんの話を聞く会

賛同団体
沖縄意見広告運動(第二期) /イラク自衛隊派兵違憲訴訟全国弁護団連
絡会議/基地はいらない!女たちの全国ネット/核とミサイル防衛にN
O!キャンペーン/国際会議「占領下における対話 DUO V(デュオファイ
ブ 沖縄)」/JUCON(Japan-US Citizens for Okinawa Network) /
第9条の会・オーバー東京/ピースリンク広島・呉・岩国/許すな!憲法改悪・
市民連絡会/横田基地問題を考える会/PARC・NPO法人アジア太平洋資
料センター

協 賛  『週刊金曜日』    
お問合せ連絡先 平和に生きる権利の確立をめざす懇談会 
    杉山隆保 E-mail: nora@cityfujisawa.ne.jp mobile: 090-5341-1169

参考・ヴァインさんのサイト http://www.davidvine.net

お願い 会場の準備がございますので、ご参加の予定が立ちました方はご
一報いただければ幸いです。
[PR]
by juconetwork | 2011-07-22 17:08 | お知らせ

7/27@ワシントン Moving from War to Peace in East Asia

7月27日は、朝鮮戦争が休戦した日です。

アメリカ・ワシントンDCでは、この日、朝鮮半島や東アジアの平和を願い、戦争のない平和な世界を実現していくために、韓国、沖縄、中国・北朝鮮、そして、アメリカの軍事/平和問題に造詣が深い方達とのワークショップと、ホワイトハウス前でのキャンドルビジルが開催されます。

JUCONの米国側パートナーでもあるNetwork for Okinawa(NO)のメンバー達も、このイベントに取り組んで、応援しています。

戦争や軍事行動で人々が傷つくことがない世界が本当に実現されるために、アメリカだけでなく、世界中の人たちと思いを共有したい、そして、一緒に取り組んで行きたい、と思っています。


---------------------------------------------------------------------------
★☆ Moving from War to Peace in East Asia ☆★
                      &
             ★☆ Candlelight Vigil ☆★
            Wednesday, July 27, 2011
---------------------------------------------------------------------------

On the anniversary of the signing of the Korean War Armistice on July 27,
two events are planned regarding peace in Korea and East Asia:
Workshop and Candlelight Vigil

Moving from War to Peace in East Asia

Workshop: 5:30 to 7 p.m., Wednesday, July 27, 2011
Institute for Policy Studies
1112 16th St., NW, 6th floor
*Brown Bag Dinner (bring your own meal)

Presenters:
-Korean Armistice to Peace Treaty: Changsoo Kim
-Jeju Naval Base in Korea: Ikhwan Kim, Grace Kang
-China and North Korea: Shiran Shen and Ketian Zhang
-Japan, Okinawa, and Military Bases: Ben King
-U.S. Grand Strategy in Asia: John Feffer

Candlelight Vigil: Convert Korean War Armistice to Peace Treaty
7:30 pm to 9 pm
Front of the White House (Lafayette Square)

Sponsors: National Association of Korean Americans (NAKA), Foreign Policy in
Focus, SaSaSe-Washington (Korean Americans for Peace)

Co-Sponsors: Washington Peace Center, June 15 Committee for Peace and
Reunification (U.S. Committee), Network for Okinawa, Nodutdol for Korean
Community Development, National Campaign to End the Korean War, the World
Student Christian Federation of the North American Region, World Student
Christian Federation of the Asia-Pacific Region, Veterans for Peace NYC

For more information, contact Grace Kim at gp1160@gmail.com

f0220068_16392330.jpg

[PR]
by juconetwork | 2011-07-22 16:40 | お知らせ

7/14(木) 院内集会:「思いやり予算」は被災地へ のお知らせ

JUCONの世話人でもある、真喜志好一さんからのお知らせを転載します。
東日本大震災の直後、どさくさまぎれに国会で予算が通った米軍への思いやり予算、被災地で困っている人たちの支援や、復興のためにこそ、使ってほしいものです。

国会で、米軍への思いやり予算は被災地に送って下さい!という訴えがなされます。
多くの方にご参加・ご関心をいただけたら、と思います。
_______________________

沖縄の真喜志 好一です。
BCCで複数のMLと個人にお知らせしています。

在日米軍に使われている「思いやり予算」ってご存知ですか?

下記、
★米軍への「思いやり予算」は
★凍結して「被災地救援資金」に!

との院内集会があります。是非、ご参集ください。
==========お知らせ============

★「思いやり」は被災地へ有志一同 署名提出・院内集会

★米軍への「思いやり予算」は
★凍結して「被災地救援資金」に!

【日時】7月14日(木)午後3時半~5時

【場所】衆議院第2議員会館 地下1階 第7会議室  
     (千代田区永田町2-1-2、最寄駅:国会議事堂前または永田町)

【署名提出】外務省・防衛省ご担当者に手交

【講演】前田哲男さん(軍事史研究家・評論家)
    「“思いやり予算”の真実」
  
3月31日の衆議院本会議で「在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)
に関する新たな特別協定案」が可決されました。

2011年度から5年間で約1兆円を米軍駐留費用として支出するという
内容です。

一方で東日本大震災の被災地救援と復興には、福島原発事故災害への
対策を含めて途方もない巨額の資金が必要な事は明らかです。
 
「米軍に思いやり予算を支出するより、そのお金を被災地に!」と、沖縄の
3人の女性が「米軍の思いやり予算を凍結し、被災地支援に充てる事を求
める要請」署名運動に立ち上がりました。たった3人で4月に始めた署名は、
7月に入って12000筆を超えました。

7月14日に外務省・防衛省に署名を提出するとともに、報告集会を開催い
たします。集会では冒頭に外務省・防衛省の担当者に署名を提出し、軍事
史研究家・評論家の前田哲男さんに「思いやり予算」の解説をしていただき
ます。

ぜひご参加ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【主催】「思いやり」は被災地へ有志一同
【国会連絡先】服部良一事務所 内線(TEL)70505
 外線(TEL)03-3508-7056[担当:芦澤]
[PR]
by juconetwork | 2011-07-13 16:23 | お知らせ

7/7 高江ヘリパッド建設に関する沖縄防衛局での七夕交渉 中継あり。

【拡散!UST予告!】
7/7の七夕、11時~
「沖縄防衛局への高江ヘリパッド建設計画に関する七夕交渉」
http://bit.ly/nycEZR

これをUstreamで中継します。
★タグは→ #IWJ_OKINAWA1
★URLは→ http://ustre.am/zxHQ 
[PR]
by juconetwork | 2011-07-07 10:05
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line