美ら海・沖縄に基地はいらない!

jucon.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

1/25 4人の米国下院議員が、大統領に在沖海兵隊の撤退を求めた!

1月25日、オバマ大統領にあてて、4人の米国下院議員が、在沖海兵隊の撤退などを要請する手紙を出されました。
手紙では、「米国・国防費の大幅削減を実現させるにはより踏み込んだ世界規模での米軍再編が必要とし、欧州とアジアの駐留米軍を縮小することで、さらに削減するべきだ」として、、「(名護市辺野古への代替施設建設は)新たな基地を造らずに戦力を強化するというオバマ政権の方針と異なる」と論じています。

以下、大統領に提出された手紙を、転載します。
______________________

January 25, 2012
Dear Mr. President:

We are writing to you again to restate our strong belief that a fundamental rethinking of our national security strategy and current overseas commitments, leading to a substantial reduction in military spending, is essential if our nation is going to meaningfully address its serious short-term and long-term fiscal difficulties. In this regard, we have been studying with great interest your announcement at the Pentagon on January 5, 2012 of a new national defense strategy; along with the accompanying release of the Defense Guidance (DG) paper Sustaining U.S. Global Leadership: Priorities for 21st Century Defense.
We congratulate you on the leadership that you are showing on this vital issue. We appreciate your recognition of the fact that ensuring our enduring security and global leadership involves both protecting our nation’s vital security interests through superior military capability and at the same time getting our fiscal house in order to foster national and global economic prosperity and peace. You also acknowledge that given the large share of discretionary spending currently going to the Department of Defense (currently 56%), we have no choice but to make fundamental adjustments so that our military can continue to protect us as effectively as it does while spending less money. Finally, you also recognize the need to tailor our military strategy to the particular nature of the threats the United States is facing in the 21st Century.
The new DG paper reflects many admirable steps in this direction. In particular, we applaud the statement that “U.S. forces will no longer be sized to conduct large-scale, prolonged stability operations,”since we are opposed to a defense posture which creates incentives for unnecessary undertakings such as the Iraq War, or for the extraordinarily expensive and ongoing efforts at stabilizing Afghanistan, a nation where we fought a war that was initially supported by most Americans but in which further American military action is related neither to the initial aims of the war nor to present vital U.S. security concerns.
We also applaud your moves to reduce the number of U.S. troops in Europe, a vestige of the Cold War which results in the United States bearing the burden of the primary military protector for our European allies, even though the Cold War has been over twenty years and Europe is under no threat from any other country that necessitates American protection or deterrence.
In fact, we believe that the current overextension of United States forces overseas, and tremendous military advantage the United States holds over other countries ? as you point out, we spend more on defense than the next ten nations combined ? allows us to make much more substantial spending reductions than the $480 billion in cuts over ten years that you are proposing. There are several additional areas where the United States can realize much greater savings without compromising our security.
To begin, withdrawing American troops from Afghanistan this year rather than in 2014 will save hundreds of billions of dollars. The difference in the capability of Afghan security forces this year rather than 2014 is minimal, and in any case the stability of Afghanistan is ultimately the responsibility of the Afghans, and is not an area in which the U.S. has a vital military interest, given that our goals of defeating and dismantling Al-Qaeda in Afghanistan and removing the government that was supporting and providing a base for their operations has been realized.
We also believe that additional but responsible reductions in the active duty force are both possible and desirable, provided that you and the Congress work together to ensure that our nation makes the education and reemployment of separated servicemembers a genuine national priority. The pullout of the last American troops from Iraq and the plans for a pullout from Afghanistan will end the two enormous tasks that our troops have undertaken in the past decade, a decade which saw military spending and the size of our military rise dramatically. As at the end of prior conflicts, this should be accompanied by an appropriate reductions in spending and in force end-strength through natural attrition, elimination of the stop-loss policy, and downward adjustments in recruiting targets.
In addition, your plans to reduce forces in Europe by one combat brigade should be just a first step. Europeans can and should bear primary responsibility for their own military security and take a much stronger role in NATO operations, and this will only happen if U.S. makes clear it wishes to only keep a minimal force in Europe. Some of our troops in Asia as well, particularly our Marines in Okinawa, are stationed on bases with no well-thought out purpose, at considerable cost both in funding and in causing enmity with our Japanese ally. While we should continue to offer protection to South Korea and enforce its cease-fire with its unstable and hostile northern neighbor, and we understand your overall emphasis on Asian security, particular South Asia with its proximity to the Persian Gulf and oil-shipping, we see no reason for any expansion into Australia.
Ending our military involvement in Iraq and Afghanistan, no longer assuming primary responsibility for European military security, and avoiding unnecessary new commitments and large-scale stability operations in the future will allow us to reduce our 1.5 million member active-duty military by much more than the roughly 100,000 troops you have stated is your goal.
We strongly agree with you that nuclear deterrence goals can be achieved with a smaller nuclear force. The ratification of the START II Treaty shows that both the United States and Russia have a strong mutual interest in reducing arsenals, and we should be implementing this agreement and making plans for further negotiated reductions rather than pursuing new and expensive nuclear weapons modernization and anti-missile defense initiatives. Spending billion on new weapons systems is completely unnecessary, and indeed the question of whether our nuclear “triad” of land, sea and air delivery systems is necessary or can be done just as effectively and much more cheaply with two systems needs to be studied seriously at the highest levels.
We want a military force that remains second-to-none, and is strong, adaptable and geared towards present-day threats, while at the same time grounded in present realities. These include the fact that the Cold War is long over and no remotely comparable adversary has emerged or is likely to emerge; our allies ought to play a much greater role in their own defense and in helping us militarily to ensure global stability; and long-term and large-scale stability and counter-insurgency operations in other nations should not be pursued going forward. All of these factors together give us the opportunity to reduce military spending substantially without compromising our security. We believe that savings in the vicinity of around $900 billion over ten years can be realized, and we will be working to build support in Congress this year for cuts along these lines, during the appropriations process and during the coming debate on sequestration. We ask you to take even bolder leader!
ship on this issue as you finalize your budget and develop your specific proposals by proposing and supporting more substantial cuts appropriate to our present conditions and to the vision of national security that you have presented in the Defense Guidance paper.
Our national strength is inextricably tied to our economic strength. It is time to bring our defense spending in line with the actual threats we face, and invest the savings in nation building at home.

Sincerely,

Barney Frank, Member of Congress
Rush D. Holt, Member of Congress
Barbara Lee, Member of Congress
Lynn C. Woolsey, Member of Congress
[PR]
by juconetwork | 2012-01-30 17:32

1/31@那覇 沖縄・枯れ葉剤問題 ジョン・ミッチェルさんのトークショー

ベトナム戦争の時、その被害と影響の大きさで問題になった枯れ葉剤。
沖縄本島北部・国頭村と東村の米軍北部訓練場内と周辺で、1960年代に試験散布されていたという報道が昨年9月にありました。

この枯れ葉剤問題に関して調査・取材をされているジョン・ミッチェルさんが、
映画『沈黙の春を生きて』の上映後にトークショーをされます。

多くの皆様の参加をお待ちします。

以下、転載。
_____________

桜坂劇場の案内はこちらにあります↓
http://www.sakura-zaka.com/movie/1201/1201_chinmoku.html
【日時】
1月31日(火)
13:30の回終了後 (15:00頃より15分程度)
1/31(火)の映画『沈黙の春を生きて』13:30の回の上映終了後、
本作のパンフレットにも寄稿しているライター、 ジョン・ミッチェル氏に
よるトークショーをおこないます。

■ジョン・ミッチェル■

プロフィール
ウェールズ生まれ、横浜在住のライター。 彼の沖縄の社会問題に
関する記事は日本や 米国の雑誌や新聞に掲載されている。
2011年8月、彼の沖縄枯葉剤問題リサーチの結果、日本政府は
米国防省に沖縄での枯葉剤の貯蔵と使用について再調査を依頼した。
www.jonmitchellinjapan.com
○映画『沈黙の春を生きて』案内
レイチェル・カーソンの言葉に再び耳をかたむける。

1962年、アメリカでレイチェル・カーソンが発表した『沈黙の春』により
農薬による環境問題が出た一方、ベトナムでは米軍による枯葉剤の
散布が行われていた。当時アメリカは人体に影響はないと説明して
いたが、枯葉剤は農薬と同じ成分をもち、人体にも有害なダイオキシン
を含んでいた。ベトナム人や駐留していた米軍兵士は戦後35年たった
今も子供や孫の世代まで枯葉剤の影響を受けている。 このドキュメン
タリーは枯葉剤の被害だけでなく、帰還兵の娘で片足と指が欠損して
生まれたヘザーが父の戦場であったベトナムを訪れ、枯葉剤による両
国の被害者の繋がっていく事の大切さも映し出している。

沖縄でも枯葉剤。決して他人事ではない。

今年9月ショックな記事がでた。沖縄でも枯葉剤。あのベトナム戦争の
時に使われ問題になった枯葉剤が、1960年から約2年間、国頭村と
東村の米軍北部訓練場内と周辺に試験散布していたという報道。記録
がないと言うものの元米兵からの証言。
私たちは違う国で起きた事として受けとめず、化学物質による環境の
問題をもっと身近に考えなけれればならないだろう。
-------------------------------------
[PR]
by juconetwork | 2012-01-30 17:17 | お知らせ

1/26(木) 「辺野古アセス評価書の撤回を求める共同声明」

本日(1/26)、ワシントンDCを訪問中の沖縄訪米団の皆さんと国会議員会館をつないで行った
「沖縄市民訪米団を支援し、辺野古アセスの撤回を求める院内集会・記者会見」で読み上げた、
11の団体による共同声明です。

この共同声明は、野田総理大臣、田中防衛大臣、細野環境大臣に送ります!
ぜひ、読んでください。

☆本日の院内集会の中継録画はこちらから(→ http://www.ustream.tv/recorded/20010825 )
 見逃した方もぜひ、見て下さい!!
__________

辺野古アセス評価書の撤回を求める共同声明

 日本政府・防衛省は、姑息にも、2011年12月28日未明に辺野古アセス評価書を沖縄県庁の守衛室に持ち込んだ。年が明けてから県は受理したものの、内容に不備が見つかるなど問題の多い事態となった。辺野古アセスは、2007年8月に方法書が出された際にも、県知事が受け取りを一時拒否するなど、当初から異様な状態を呈している。
 方法書では、軍用飛行場としての事業内容が不明確であり、使用される軍用機の機種や弾薬搭載エリア、ヘリパッド、船舶用護岸などの施設は後出しで追加された。評価書段階で初めて記述された垂直離着陸機MV-22オスプレイの配備に関しては、住民や専門家、県知事、首長等が意見を述べる場がなかったのである。これらは、アセス法および県アセス条例に違反する。
 辺野古アセスでは、方法書の公開前に、112か所に水中ビデオ等を設置する環境現況調査が自衛隊を使って強行されており、サンゴ礁などの自然環境やジュゴンなどの野生生物に悪影響を与えてしまった。この調査手法は、アセスの現地調査でも踏襲されたため、ジュゴンを追い払っておきながら、辺野古周辺には生息せず影響はないという結論を出すに到っている。これらは、きわめて非科学的である。
 オスプレイに関しては米軍からの情報がありながら、政府は長年にわたって沖縄配備を隠し続けてきた。このこと自体決して許されることではない。環境影響に関しては、総合評価に示されたように「環境保全上、特段の支障はない」とした。しかし、住民が納得できる根拠はない。米軍機が日常的に集落上空を飛行する可能性はきわめて高く、その際の騒音や墜落の危険性について示されていないのである。
 同様に、東村高江での米軍ヘリパッド建設計画(北部訓練場内)に関しても、オスプレイの配備は隠されたまま、住民の座り込み抗議行動を無視して工事が強行されてきた。6か所のヘリパッドは、高江集落を取り囲むように位置しており、このままでは住民の静かで安全な生活は脅かされ、耐え難い騒音と墜落の危険にさらされることになる。
 一方、辺野古アセスは、アセス法にもとづく公有水面埋立と県アセス条例にもとづく飛行場建設の両方について行われている。ところが、その両方とも環境大臣が意見を述べる場はないのである。これは、法的な不備であり環境アセス制度上の欠陥である。しかし、評価書に対する県知事意見提出期限直後の2012年4月から施行される改正アセス法では、知事が求めれば環境大臣が評価書に意見を述べることができることになったことから、環境大臣は、アセス法改正の趣旨にかんがみて、辺野古アセスに関してその所見を発表し、生物多様性の保全と環境アセスの問題点について明確に述べるべきである。
 辺野古と高江の米軍基地計画に関する環境アセスについては、IUCN(国際自然保護連合)は、基地を造らない選択肢を含むアセスを行うように、日本政府に対して3回におよぶ勧告および決議を採択している(2000、2004、2008年)。また、日本が議長国をつとめた生物多様性条約COP10では「生物多様性の損失を止めるために効果的かつ緊急な行動を実施する」(愛知ターゲット2010年)ことが議決されている。辺野古・大浦湾および高江やんばるの森の生物多様性を守ることは、日本の責務である。

 以上のように、辺野古アセスは、アセス法、県アセス条例に違反し、非科学的であり、正当性、合理性、民主性に欠けることから、私たちは、以下のことを強く要請する。

1.野田佳彦内閣総理大臣は、辺野古新基地建設を断念して普天間飛行場の早期返還を求め、また、オスプレイ用ヘリパッド建設を断念して北部訓練場の早期返還を求め、米国政府と交渉すること。
2.田中直紀防衛大臣は、辺野古アセスを撤回するとともに新基地建設を断念し、北部訓練場でのオスプレイ用ヘリパッド建設を中止すること。
3.細野豪志環境大臣は、辺野古アセスに対する大臣所見を発表し、辺野古・大浦湾、やんばるの森の生物多様性保全のための行動計画を作成すること。

2012年1月26日

  JUCON (沖縄のための日米市民ネットワーク)、
  辺野古への基地建設を許さない実行委員会、
  沖縄・生物多様性市民ネットワーク、 
  日本環境法律家連盟(JELF )、 
  ジュゴン弁護団、
  沖縄意見広告運動、
  許すな!憲法改悪・市民連絡会、
  憲法を生かす会、
  日本自然保護協会、
  グリーンピース・ジャパン、
  WWFジャパン
[PR]
by juconetwork | 2012-01-26 14:51

1月31日(火)辺野古アセス審査会開催のお知らせ ←1月27日の審査会の次です。

下記の通り、1月27日(金)の審査会の次に開催する審査会の日程がUPされました。
ご確認下さい。

***********************************

平成23年度沖縄県環境影響評価審査会開催状況

平成23年度第12回沖縄県環境影響評価審査会

○日時:平成24年1月31日(火) 10時00分~12時00分
○場所:カルチャーリゾート フェストーネ(℡ 098-898-1212)
     (宜野湾市真志喜3丁目28番1号)
     
○議題:普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価書について

※留意事項
・今回の審査会の傍聴席数は100席程度を予定しておりますが、会場の広さの関係で、入場できない場合もありますので、ご承知おきください。

・駐車場は、駐車台数が限られており混雑が予想されますので、お乗り合わせ又は公共交通機関をご利用くださいますよう、お願い申し上げます。

問い合わせ先:沖縄県環境生活部環境政策課 TEL 098-866-2183


**********************************
[PR]
by juconetwork | 2012-01-25 17:50

辺野古アセス『評価書』に意見書を出して、沖縄県を励まそう!


*********(以下、転送・転載大歓迎!)**********

辺野古アセス『評価書』へ意見を出して、沖縄県を励まそう!


 名護市辺野古の豊かな海を埋め立てて米軍のための新しい基地をつくる計画。沖縄では、名護市民、名護市長、県議会、県知事も、みんなNOと言っています。にもかかわらず、日米両政府は、むりやりに建設を強行しようとしています。

 この基地建設が環境にどのような影響を与えるかを調べる「環境アセス」の手続きが、現在、国によっておこなわれています。最終段階の「評価書」には、県知事が意見を述べることになっています。

 辺野古の環境アセスで国は、建設をむりやり進めるために、とても非科学的な評価書を出し、辺野古の海の自然を過小評価。また、危険な飛行機オスプレイの配備など建設に都合の悪いことを隠し続けてきました。

 いま、沖縄県は、知事意見を出す前に「評価書」への県民の意見を募集しています。「辺野古への基地建設は絶対だめだ」という県民のたくさんの思いが強い県知事意見として生かされるように、わたしたちの思いを沖縄県に伝えましょう!


★「評価書」への意見を出すには…

1 審査会に意見を出す:
http://www3.pref.okinawa.lg.jp/site/view/contview.jsp?cateid=68&id=26193&page=1(1)アセス審査会での発言希望者は、意見書を15部用意し、1月27日の審査会会場(宜野湾市真志喜・カルチャーリゾートフェストーネ(℡ 098-898-1212))にて、審査会の開催(午前9時半)前に事務局へ提出するか、1月26日(木)午前中まで(必着)に、審査会事務局へ郵送、FAX又はE-mailで提出します。

(2)発言は希望しないが審査会への意見書の提出を希望する方も、1月26日(木)午前中まで(必着)に、審査会事務局へ意見書を提出。提出された意見書は、事務局が各委員に配付します。

2 沖縄県知事に意見を出す:
http://www3.pref.okinawa.lg.jp/site/view/contview.jsp?ateid=68&id=26196&page=1沖縄県環境政策課による住民等の意見の受け付けは、2月3日(金)必着です。


【意見提出先】
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2
沖縄県環境政策課環境政策課(環境評価班)あて
FAX:098-866-2308
E-mail:aa025003@pref.okinawa.lg.jp

★意見書の書式:上記のリンク先をひらくか、添付のPDFを参照ください。意見書の例も添付します。

★『評価書』は沖縄防衛局のHPに掲載されています。 http://www.mod.go.jp/rdb/okinawa/kakubu/03tyoutatubu/tyoutatubu.html

★紙媒体で『評価書』をお読みになりたい方は、アセス監視団メンバーの建築家・真喜志好一さんの事務所で読むことができます。電話で確認のうえお越し下さい。(那覇市久米、TEL 098-863-7091)


【おねがい】

みなさんが送った意見書や励ましハガキのコピーを、「沖縄ジュゴン環境アセスメント監視団」にもお送りください。お名前や住所などの個人情報を伏せたうえで、どのような意見がどれくらい集まったのかを集約し、強い知事意見が出されるための働きかけに役立たせていただきます。
★意見書・ハガキのコピーの送り先

沖縄ジュゴン環境アセスメント監視団(団長・東恩納琢磨)

FAX 098-885-0866
E-mail river@ryukyu.ne.jp
[PR]
by juconetwork | 2012-01-25 17:48 | お知らせ

UST中継あり! 1/26@東京 沖縄市民訪米団を支援し、辺野古アセスの撤回を求める院内集会

アメリカ時間1/23~1/26 に、ワシントンで活動する沖縄市民訪米団の皆さんに、
ぜひ、ワシントン現地から、日本の国会にも、辺野古アセスの撤回などを訴えかけてもらいたい、と考えて、
院内集会を企画しました。

ぜひ、多くの皆さんに、国会に足を運んで頂ければ、訪米団の力となります。

そして、東京には足を運べない人のために、IWJさんに、UST中継もしていただけます!
遠方の方は、中継をご覧下さい。
_____

(転送・転載歓迎) 
★☆ USTREAM中継あります! ☆★ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
  沖縄市民訪米団を支援し、辺野古アセスの撤回を求める
            院内集会・記者会見
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1月21日から28日まで、沖縄市民訪米団(アメリカへ米軍基地に苦
しむ沖縄の声を届ける会)がワシントンD.C.を訪問します。訪米団は、平
和、人権、環境にかかわる市民団体および国会、県議会、市議会議員
で構成され、米国の議会議員や報道機関、市民やNGO等へ、普天間基
地の県内移設と辺野古新基地建設に反対し、米軍基地の爆音、生活環
境と自然環境の破壊、犯罪や事故などの被害に苦しむ沖縄の実態を訴
えることを目的としています。
 
一方、政府・防衛省は、昨年末28日未明に、辺野古アセス(普天間飛
行場代替施設建設に係わる環境影響評価)の評価書を沖縄県庁の守
衛室に無理やり運び込むなど、前代未聞のなりふり構わぬ動きをして
います。まさに、アセス法にもとづく手続きを無視し、内容も非科学的で、
アセス制度自体を破壊するものとなっています。

私たちは、沖縄市民訪米団の活動を支援するとともに、政府に違法な
辺野古アセス評価書の撤回を求めるため、ワシントンDCの訪米団と
東京をつないでの院内集会・記者会見を、以下のとおり開催します。

皆さまのご参加をお願いいたします。

●日 時:1月26日(木)12時~13時30分
    (ワシントンD.C.時間で25日22:00~23:30)

●会 場:衆議院第2議員会館 第3会議室 (地下1階)

*11時30分から55分までの間に、衆議院第2議員会館入口で、手荷
 物検査を受けてから、入館証をお受け取りください。

●内 容:
 ・ 沖縄市民訪米団からの報告(ワシントンからスカイプ中継)
・ 国会議員等の発言
 ・ 辺野古違法アセス訴訟弁護団、原告団からの発言
 ・ 共同声明の発表
 ・ 質疑応答、その他

●共 催:
 JUCON (沖縄のための日米市民ネットワーク)、
 辺野古への基地建設を許さない実行委員会、沖縄・生物多様性市民
 ネットワーク、日本環境法律家連盟(JELF)、ジュゴン弁護団、沖縄意
 見広告運動、許すな!憲法改悪・市民連絡会、憲法を生かす会、日本
 自然保護協会、グリーンピース・ジャパン、WWFジャパン


●なお、この集会は、以下のサイトからUSTREAMでライブ中継を行い
 ます。
   bit.ly/dJmW7W (IWJ:Web Iwakami CH4)
 ぜひ、ご覧ください。

■お問合せ:花輪伸一(JUCON/沖縄・生物多様性市民ネットワーク)
hanawashinichi2@mbn.nifty.com 090-2452-8555

__ここまで__
[PR]
by juconetwork | 2012-01-20 19:58 | お知らせ

1/23~1/26@ワシントンDC アメリカへ米軍基地に苦しむ沖縄の声を届ける会

VOICE of OKINAWA

明日(1/21)に、那覇空港を出発される、「アメリカヘ米軍基地に苦しむ沖縄の声を届ける会」訪米団 の皆さんが、ワシントンDCで参加されるイベントについて、ワシントンDCの日本メディアにご案内しました。

取材のご依頼の連絡ですが、このブログにも、転載しますね。
どうか、アメリカで頑張ってくる皆さんを応援して下さい!!


1.訪米行動の目的
 
 米国連邦議会の米国財政赤字削減計画における10年間1兆ドル国防費削減計画の課題に沖縄米軍基地群(34施設)の閉鎖・再編を加えさせ、67年前の沖縄戦で沖縄住民の集落・田畑・墓地を接収して建設し、今なお、住宅密集地で日米両国の安全基準を無視して運用されている世界一危険な米海兵隊普天間飛行場への新たなオスプレイ配備に反対して閉鎖・返還を求めるとともに、名護市辺野古へのジュゴンの棲む美しい珊瑚の海を埋め立てる新たな米海兵隊航空基地建設計画を撤回させることを目的とする。
 併せて、2万2千人の原告団で飛行差止め訴訟が行われている嘉手納空軍基地の大幅な騒音負担軽減を求め、同基地への新たな海兵航空部隊統合案に反対する。
 さらに、世界自然遺産にも匹敵する”山原(ヤンバル)”の沖縄北部自然林での新たな6箇所ものヘリパット建設計画による自然破壊、高江地区住民の生活破壊を訴えて建設中止を求める。
 最後に、毎週のように起こる米軍関係者による危険運転による死亡事故、住宅侵入、タクシー強盗、性暴力、等について、2011年1月に被害者となった故与儀功貴君の遺族関係者が同行して、公正な裁判を阻害し米兵の犯罪を助長する地位協定の改訂を求める。
 
2.主な要請先
 政府機関・・・国務省、国防総省
 連邦議会:ダニエル・イノウエ上院議員、バーニー・フランク下院議員、ジム・マクダーモット下院議員、ボルダーロ下院議員、スーザン・デイビス下院議員、トーマス・ペトリ下院議員、他 多数
 シンクタンク等:戦略国際問題研究所・Institute for Policy Studies、New American Foundation、他 多数

3.ワシントン行動・・・2012年1月23日(月)~26日(木)


■Event 1:カフェ「バス・ボーイズ・アンド・ポエト」における講演会
WHO:
 Partial delegation
  Ms. Keiko Itokazu, Member of Japanese National Diet
  Mr. Osamu Makishi, Citizens’ Network for Okinawan Biodiversity
  Mr. Toshio Ikemiyagi, Leading attorney of the lawsuit for the Kadena Air Base’s noise pollution
  Mr. John feffer, Institute for Policy Studies
  Prefectural legislators, peace and environmental activists, and students from Okinawa, Japan
WHAT:
 Panel discussion on environmental and civic rights impacts of US military bases in Okinawa
WHEN: 2012年1月23日(月)6:30 pm~ 8:30 pm (ワシントン現地時間)
WHERE: Langston Room, Busboys and Poets, 14th & V NW, Washington D.C.
WHY:  
 U.S. military bases in Okinawa have been the source of dramatic controversy in Japan and the US for decades. Many in Okinawa have criticized US bases for the dangers they pose, including military accidents, environmental and health damage, and crimes committed by US military personnel--most infamously, the 1995 rape of a 12-year-old girl.
PHOTO: Japanese members of parliament, prefectural assembly members, activists


■Event 2: ワシントン占拠活動(Occupy DC)との対話・意見交換会

WHO: Partial delegation
WHAT: Occupy DC Tour, Information Exchange, Teach-In
WHEN: 2012年1月25日(水)3:30 pm - 5:30 pm (ワシントン現地時間)
  (time tentative, contact Benjamin King at 202-286-8856 on the day of the event for details)
WHERE: McPherson Square
WHY:
 In Okinawa, protesters have been conducting vigils and sit-ins at proposed base relocation sites for over 7 years. Occupy Wall Street and Occupy DC have pursued similar tactics. Members of the delegation will present background information about their struggle to close U.S. military bases. This is an opportunity for dialogue and information exchange between the Okinawan delegation and Occupy protesters. Great photo opportunities.
PHOTO: delegation members, Japanese activists, Occupy DC and Occupy Washington DC protesters


■Event 3: 記者会見
WHO: Full delegation
  Mr. Tokushin Yamauchi, Member of Japanese Parliament
  Ms. Ms. Keiko Itokazu, Member of Japanese Parliament
  Lawyers, prefectural legislators, peace and environmental activists, and students from Okinawa, Japan
WHAT: Press Conference
WHEN: 2012年1月26日(木)5:30 pm (ワシントン現地時間)
WHERE: National Press Club (room # 1093) 529 14th Street N.W. D.C.,20045
WHY:  Members of the delegation will issue a statement to the press re: their visit to DC.
PHOTO: Japanese members of parliament, prefectural assembly members, activists


◆訪 米 団 参議院議員および沖縄県議、市町村議員、市民団体代表など24名
  団  長 山内徳信(参議院議員)
  副 団 長 糸数慶子(参議院議員)、高里鈴代(団体代表)、安次富浩(団体代表)
  団事務長 玉那覇哲(沖縄県高教組委員長)
  沖縄県議 比嘉京子、照屋大河、山内末子 (3人)
  市議町議 桃原功(宜野湾市)、東恩納琢磨(名護市)、照屋正治(北谷町)、
       平良識子(那覇市)、桑江直哉(沖縄市) (5人)
  弁 護 士 池宮城紀夫(嘉手納基地爆音訴訟弁護団長)
  参加団体 沖縄平和市民連絡会、ヘリ基地反対協議会、嘉手納爆音訴訟団、普天間爆音訴訟団、高江ヘリパットいらない住民の会、基地軍隊を許さない行動する女たちの会、沖縄・生物多様性市民ネットワーク、与儀功貴君の遺族を支える会、合意していないプロジェクト、沖縄県高教組、宜野湾市職労
[PR]
by juconetwork | 2012-01-20 19:48 | お知らせ

辺野古アセス評価書 リンクと審査会の案内

普天間代替施設の評価書が沖縄防衛局のサイトにアップされました。

普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価書
http://www.mod.go.jp/rdb/okinawa/kakubu/03tyoutatubu/hyoukasyo/hyoukasyo.html
普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価書(要約書)
http://www.mod.go.jp/rdb/okinawa/kakubu/03tyoutatubu/hyoukayouyaku/hyoukayouyaku.html

----------------------------------------------------------------------------------
平成23年度第10回沖縄県環境影響評価審査会

○日時:平成24年1月19日(木) 13時30分~16時30分
○場所:エリスリーナ西原ヒルズガーデン(℡ 098-946-5555)
      (西原町字津花波431)

○諮問:普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価書の審査について
○議題:普天間飛行場代替施設建設事業(飛行場事業)に係る環境影響評価書に
ついて

※ 今回の審査会の傍聴席数は100席程度を予定しております。

問い合わせ先:沖縄県環境生活部環境政策課 TEL 098-866-2183
------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by juconetwork | 2012-01-19 11:56 | お知らせ
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite