「ほっ」と。キャンペーン
サンゴ写真の撮影者:牧志治
ヒトデ写真の撮影者:日本自然保護協会 ブログトップ

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

10/30(日)@那覇市 映画「ひまわり」を成功させる沖縄県民の会 発足します

宮森小学校にジェット機が墜落して多くの犠牲が出た事件を題材にした、

映画「ひまわり」~沖縄は忘れない、あの日のことを~
を成功させる沖縄県民の会 が、10月30日、那覇で発足します。

発足集会のUst中継あります!!ぜひご覧下さい!!

----(転送&転載大歓迎!!)----

OAM(沖縄オルタナティブメディア)
URL:http://oam0.blog75.fc2.com/


映画 「ひまわり」~沖縄は忘れない、あの日のことを~
 を成功させる沖縄県民の会 発足集会

10月30日 日曜日 午後2時から4時まで
沖縄県那覇市職員「厚生会館」 3階 多目的ホール

<制作>
企画/制作:桂壮三郎

原案:「石川:宮森ジェット機墜落事故証言集
     (石川・宮森630会編)より

脚本:大城貞俊  プロデューサー:本村初枝

配給/宣伝:ゴーゴービジュアル企画
          沖縄県映画センター


映画「ひまわり」全国製作配給上映実行委員会


映画 「ひまわり」~沖縄は忘れない、あの日のことを~ 
を成功させる沖縄県民の会 発足集会プログラム

司会:宜野座映子
(ハーフセンチェリー宮森) 

1、オープニング

  歌・ キミを想う
琉舞 「想い花」
演奏/ハーフセンチェリー宮森

2、呼びかけ人紹介

3、呼びかけ人代表挨拶/池宮城紀夫 (弁護士)

4、記念講演:豊濱 光輝氏
  石川・宮森630会 会長)
  演題:「終わりのない悲しみ」
 
5、経過説明/本村初枝(「県民の会」準備会事務局、プロデューサー)

6、企画・製作者挨拶/桂壮三郎(ゴーゴービジュアル企画)

7、「県民の会」目的・活動方針・体制についての提案及び承認

8、うるま市長挨拶

9、祝電・メッセージ

10、映画「ひまわり」を成功させる会代表挨拶/加藤彰彦(沖縄大学学
長)

11、閉会

事務局:沖縄県豊見城市渡嘉敷250番101号
   沖縄県映画センター  Tel:098-856-2155
   
---
[PR]
by juconetwork | 2011-10-28 15:25 | お知らせ

10/13 普天間基地爆音訴訟 上告審決定に対する声明

10月11日に最高裁によって判断された決定について、普天間基地の爆音訴訟団からの声明を転載します。

―――普天間基地爆音訴訟―――

上告審決定に対する声明

1 最高裁判所は、2011年10月11日付で、普天間基地爆音訴訟について、米軍機の飛行差止を求めていた住民らの上告を棄却し、上告受理申立を不受理とする決定をなした。
2 本訴訟では、すでに損害賠償については、普天間基地の爆音の違法性を認めて住民らに対する賠償を命じた福岡高等裁判所那覇支部の判決(2010年7月29日)が確定している。
 しかし、住民らの唯一最大の願いは、「静かな夜を返せ」という点に尽きる。この点、最高裁が、差止請求について、従来からの「第三者行為論」の適用により、日本政府には米軍の規制する権限がないとして住民らの請求を退けたのは、極めて不当である。
 日本政府は、自らの日米安保条約締結と地位協定上の合意により、米軍に対して欠陥基地である普天間基地を提供したのであり、本来、同基地からの違法な爆音に直接責任を負う立場にある。
 したがって、最高裁は、法治国家における憲法の番人として、住民への人権侵害を排除するために、国に対して爆音の根絶に向けた新たな判断を行うべきであった。従来からの枠内の判断にとどまり、人権侵害の現実から目を背け、司法の果たすべき役割を放棄し続ける最高裁に対して、私たちは強く抗議するものである。
3 普天間基地の返還が正式に合意されてからやがて15年が過ぎようとしている。この間、普天間基地の爆音の違法性も司法によって認定され、また、普天間基地撤去を求める沖縄県民の運動は広がっているにもかかわらず、いまだに普天間基地は15年前と同様に居座り続けている。
 しかしながら、普天間基地撤去を求める運動は着実に前進している。私たちは、本日の最高裁決定を乗り越え、さらに幅広い住民を結集して第2次訴訟を提起し、次こそは普天間基地を現実に撤去させる決意を表明するものである。

   2011年10月13日

普天間米軍基地から爆音をなくす訴訟団
普天間基地爆音訴訟弁護団
___________________
[PR]
by juconetwork | 2011-10-19 17:08 | 沖縄の基地について

10/19 18:30~Ust中継あります「分断を超えよう!~市民の思いが繋がる社会に~」

本日夜のUst中継です。ご都合の許す方は、ぜひ、ご覧下さいね

---(転送&転載大歓迎!!)---

OAM(沖縄オルタナティブメディア)
http://oam0.blog75.fc2.com/

2011うないフェスティバル・プレ企画
「分断を超えよう!~市民の思いが繋がる社会に~」
由井晶子対談・学習会 第2回

日時:2011年10月19日(水)18:30~20:30
場所:なは女性センター学習室(新都心・那覇市銘苅庁舎1階)

テーマ:やんばるの自然を次世代につなぐには~
対談者:浦島悦子(フリーランスライター)

参加費:無料(但し資料代500円)
主催:うないネットワークなは  共催:なは女性センター
連絡先:090-6036-4941(事務局・平井)

---

関連記事:
書評『沖縄 アリは象に挑む』
http://oam0.blog75.fc2.com/blog-entry-881.html

---
[PR]
by juconetwork | 2011-10-19 17:01 | お知らせ

沖縄で使用された枯れ葉剤問題の沖縄BDの取組、始まります。

沖縄BDからの転載です。

ベトナム戦争時、米軍が、沖縄県内で貯蔵・使用していたとされる枯れ葉剤問題について、
沖縄BDの取組がはじまりました。
ぜひ、皆様のご支援、お願い致します。

<以下、転載>
------------------------------------------------
http://okinawabd.ti-da.net/e3607322.html


沖縄BDによる枯れ葉剤問題への取り組みがスタートします。

今回は、「沖縄における枯れ葉剤汚染の真相解明と経過説明の要請」を行います。
 
ベトナム戦争時代、米軍が沖縄において枯れ葉剤を貯蔵し、使用していたことが、
退役米兵の証言で明らかになっています。しかし米軍は、沖縄での枯れ葉剤の
存在の事実をまだ認めておらず、それに追従するように日本政府も認めていません。
沖縄における枯れ葉剤汚染の真相は、今だに隠されたままです。

沖縄BDは、以下の日程で、沖縄における枯れ葉剤汚染の真相解明と、
本件に関わり日本政府が米国政府に対し行ってきた交渉の経緯説明を、
外務省に対して求めます。

沖縄県議会や自治体/議会が枯れ葉剤汚染の問題を取り上げていますが、
私たち沖縄BDは、英字メディアの情報や国防総省の資料等をもとに、
外務省との交渉を行います。

長く枯れ葉剤の問題に関わってきた先輩と、(相対的に)若いメンバーの知恵
とスキルを結集した取り組みになります。

ぜひ、ご注目ください。

     日時:10月7日(金) 午後3:00 
     場所:外務省沖縄事務所 (大同火災久米ビル 6階会議室)(沖縄
県那覇市久米2丁目2-20) 


連絡先:沖縄BD事務局長 吉川秀樹(090-2516-7969)
-------------------------------------------------------------
[PR]
by juconetwork | 2011-10-06 14:29
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line