「ほっ」と。キャンペーン
サンゴ写真の撮影者:牧志治
ヒトデ写真の撮影者:日本自然保護協会 ブログトップ

<   2013年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

3/23(土)13:30~@名古屋 辺野古アセス・評価書学習会をします!

辺野古の埋立をめぐる状況が緊迫しています。

そこで、名古屋では、環境アセスメント手続など改めて学習して、辺野古のジュゴンを、大浦湾のサンゴを守るために、市民はどんな戦い方ができるか、学びます。

講師は、財団法人 日本自然保護協会(Nacs-J)の安部真理子さん。
沖縄や東京では大活躍ですが、名古屋でご講演頂くのは初めてです!
ぜひ、この機会を逃されませんよう☆ 

皆さん来て下さいね。

【転送・転載大歓迎】
********************************************************
    サンゴの専門家、辺野古の海を語る
     ~アセスメント評価書をめぐって~
********************************************************

天然記念物のジュゴンが住み、世界規模の大きさのサンゴ群落
がある宝の海、辺野古・大浦湾。

政府はこのすばらしい海を埋め立てて米軍基地を建設するため、
環境アセスメントといわれる行政手続きを強行しました。

「環境・人権・平和」のそれぞれを守るために力を尽してきた人々
は、長年この不当なアセスメント手続きを監視・追究していました
が、昨年、ついに「評価書」が提出されてしまいました。

人類の財産であるこの海を守り、日米両政府に基地建設の断念を
求めるため、私たちが具体的にどのような形で政府・沖縄県知事、
人々に働きかければいいのかをともに考えるため、改めて、辺野古
の海の魅力、このアセス手続き・評価書の問題点を安部真理子さん
に語っていただきます。

ぜひご参加ください☆

◆ 日時: 3月23日(土)13:30~
◆ 会場: 名古屋市女性会館 第3研修室
http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/19-5-4-2-10-0-0-0-0-0.html
(地下鉄名城線「東別院」下車 1番出口から東徒歩3分)

◆ 参加費:800円

◆ 講師:安部真理子さん(日本自然保護協会 保護プロジェクト部)

大学、大学院にて生物学と生化学を専攻し、WWFジャパンに8年間
勤務。オーストラリアのジェームズクック大学院修士課程留学、琉球
大学博士課程にて博士号(理学)取得。1997年に日本国内でのリ
ーフチェック立ち上げに関わった一人であり、以来コーディネーターを
つとめている。沖縄リーフチェック研究会会長、日本サンゴ礁学会評
議員、沖縄県サンゴ礁保全推進協議会理事。
現職、日本自然保護協会では2010年4月より沖縄の問題や日本の
沿岸の問題を担当している。
===========================================================
主催: あいち沖縄会議(連絡先052-731-7517)
 ●不戦へのネットワーク ●命どぅ宝あいち 
 ●名古屋YWCA   ●東海民衆センター 
 ●日本聖公会中部教区沖縄プロジェクト
 ●JUCON(基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク)

____
[PR]
by juconetwork | 2013-02-28 12:32
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line