美ら海・沖縄に基地はいらない!

jucon.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

辺野古:公有水面埋立承認申請書に係る利害関係人の意見書、JUCONも提出しました。

7月18日〆切(消印有効)の辺野古の公有水面埋立申請に係る利害関係人の意見書。
JUCON(Japan US Citizens' for OKINAWA Network) も、今日、下記の意見書を提出しました。
_____________________

<利害関係の内容>

Japan US Citizens’ for Okinawa Network(JUCON) は、沖縄の美しい自然や人びとの生活を破壊する米軍基地問題に取り組む、日米市民・日米のNGOによるネットワークです。
2010年には、米紙ワシントンポストにおいて、辺野古が埋め立てられ、新基地が建設されることに関する意見広告を出し、その後もアメリカ国内のNGOとの協力の下、継続してアメリカ世論に働きかけています。アメリカン大学学生による米軍基地問題を考えるための東京や沖縄を見学したツアーのサポート、沖縄市民がワシントンDCで在沖米軍基地問題に関するロビー活動を行った際の協力なども行ってきました。
また、日本の国会内においては、沖縄の自然が米軍基地によって破壊されようとしていることについて警鐘をならすための院内集会など、継続して行っています。
従って、私達のネットワークの活動の趣旨の点から、本件埋立事業に重大な利害関係を有しています。

<意見>

以下の理由で、辺野古を埋め立てるべきではありません。

1)辺野古には絶滅危惧種であるジュゴンのえさ場である海藻藻場が広がっており、貴重な地域です。また、大浦湾では世界最大規模のアオサンゴ群落が発見され、現在も引き続き、この海域で多くの新種の貝類や甲殻類が発見されているなど、生物多様性のホットスポットです。今後もこの海域の環境調査・生き物調査が続けば、その自然科学的価値がより一層深まっていくことが明らかな場所です。このような貴重な場所が埋め立てによって失われることは、地球環境にとっても、将来世代にとっても大きな損失です。

2)実験段階から事故が多発し、危険性が指摘されているオスプレイの配備についても、方法書や準備書には記載されておらず、評価書段階で初めて記載されています。計画が変更されたのであれば、環境アセスメントの手続きそのものをやり直すべきです。

3)アメリカ国内では、2003年に米国の環境保護団体や沖縄・日本の個人、環境団体を中心に、絶滅危惧種であると同時に文化財として琉球文化における文化的価値をも有する沖縄のジュゴンを保護するべきという趣旨の裁判が提訴され、その後、アメリカ連邦裁判所では米国国防総省は沖縄に棲むジュゴンへの配慮をしなくてはならないという判決が出されています。ジュゴン裁判は現在もまだ継続中であり、米国裁判所が出した米国国防総省はジュゴンに配慮しなくてはならないという判決は、米国の環境団体を中心に世界的にも広く知られ、注目されています。

4)2010年には、アメリカ市民、日本市民を中心にワシントンポスト紙・紙面に意見広告が出され、辺野古が埋め立てられ、新基地が建設されることを「人々の健康や安全を阻害し、多くの希少種を含む独特な生態系を脅かす」と述べ、沖縄の人々が反対する新基地建設に対し、「民主主義を尊重しよう、オバマ政権に沖縄の基地が必要ではないと伝えよう」と呼びかけられています。

5)この意見広告は、日本ではTBSのニュース報道を初め、朝日新聞、毎日新聞、琉球新報、沖縄タイムスなどに掲載されたのみならず、米国のニュースチャンネルCNNや、アルジャジーラ、ロシアなど様々な場所で報道され、沖縄市民が反対の声を上げているにもかかわらず米軍の新基地建設が強行されようとしていることに関して、国際的にも関心が高いことが証明されました。

6)アメリカ市民の提案による意見広告は、その後も、インターネット広告などで繰り返し出され、継続的に、米国市民からも辺野古・大浦湾の埋め立てを行うべきではないという意見が多く表明されています。

7)米国では、デニス・J・クシニッチ連邦下院議員が、2010年4月25日の沖縄県民大会に声明をよせ、海兵隊がその部隊を名護市へと移そうとするにあたって、その議論には地元住民の視点がまったく存在していないとの懸念を示すなど、米国連邦議会議員からも辺野古沖に新基地が建設されることに批判的な声も上がっています。このことは、2012年1月に沖縄県民がワシントンDCでロビー活動を行った際にも、高く関心を集めたことからも明らかです。

8)上記のように、辺野古の貴重な海を埋め立てることに関しては、日本や沖縄の市民だけでなく、米国市民からも反対意見が多く示されていることは、辺野古・大浦湾の価値が評価され、また、沖縄戦の歴史を経た現在、なお新しい基地を作ることが沖縄の人々への重大な人権侵害であると考えられていることの証でもあります。

9)したがって、沖縄県は辺野古・大浦湾の埋め立てを認めるべきではなく、世界的に貴重な自然を後世に残し、基地による人権侵害をおこさないためにこそ努力すべきだと考えます。

________
[PR]
by juconetwork | 2013-07-16 11:32 | お知らせ

辺野古:公有水面埋立承認申請書に係る利害関係人の意見書 JUCONmo

7月18日〆切(消印有効)の辺野古の公有水面埋立申請に係る利害関係人の意見書。
JUCON(Japan US Citizens' for OKINAWA Network) も、今日、下記の意見書を提出しました。
_____________________

<利害関係の内容>

Japan US Citizens’ for Okinawa Network(JUCON) は、沖縄の美しい自然や人びとの生活を破壊する米軍基地問題に取り組む、日米市民・日米のNGOによるネットワークです。
2010年には、米紙ワシントンポストにおいて、辺野古が埋め立てられ、新基地が建設されることに関する意見広告を出し、その後もアメリカ国内のNGOとの協力の下、継続してアメリカ世論に働きかけています。アメリカン大学学生による米軍基地問題を考えるための東京や沖縄を見学したツアーのサポート、沖縄市民がワシントンDCで在沖米軍基地問題に関するロビー活動を行った際の協力なども行ってきました。
また、日本の国会内においては、沖縄の自然が米軍基地によって破壊されようとしていることについて警鐘をならすための院内集会など、継続して行っています。
従って、私達のネットワークの活動の趣旨の点から、本件埋立事業に重大な利害関係を有しています。

<意見>

以下の理由で、辺野古を埋め立てるべきではありません。

1)辺野古には絶滅危惧種であるジュゴンのえさ場である海藻藻場が広がっており、貴重な地域です。また、大浦湾では世界最大規模のアオサンゴ群落が発見され、現在も引き続き、この海域で多くの新種の貝類や甲殻類が発見されているなど、生物多様性のホットスポットです。今後もこの海域の環境調査・生き物調査が続けば、その自然科学的価値がより一層深まっていくことが明らかな場所です。このような貴重な場所が埋め立てによって失われることは、地球環境にとっても、将来世代にとっても大きな損失です。

2)実験段階から事故が多発し、危険性が指摘されているオスプレイの配備についても、方法書や準備書には記載されておらず、評価書段階で初めて記載されています。計画が変更されたのであれば、環境アセスメントの手続きそのものをやり直すべきです。

3)アメリカ国内では、2003年に米国の環境保護団体や沖縄・日本の個人、環境団体を中心に、絶滅危惧種であると同時に文化財として琉球文化における文化的価値をも有する沖縄のジュゴンを保護するべきという趣旨の裁判が提訴され、その後、アメリカ連邦裁判所では米国国防総省は沖縄に棲むジュゴンへの配慮をしなくてはならないという判決が出されています。ジュゴン裁判は現在もまだ継続中であり、米国裁判所が出した米国国防総省はジュゴンに配慮しなくてはならないという判決は、米国の環境団体を中心に世界的にも広く知られ、注目されています。

4)2010年には、アメリカ市民、日本市民を中心にワシントンポスト紙・紙面に意見広告が出され、辺野古が埋め立てられ、新基地が建設されることを「人々の健康や安全を阻害し、多くの希少種を含む独特な生態系を脅かす」と述べ、沖縄の人々が反対する新基地建設に対し、「民主主義を尊重しよう、オバマ政権に沖縄の基地が必要ではないと伝えよう」と呼びかけられています。

5)この意見広告は、日本ではTBSのニュース報道を初め、朝日新聞、毎日新聞、琉球新報、沖縄タイムスなどに掲載されたのみならず、米国のニュースチャンネルCNNや、アルジャジーラ、ロシアなど様々な場所で報道され、沖縄市民が反対の声を上げているにもかかわらず米軍の新基地建設が強行されようとしていることに関して、国際的にも関心が高いことが証明されました。

6)アメリカ市民の提案による意見広告は、その後も、インターネット広告などで繰り返し出され、継続的に、米国市民からも辺野古・大浦湾の埋め立てを行うべきではないという意見が多く表明されています。

7)米国では、デニス・J・クシニッチ連邦下院議員が、2010年4月25日の沖縄県民大会に声明をよせ、海兵隊がその部隊を名護市へと移そうとするにあたって、その議論には地元住民の視点がまったく存在していないとの懸念を示すなど、米国連邦議会議員からも辺野古沖に新基地が建設されることに批判的な声も上がっています。このことは、2012年1月に沖縄県民がワシントンDCでロビー活動を行った際にも、高く関心を集めたことからも明らかです。

8)上記のように、辺野古の貴重な海を埋め立てることに関しては、日本や沖縄の市民だけでなく、米国市民からも反対意見が多く示されていることは、辺野古・大浦湾の価値が評価され、また、沖縄戦の歴史を経た現在、なお新しい基地を作ることが沖縄の人々への重大な人権侵害であると考えられていることの証でもあります。

9)したがって、沖縄県は辺野古・大浦湾の埋め立てを認めるべきではなく、世界的に貴重な自然を後世に残し、基地による人権侵害をおこさないためにこそ努力すべきだと考えます。

________
[PR]
by juconetwork | 2013-07-16 11:31 | お知らせ

7/13,8/3 報道カメラマンが見た激動のOKINAWA42年

琉球新報創刊120年企画展

報道カメラマンが見た激動のOKINAWA42年

講演会


 日本新聞博物館では標記企画展の関連イベントとして講演会を開催いたしま
す。沖縄の現状を、基地問題と豊かな自然遺産保護の視点からお話しいただきます。
 聴講には事前のお申し込みが必要です。聴講を希望される方は下記宛先までお
申し込みください。講演会ごとのお申し込みが必要となります。両日の聴講を希
望される場合はそれぞれお申し込みください。また、聴講は無料ですが、当館の
入館料が必要となります。

■第1回 7月13日(土)
午後1時~2時15分
 「普天間飛行場の県内移設を強行しようとする日米両政府―オスプレイ配備の
背景―」
 琉球新報社東京報道部 松堂 秀樹 氏

午後2時30分~4時
 「琉球列島の生物多様性と世界自然遺産」
 元WWFジャパン自然保護室  花輪 伸一 氏

[会 場] 日本新聞博物館2階「ニュースパーク・シアター」
[定 員] 120人(申し込み先着順)〈要事前申し込み〉

※ 講演会終了後、午後4時より琉球新報社写真映像部・山城博明氏のサイン会を
開催いたします。

■第2回 8月3日(土)
午後3時~5時
 「命の二重基準と民主主義 ―沖縄基地問題の深層―」
 琉球新報社編集局次長兼報道本部長兼NIE推進室長、論説委員  松元 剛 氏

[会 場] 日本新聞博物館2階「ニュースパーク・シアター」
[定 員] 120人(申し込み先着順)〈要事前申し込み〉

お申し込み・お問い合わせ
■お申し込み
住所・氏名(ふりがな)・年齢(学年)・性別・電話番号・参加人数・希望する
講演日をご記入の上、「往復はがき」または「Eメール」でそれぞれの宛先にお
申し込みください。講演日により宛先が異なりますのでご注意ください。両日の
聴講を希望される場合はそれぞれお申し込みください。

[送付先]〒231-8311 横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター内 日本
新聞博物館

・第1回講演会をお申し込みの方は
  [往復はがきの場合] 「講演会7/13」係
  [Eメールの場合]  shizen0713@newspark.or.jp
・第2回講演会をお申し込みの方は
  [往復はがきの場合] 「講演会8/3」係
  [Eメールの場合]  hodo0803@newspark.or.jp

※往復はがきの場合は、返信部分に宛先をご記入ください。
※メールの場合、添付ファイルはお受けできません。
※いただいた個人情報は、講演会以外の目的には使用いたしません。
■お問い合わせ

日本新聞博物館 電話:045-661-2040(午前10時~午後5時) 
--
[PR]
by juconetwork | 2013-07-11 13:53 | お知らせ

辺野古:知事に埋立を不承認とするよう意見書を郵送して下さい!

今回が、制度の枠組みの中で意見を出せる最後のチャンス。
辺野古が大好きな人なら、誰でも利害関係人です!

一言でも、ハガキでもいいからぜひ書いてください!

<以下、転載転送可>ーーーーーーーーーーー

沖縄の海を軍事基地建設のために潰さないよう、最終的に、知事に埋立を不承認
とするようメッセージ(意見書)を郵送して下さい!

〆切は7月18日 (消印有効)が期限です。

これが制度の枠組みの中で、意見を出せる最後のチャンスです。

ハガキを手にとって下さい。用箋をご用意ください。
意見書のフォームも下のリンクでダウンロードできます。
また、このメール内容を転載、拡散して下さい。

意見書を出すことができる人は「利害関係人(りがいかんけいにん)」です。
ちょっと難しそうに聞こえますが、じつは誰でも意見を出すことは出来る のです。

経済的な「利害」のみを指しているのではありません。沖縄県の担当部署の海岸
防災課は利害関係者の範囲は限定しないと表明しています。

審査時に利害関係者の妥当性の検討はあるかもしれませんが、「利害関係者」が
事業者の都合のいいように、あるいは申請を判断する行政の都合の いい ように
決められていくことを防ぐことも重要です。

制度は私たちがつくっていくもの。

どうか勇気を持って、一枚、いや何枚でも、あらゆる立場から、あらゆる意見を
県知事に伝えていきましょう。

沖縄の海を守りたい人は・・誰でも!「利害関係人」として・・県知事に埋立に
対して「不承認」とするよう求める 意見書を出しましょう!!


意見書に書くことは
○ 利害関係の内容 
○ 意見
です。

例えば
○自然を愛する沖縄県民として…(利害関係人の説明)
 ジュゴンのいる海を守りたいからです!この海を埋めることなんて絶対ダメ。
「沖縄県知事は不承認とすべきである」と意見します。

○地元の人間として…(利害関係人の説明)
 景色を楽しみ、波の音を楽しみ気持ちのいい風を楽しんでいます。騒音と油の
匂いでこわしたくない! 埋立認めないでください。


○子どもの親として…(利害関係人の…以下同)
 よく遊びに行くうつくしい海だから埋め立てて欲しくないです。許可しないで
ください。子ども達に基地のために大切な環境を犠牲にして、とり もどせ な
い……後悔をしたくないです!

○基地の被害を被ってきた者として…
 沖縄は長い年月、基地に苦しめられてきました。これ以上、基地を増やさない
でください。このままでは100年しても沖縄の苦しみはおわりま せん。

○内地からあそびに来ていた者として…
 沖縄に来て、素晴らしい海に感動しました。この海を埋めるないで!この海
は、大切な未来への宝です。

○琉球諸島の自然が世界遺産になることを望んでいる人として…
 辺野古・大浦湾を埋め立てることは、世界遺産への障害となります。やめて!


詳細については、以下の沖縄BD関連のブログ他を参照して下さい。先 にリンク
を紹介します。

辺野古の海を守るための知事への意見書お手紙カキカキブログ(沖縄BD)
http://bit.ly/19Fp4nc

沖縄・生物多様性市民ネットのブログ より埋立関連記事(沖縄BD)
http://bit.ly/1aP1PH8

仲井真知事が埋立て申請に「不許可」を出せる環境を!(個人)
http://bit.ly/1aP1ILv
なかなか郵便出せない人はメールで内容のまとめを手伝い、提出を代行します。

沖縄BDと作成した拡散用チラシ&書式はこちらからPDFデータをダウンロードで
きます。
http://bit.ly/1aP1vYF

沖縄県の書式のダウンロードはこちらhttp://bit.ly/154ZXni

意見書の〆切は7月18日 消印有効です。


1 法人その他の団体にあってはその名称、代表者の氏名及び主たる事務所の所
在地を記入して下さい。

2 日本語で記入して下さい。

3 意見書は平成25年7月18日 までに下記のいずれ かへ持参するか郵送(当日消
印有効)で提出して下さい。

〒900-8570 那覇市泉崎1-2-2
  沖縄県 土木建築部海岸防災課(098-866-2410

〒900-8570 那覇市泉崎1-2-2
  沖縄 県農林水産部漁港漁場課(098-866-2305

〒905-0015 名護市大南1-13-11
 沖縄県北部土木事務所維持管理班(0980-53-1787

〒905-0015 名護市大南1-13-11
 沖 縄県農林水産部北部農林水産振興センター,
 農業水産整備課土地改良班(0980-52-3766
-----------------------------------------
[PR]
by juconetwork | 2013-07-11 13:52 | お知らせ
line

基地から沖縄の自然を守りたい日米市民のネットワーク


by juconetwork
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite